文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

何を切る?

何を切る?fromロン2 2018年5月

2018/05/09


このコーナーでは、オンライン麻雀「ロン2」の協力のもと、プロ雀士とロン2ユーザーの解答を、グラフを使って比較していきたいと思います。
多くのプロより、丁寧な解説をいただきましたので、みなさんの雀力アップの参考にしていただければと思います。

問題提供:「ロン2」  作成:杉浦勘介

ロン2道場ルール (一発、裏ドラ、カンドラあり、赤なし)
南3局東家

 

プロ

九筒切り・・・11人
三筒切り・・・10人
七万切り・・・7人
八万切り・・・6人

 

 

ロン2ユーザー

九筒切り・・・34.8%
八万切り・・・28.9%
七万切り・・・17.8%
三筒切り・・・14.1%
二筒切り・・・4.4%

 

 

プロ解答(50音順)

 

九筒切り

明石定家
四筒を引いてリーチ。六万引きで三色。九筒切りのリスクは七筒のみ。」

荒正義
七筒ツモはいらない。678の三色を視野に、高打点を目指す。打九筒の後、ツモ四筒なら即リーチ。カン四筒待ちならヤミテン。」

石川遼
「低打点の七筒の受け入れは興味がないので、678の三色をにらんで。」

上村慎太郎
一筒3枚切れ。四筒ツモにも対応可。678の三色を見つつタンヤオに向かえる。」

近藤久春
「最高形のタンピン三色を見ながら進めるが、ドラ引きは即リーチ。」

佐々木寿人
「678の三色や高打点を見て。カン四筒残りでもリーチ。」

沢崎誠
「タンヤオにする!!三色は軽く見ながら手なりが基本かと。四筒ツモは七万切りリーチ、五索八索ツモは七万切りヤミテンとする。」

柴田吉和
「トップ目につき、リーチしない前提で役有りを目指す。」

仁平宣明
「持ち点から安い手組はしたくない。三色を見ながら、最低親満くらいを目指す。」

浜上文吾
「タンヤオ、678狙い。役有りテンパイにしたいので九筒切り。ドラの四筒のみチーテンを取ります。」

和久津晶
一筒3枚切れでトップ目。リーチしたくないので。」

 

 

三筒切り

魚谷侑未
「テンパイしたらだいたいリーチを打つので(ピンフのみの時は状況次第でヤミテン)。」

紺野真太郎
一筒3枚切れなので、一通は見ずに手なりでリーチを狙う。三色はまだ狙えるし。」

猿川真寿
「678も残るし、一筒が3枚切れなので広く受ける。」

中山奈々美
「一発・裏有りのルールで親番なので、手広く構える。」

藤岡良一
「ここでトップ目なら、2着との点差は守りにいかない。ドラ四筒の受け入れも残せるし、リャンメン待ちテンパイにもなりそうなので、テンパイすればリーチ。」

藤島健二郎
「親番なので、まずはロスのない打牌。678の三色目は残るので。」

古橋崇志
「親番なので、まずはスピード優先。ツモ次第では678のタンピン三色を狙う。」

美波智子
「一通は厳しいと思うので。手広く構えます。」

森下剛任
「一通は見切り678狙い。3巡以内に三色に向かえる牌を引いたら、積極的に目指したい。」

安村浩司
「ダイレクト四筒ツモはリーチ。六万九万五筒八筒引きのタンヤオ・三色変化を残す。」

 

 

七万切り

和泉由希子
「素直に。」

伊藤優孝
「ピンズには手をかけたくないので、素直に受ける。一通変化も考える?678三色は厳しそう。」

菅原千瑛
五索八索四筒七筒残りならば好形リーチが打てる。一筒引きは八万切り(ピンフ一通変化を見て)。678の三色も見えるが、親番ということもあり、手役よりも先制の好形リーチに重きを置きたい。」

中村毅
「素直に1シャンテンに取り、四筒引きなら五索八索で即リーチ。一筒引きなら八万トイツ落としで一通等を見る。」

二階堂亜樹
「親で点数もあるので、素直にリャンメン2つの1シャンテンに受けます。先にドラを引いた時にタンヤオが残る三筒残し。4枚目の一筒引きで一通へ。」

西川淳
「チンイツへいきます(露骨に)。次は六索に手をかけますが、四筒をダイレクトに引いた時に渋々リーチ。」

HIRO柴田
「678三色より一通やタンヤオドラ1を見る。役無し四筒七筒のテンパイにもしない。」

 

 

八万切り

内田美乃里
「三色と一通の両天秤で。」

ケネス徳田
「本命678、対抗ピンズチンイツ、最低ピンフ。親とはいえ、人はシャンテン数に生きるに非ず。」

黒沢咲
「トップ目の親番なので、一番高い手を目指したい。678の三色か一通を狙う。」

林俊宏
「一通はよほどでないと狙わないです。本線は678の三色。八万は先に逃がしておきたいです。ピンズは後からでもリカバリーが効きそうなので。」

藤原隆弘
「目先のシャンテン数より好形、高打点を狙える手牌だから。678の三色かピンズの一通で決めたい!」

増田隆一
「素直に。」