問題A

1. 東場 西家 ドラ

  
 ロン

A ・・ 2600    B ・・  3200    C ・・  3900

正解 B:3200

解説 役は、が役牌の1ハン、ドラがの1ハンで合計2ハン。
    符は、副底の20符、メンゼンロンの10符、が暗刻の8符、雀頭のが2符、
    待ちがペンチャンの2符で合計42符。子の2ハン50符は3,200となります。








2. 東場 東家 ドラ 

  
 ロン
     
A ・・ 5800    B ・・ 7700   C ・・ 9600

正解 C:9600

解説 役は、イーペーコーの1ハン、ドラがの2ハンで合計3ハン。
    符は、副底の20符、メンゼンロンの10符、が暗刻の8符、が明刻の2符、
    雀頭の東が符で合計44符。親の3ハン50符は9,600となります。




    

3. 南場 北家 ドラ      

   
 ポン ポン ツモ
                       
A ・・ 1300、2600    B ・・  1600、3200    C ・・  2000、3900

正解  B:1600、3200 

解説 役は、トイトイの2ハン、が役牌の1ハンで合計3ハン。
    符は、副底の20符、が暗刻の8符、が暗刻の8符、が明刻の4符、
    が明刻の4符、待ちがタンキの2符、ツモの2符で合計48符
    子の3ハン50符は1,600・3,200となります。



4. 南場 北家 ドラ 

  
 明カン ロン

A ・・ 2600   B ・・ 3200   C ・・ 5200

正解 A:2600

解説 役は、チャンタの1ハン、が役牌の1ハンで合計2ハン。
    符は、副底の20符、が明カンの16符、雀頭のが2符で合計38符。
    子の2ハン40符は2,600となります。




問題B
 

1. 東2局 東家 7巡目 ドラ 持ち点:28.500

  
 ツモ

A:  B:  C:

正解 A: 

解説 ドラドラのチャンス手です。
678の三色が見えますが、親番ということもあり、一番手広く受ける打が正解となります。


           
     



2. 東3局 北家 8巡目 ドラ 持ち点:26.800

  
 ツモ

A:  B:  C:

正解 
B:

解説 234の三色を狙いたいところですが、タンピンドラ1の1シャンテンです。
 十分な打点が見込めるので、手広く打とするのが良いでしょう。

 



3. 南1局 西家 4巡目 ドラ 持ち点:24.300

  
 ツモ 

A:  B:  C:

正解 A:

解説 ドラ表示牌を抱えすぎたくはありませんが、まだ4巡目。最高形は逃したくはありません。 
ここはマンズを両面に決める、打の一手です。
を引いてピンフイーペーコードラドラに仕上げたいですね。

      





4. 南4局 北家 5巡目 ドラ 持ち点:38.600(アガリトップ)

  
 ツモ

A:
  B:  C:

正解 C:

解説 打の方が僅かに受け入れは広いのですが、できれば役ありのテンパイを組みたいところです。
 カンの受け入れを残す打が優秀な一打です。







5. 南4局 南家 6巡目 ドラ 持ち点:47.500(アガリトップ)

  
 ツモ

A:  B:   C:

正解 C:

解説 ドラのが暗刻になれば跳満まで見えますが、ここは打点よりスピードを優先しましょう。
どこからでも仕掛けができる打が正解です。

       





問題C 

 1. 東1局 東家 7巡目 ドラ 持ち点:30.000

  
 ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 D:

解説 開局の親番。できるだけ高い手を狙っていきたいですね。
 ドラを引いてのタンピン三色まで見てのトイツ落としが良手です。



     



2. 東3局 西家 10巡目 ドラ 持ち点:44.600

  
 ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 C:

解説 点数を持っているので強気に攻めたい局面です。
 一気通貫を狙い、ドラを使い切れる打が正解です。



 

3. 東4局 南家 3巡目 ドラ 持ち点:35.300 

  
 ツモ 

A:  B:  C:  D:

正解 B:

解説 現状-のテンパイですがまだ3巡目。
 ここはテンパイとらずの打として、タンヤオ・イーペーコー・四暗刻を狙いたいですね。




4. 南3局 西家 11巡目 ドラ  持ち点:22,100

  
 ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 A:

解説 手広くを打つ手もありますが、あまり面白みがありません。
 打として、345・456両方の三色目を残しておくと良いでしょう。







5. 南4局 北家 9巡目 ドラ 持ち点:24.800

  
  ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 A:

解説 打点重視の打では受け入れ枚数が少ないですし、
スピードを重視した打では、打点が極端に安くなってしまいます。
ドラ重なりや345の三色を見た打が、
打点とスピードのバランスの取れた一打と言えるでしょう。

 








問題D


正解 B:

東2局
、西家、
7巡目 荒正義プロ ドラ

配牌   
ツモ
捨て リーチ

 

解説 を切った荒プロは、2巡後にを引くとのトイツを落とし、を引き入れリーチを打つ。
そして、一発でをツモって跳満をアガった荒プロは、その後も終始リードを保ちながら、
見事ロン2カップ2012winterを制した。








問題E



正解 C:


南1局、東家、10巡目
。 ダンプ大橋プロ ドラ

配牌   
ツモ   
捨て

 



解説 
ジュンチャン、チャンタ三色を見据えながらを切ったダンプ大橋プロは、次巡4枚目のを引き打
その後、を引いてテンパイすると、ラス牌のをツモり点数は60,000点オーバー!
この若手の豪華メンバーの中で、A1の実力を遺憾なく発揮した。



ページトップ