第13回 初段解答

問題A

1. 東場 南家 ドラ

   ツモ

A ・・ 500、1.000    B ・・ 700、1.300    C ・・  800、1.600

正解 B:700、1.300

解説 役は、メンゼンツモ(1翻)、ドラ1(1翻)で、計2翻。
    符は、の暗コーツで8符、の対子で2符、ツモ符で2符。
    副底20符+8符+2符+2符で、子の2翻40符=700点、1.300点が正解。

2. 東場 東家 ドラ 

   チー ポン ポン  ツモ

     
A ・・ 2.600オール    B ・・ 3.200オール    C ・・ 3.900オール

正解 B:3.200オール

解説 役は、三元牌(1翻)混一色(2翻)で、計3翻。
    符は、の明コーツで4符、の明コーツで4符、の暗コーツで8符、
    の対子で4符(連風牌)、ツモ符で2符。
    副底20符+4符+4符+8符+4符+2符で、親の3翻50符=3.200点オールが正解。

3. 東場 西家 ドラ      

    チー ロン

                       
A ・・8.000     B ・・ 12.000    C ・・ 16.000

正解 B:12.000

解説 役は、清一色(5翻)、三暗刻(2翻)で、計7翻。
    符は、の暗コーツで4符、の暗コーツで4符、の暗コーツで4符、単騎待ちで2符。
   
    副底20符+4符+4符+4符+2符で、子の7翻40符=12.000点が正解。

4. 東場 北家 ドラ 

    ツモ


A ・・ 2.000、4.000  B ・・ 3.000、6.000 C ・・ 4.000、8.000

正解 C:4.000、8.000

解説 役は、メンゼンツモ(1翻)、メンゼン混一色(3翻)、混老頭(2翻)、七対子(2翻)で、計8翻。
    七対子は特殊役なので、符は25符
    子の8翻25符=4.000点、8.000点が正解。

問題B 

1. 東1局 東家 9巡目 ドラ 持ち点:30.000

    ツモ

A:  B:  C:

正解 A:

解説 ツモでソウズが厚い形になったので、ここは打とピンズのリャンメンを固定し、テンパイチャンスを広げましょう。


2. 東2局 北家 8巡目 ドラ 持ち点:28.000

    ツモ


A:  B:  C:

正解 C:

解説 ドラがトイツの勝負手、ここは冷静に打とピンズのリャンメンを固定し、マンズの好形変化に対応できるようにしましょう。

 3. 東4局 南家 6巡目 ドラ 持ち点:30.000

    ツモ

A:  B:  C:

正解 B:

解説 テンパイ取りの打は味がありません。ここはにくっつけてのピンフイーペーコーもしくはピンズの一気通貫を目指して打としましょう。

 4. 南1局 東家 7巡目 ドラ 持ち点:31.000

    ツモ


A:  B:  C:

正解 B:

解説 親番のこの場面、無理に一気通貫を狙わずに、--369の二度受けを嫌いつつ、ドラツモの雀頭変化に対応できる打が賢明な一打です。

5. 南3局 西家 5巡目 ドラ 持ち点:27.000

   ポン  ツモ

A:  B:  C:

正解 A:

解説 ソウズのホンイツへの渡りを見ながら、ドラ周辺のツモに対応できる打が柔軟な一打です。




問題C 

1. 東1局 東家 6巡目 ドラ 持ち点:30.000

    ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 D:

解説 開局の親なので、ここは一気通貫の目を残しつつ、ピンフへ向けてロスのない打が基本手筋です。


2. 東3局 西家 9巡目 ドラ 持ち点:32.000

    ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 A:

解説 裏目の-を引いてもイーペーコーが完成する打が優秀な一打です。

3. 東4局 南家 7巡目 ドラ 持ち点:26.000 

  
 ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 D:


解説 カンをツモったときにマンズの一気通貫のテンパイが取れ、またをツモったときに234三色に向かえる打が秀逸な一打です。

4. 南2局 北家 8巡目 ドラ 持ち点:29.000

    ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 C: 

解説 現状カンのテンパイですが、ここは一度テンパイを崩して好形でリーチを打てるように構える打が磐石の一打と言えるでしょう。


5. 南4局 南家 10巡目 ドラ 持ち点:31.000(トップ目と7.000点差)

    ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 B: 

解説 オーラスのこの場面、逆転に向けタンヤオ三色を目指す打が状況に応じた一打です。




問題D


正解:

東1局1本場、3巡目。 灘 麻太郎プロ ドラ

配牌
ツモ    ロン
捨て

 

解説
 
3巡目にWを重ねた灘プロは、ここで打とソウズの横の伸びに期待しました。
結果、すぐにドラのを引き入れ、Wをポンし、南家のリーチをかわして見事和了り切りました。


問題E



正解:


南2局、1巡目。 小島 武夫プロ ドラ

配牌
ツモ
捨て

 

 

解説  

二着目で迎えた南2局の南家、マンズの一気通貫やチャンタが見える配牌で、小島プロは打としました。
結果、ドラを重ねてのチャンタ手でリーチ、終盤にラス牌のを引き寄せ、見事な跳満の和了りとなりました。

 

 
 
 

  

ページトップ