第5回 初段解答

問題A

1. 南場 北家 ドラ

     ロン

A ・・ 3,900    B ・・ 5,200    C ・・ 6,400 

正解 B:5,200

解説 役は、一気通貫(2翻)、ドラ1(1翻)で、計3翻。
    符は、の対子で2符、メンゼンロン和了で10符。
    副底20符+2符+10符で、子の3翻40符=5,200点が正解。

2. 東場 南家 ドラ

     ツモ

     
A ・・ 1,000、2,000    B ・・ 1,300、2,600    C ・・ 2,000、4,000

正解 A:1,000、2,000

解説 役は、タンヤオ(1翻)、メンゼンツモ(1翻)、ドラ1(1翻)で、計3翻。
    符は、ツモ符で2符、単騎マチで2符。
    副底20符+2符+2符で、子の3翻30符=1,000点、2,000点が正解。

3. 東場 西家 ドラ      

    ポン 暗カン  ロン

                                               
  A ・・3,200     B ・・ 6,400    C ・・ 8,000

正解 C:8,000

解説 役は、対々和(2翻)、三暗刻(2翻)、自風牌(1翻)で、計5翻。
    符は、の暗カンツで16符、の明コーツで4符、
    の暗コーツで4符、の暗コーツで4符、単騎マチで2符。
    副底20符+16符+4符+4符+2符で、子の5翻50符=8,000点が正解。

4. 南場 東家 ドラ 

     ロン


 A ・・ 3,900  B ・・ 4,800  C ・・ 5,800

正解 C:5,800

解説 役は、三暗刻(2翻)で、計2翻。
    符は、の暗コーツで8符、の暗コーツで8符、
    の暗コーツで8符、カンチャン待ちで2符、メンゼンロン和了で10符。
    副底20符+8符+8符+8符+2符で、親の2翻60符=5,800点が正解。

問題B 

1. 東2局 西家 8巡目 ドラ 持ち点:30,000

    ツモ

A:  B:  C:
正解 A:

解説 ドラが2枚の好形イーシャンテン。
ここはシンプルに、手広さを生かせる打が正解。

2.
 南1局 北家 6巡目 ドラ 持ち点:28,000

    ツモ


A:  B:  C:
正解 A:

解説 点数を重ねたいところですが、落としの三色はやや強引過ぎ。
の形を生かした、平和のイーシャンテンに構えましょう。

ツモ にも対応出来ます。

3. 南3局 東家 9巡目 ドラ 持ち点:34,000

    ツモ

A:  B:  C:
正解 A:

解説 三色と役牌が見える手牌です。
もありですが、仕掛けにも対応出来る打
が正解。

4. 東3局 南家 7巡目 ドラ 持ち点:26,400

    ツモ


A:  B:  C:

正解 C:

解説 タンヤオを確定させる、打の完全イーシャンテンに構えましょう。
裏目のを持ってきても、456の三色へ移行出来ます。


5. 南1局 西家 10巡目 ドラ 持ち点:29,000

    ツモ

A:  B:  C:

正解 C:

解説 一盃口の可能性を残したいところですが、ドラも一盃口も同じ1翻。
それならば、ドラが確実に出て行かないイーシャンテンに構えましょう。




問題C 

1. 東2局 東家 7巡目 ドラ 持ち点:33,000

    ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 A:

解説 打は、が鳴けた時に良形が残らない為、若干劣ります。
をツモった時に待ちに受けられる打が有利です。

2. 南4局 北家 10巡目 ドラ 持ち点:20,000

    ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 A:

解説 敢えてテンパイを取らず、789や一気通貫を目指す打が、
オーラス逆転を期す最も優秀な一打と言えるでしょう。

3. 東1局 東家 11巡目 ドラ 持ち点:30,000 

     ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 A:

解説 高め安めのある一気通貫を狙うよりも、タンピンを確定させ、567、678どちらにも対応出来る
がベストな一打です。

4. 南1局 西家 6巡目 ドラ 持ち点:29,000

    ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 D:

解説 受け入れ枚数を減らさないの比較になります。
裏目のをタンヤオへの移行に活かせるが優れています。


5. 南1局 東家 7巡目 ドラ 持ち点:32,000

    ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 A: 

解説 手材料は揃っているので、ドラの受け入れ、混一色への渡りを考えた打がいいでしょう。




問題D


正解:

南3局 北家  二階堂亜樹プロ ドラ

配牌
ツモ ポンチー
捨て

 

解説
 
親番が無くなり、点棒状況が苦しい南3局。
大物手狙いの打が功を奏し、見事にチンイツを成就させた二階堂亜樹プロ会心の一局です。

           

問題E



正解:


東1局 南家  二階堂瑠美プロ ドラ

配牌
ツモ
捨て

 

解説  

手の内に留めておきたくなるですが、タンヤオ三色の最高形を追って、これをツモ切り。

その後、ツモ、打、ツモでテンパイ、
三色の手替わりを見ながらダマテンにし、対面から2,600の出和了りとなりました。
バランス感覚に優れた二階堂瑠美プロならではの一局です。


 

 
 
 

  

ページトップ