第19回 初段解答

問題A

1. 東場 南家 ドラ

   リーチ ロン

A ・・ 2.000    B ・・  2.600    C ・・  3.200

正解 C:3.200

解説 役はリーチ(1翻)、三元牌(1翻)で計2翻。
    符は、の暗コーツで8符、の対子で2符、カンチャン待ちで2符、メンゼンロンで10符。
    副底20符+8符+2符+2符+10符で、子の2翻50符=3.200点が正解。
    一見リャンメン待ちに見えますが、カンチャン待ちに取るので気をつけましょう。

    

2. 東場 南家 ドラ 

   ロン

     
A ・・ 1.300    B ・・ 2.600    C ・・ 3.900

正解 C:3.900

解説 役はタンヤオ(1翻)、平和(1翻)、一盃口(1翻)の計3翻。
    符は、メンゼンロンで10符。
    副底20符+10符で、子の3翻30符=3.900点が正解。
    平和と一盃口を見落とさないように。

    

3. 東場 西家 ドラ      

    暗カン リーチ ツモ

                       
A ・・ 1.000、2.000     B ・・  1.300、2.600    C ・・ 1.600、3.200

正解 C:1.600、3.200

解説 役は、リーチ(1翻)、メンゼンツモ(1翻)、ドラ1(1翻)で、計3翻。
    符は、の暗カンツで16符、の暗コーツで4符、ツモ符で2符
    副底20符+16符+4符+2符で、子の3翻50符=1.600点、3.200点が正解。
    ツモの2符は忘れがちなので注意が必要です。

4. 南場 東家 ドラ 

    チー 暗カン ツモ


A ・・ 2.300オール   B ・・ 3.200オール   C ・・ 4.000オール

正解 C:4.000オール

解説 役は、三元牌(1翻)、三暗刻(2翻)、ドラ(1翻)で、計4翻。
    符は、の暗カンツで32符、の暗コーツで4符、の暗コーツで4符、ツモ符で2符。
    副底20符+32符+4符+4符+2符で、親の4翻70符=4.000点オールが正解。
    三暗刻の見落としに気をつけましょう。


問題B
 

1. 東1局 東家 5巡目 ドラ 持ち点:30.000

    ツモ

A:  B:  C:

正解 C:

解説 雀頭のどちらかを落としていくのですが、ソウズの一通を見てを一枚切っておきます。
を引いたらをはずしていきましょう。






2. 東1局 南家 9巡目 ドラ 持ち点:30.000

    ツモ


A:  B:  C:

正解 A:

解説 345か456の三色を狙い、どちらの入り目にも対応できる切りが正解です。
開局ですから大きく狙いましょう。

3. 東1局 西家 3巡目 ドラ 持ち点:18.000

    ツモ

A:  B:  C:

正解 C:

解説 現状テンパイしている手ですが、まだ3巡目。
大きくマイナスしていることもあり、をポンしてのジュンチャン、三色同刻や一撃必殺の清老頭をねらいましょう。
はずす際は、内側のから外すのが基本です。


4. 南4局 西家 9巡目 ドラ 持ち点:25.000(トップと7.000点差)

    ツモ

A:  B:  C:

正解 B:

解説 オーラスですので、逆転手を作りたいですね。
マンズの一通と789の三色を狙いましょう。
ここはテンパイをはずす、切りが正解です。




5. 南4局 北家 5巡目 ドラ 持ち点:42.000(アガリトップ)

    ツモ

A:  B:   C:

正解 C:

解説 アガればトップの状況なので打点はいりません。
ツモとツモで、ピンフのテンパイができる切りが正解です。







問題C 

1. 東1局 東家 6巡目 ドラ 持ち点:30.000

    ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 D:

解説 2シャンテン戻しになりますが、残る形が全て好形になり、

ドラの重なりはもとより、345、456の三色が狙える切りが正解です。



2. 東3局 南家 7巡目 ドラ 持ち点:23.000

    ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 A:

解説 トイツをほぐすのですが、カンの受け入れを残す切りが正解です。
    

3. 南1局 西家 8巡目 ドラ 持ち点:18.000 

  
 ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 D:


解説 を切れば四暗刻の手変わりがあるのですが、をツモってもがフリテンとなり、ではツモアガリとなってしまい現実的ではありません。
ここは四暗刻を諦め、受け入れが一番多くドラ受けが残る切りが正解です。



4. 南2局 南家 6巡目 ドラ 持ち点:33.000

    ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 B:

解説 受け入れが一番広く、567、678の三色が狙える切りが正解です。





5. 南4局 西家 7巡目 ドラ 持ち点:26.000(トップと9.000点差)

    ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 D:

解説 オーラス満貫ツモでトップになります。
ここは受け入れよりも打点が欲しいので、345、456の三色が狙える切りが正解です。






問題D


正解 B:

南3局、親番、8巡目。 黒沢咲プロ ドラ

配牌
ツモ   
捨て

 

解説 三色を確定させる打が正解。
この後、を引き雀頭にしと引いて3.900オールをアガり、フレッシュレディースカップ決勝の切符を手に入れました。







問題E



正解 B:


東3局3本場、親番、7巡目。 藤崎智プロ ドラ

配牌
ツモ    
捨て

 



解説 現在60.000点を越え勢いがある親なので、最高形のタンピン三色を目指して打が正解。
この後と引きダマテンにしていたが、リーチを打っていた南家が暗カンし、

カンドラが一枚乗ったので追っかけリーチを打ち、を南家から打ち取り11.600点をアガりました。






 

 
 
 

  

ページトップ