第18回 初段解答

問題A

1. 東場 南家 ドラ

   チー  ロン

A ・・ 2.000    B ・・  3.900    C ・・  5.200

正解 B:3.900

解説 役はタンヤオ(1翻)、三色(1翻)、ドラ(1翻)で計3翻。
    符は、の暗コーツで4符、カンチャン待ちで2符。
    副底20符+4符+2符で、子の3翻30符=3.900点が正解。
    

2. 東場 南家 ドラ 

   ロン

     
A ・・ 3.900    B ・・ 5.200    C ・・ 6.400

正解 C:6.400

解説 役は混全帯(2翻)、一盃口(1翻)の3翻。
    符は、の暗コーツで8符、の対子で2符、ペンチャン待ちで2符、メンゼンロンで10符。
    副底20符+8符+2符+2符+10符で、子の3翻50符=6.400点が正解。
    

3. 南場 西家 ドラ      

    暗カン リンシャンツモ

                       
A ・・ 1.000、2.000     B ・・  1.300、2.600    C ・・ 1.600、3.200

正解 A:1.000、2.000

解説 役は、リンシャンカイホー(1翻)、メンゼンツモ(1翻)で、計2翻。
    符は、の暗カンツで32符、の暗コーツで8符
    副底20符+32符+8符で、親の2翻60符=1.000点、2.000点が正解。
    リンシャンカイホーにはツモ符がつかないので気をつけましょう。

4. 南場 西家 ドラ 

    ポン 大明カン リンシャンツモ


A ・・ 1.300、2.600   B ・・ 5.200   C ・・ 6.400

正解 B:5.200

解説 役は、三元牌(1翻)、リンシャンカイホー(1翻)、ドラ(1翻)で、計3翻。
    符は、の明カンツで16符、の明コーツで4符。
    副底20符+16符+4符で、子の3翻40符=5.200点が正解。
    連盟ルールでは大明カンは責任払いとなります


問題B
 

1. 東1局 東家 5巡目 ドラ 持ち点:30.000

    ツモ

A:  B:  C:

正解 A:

解説 開局の親番です。234や345の三色がみえますが、
    ドラ受けを残しつつ一番手広い切りが正解となります。





2. 東1局 東家 9巡目 ドラ 持ち点:30.000

    ツモ


A:  B:  C:

正解 B:

解説 先ほどと同じく開局の親番です。
    234の三色にこだわらず、手広くテンパイチャンスが一番広い切りが正解となります。

3. 東3局 南家 7巡目 ドラ 持ち点:32.000

    ツモ

A:  B:  C:

正解 A:

解説 ドラが2枚あるので三色目は345に絞りましょう。
    受け入れが一番広い切りが正解となります。

4. 南1局 西家 8巡目 ドラ 持ち点:28.000

    ツモ

A:  B:  C:

正解 C:

解説 雀頭を固定する切りが正解です。
    はテンパイとらずとし、狙いの678の三色で仕上げましょう。
    またドラを引いたら雀頭をスライドさせましょう。



5. 南3局 北家 5巡目 ドラ 持ち点:22.000

    ツモ

A:  B:   C:

正解 C:

解説 親も落ちてしまい点数がほしい状況です。
    ここはホンイツや三暗刻が狙える切りが正解です。







問題C 

1. 東1局 東家 6巡目 ドラ 持ち点:30.000

    ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 B:

解説 ホンイツやチャンタ、三暗刻の全てが狙える切りが正解となります。




2. 東3局 南家 4巡目 ドラ 持ち点:30.000

    ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 C:

解説 ドラがという事もあり、チャンタよりもホンイツや一通を意識した切りが正解です。
    またと三枚引けば九連宝燈も狙えますよ。
    

3. 東4局 東家 9巡目 ドラ 持ち点:36.000 

  
 ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 B:


解説 リャンペーコー狙いの切りが正解です。


4. 南2局 東家 10巡目 ドラ 持ち点:38.000

    ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 C:

解説 七対子のイーシャンテンですが、親ということもあり、
    ポンテン、チーテンがとれ、ドラを使い切る切りが正解です。





5. 南4局 西家 7巡目 ドラ 持ち点:20.000

    ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 A:

解説 ドラがなのでマンズの一通よりも、
    234、345のタンピン三色など、高打点を狙える切りが正解です。






問題D


正解 C:

東4局、5巡目。 二階堂亜樹プロ ドラ

配牌
ツモ ツモ
捨て

 

解説
 
   七対子と四暗刻をみて、打が正解。
   この後、二階堂亜樹プロは当面のライバルである黒沢咲プロからリーチが入るも、
   それを受けながら、と引き入れ、16巡目にを卓上で舞い踊らせ、
   四暗刻をアガリ優勝を決める一打となった。。    






問題E



正解 B:


南3局1本場、11巡目。 前原雄大プロ ドラ

配牌
ツモ ツモ
捨て

 



解説 ソウズの色に染めている人もいるのでピンズを厚く構える打が正解。
    この後、前原プロはツモ→打、ツモ→暗カン、嶺上開花で
    を力強く手元に手繰り寄せ2.000、4.000をアガリました。




 

 
 
 

  

ページトップ