問題A

1. 東場 東家 ドラ

  
 ロン

A ・・ 5800    B ・・  7700    C ・・  9600

正解 B:7700

解説 役は、チャンタの2ハン、が役牌の1ハンで合計3ハン。
符は、副底の20符、メンゼンロンの10符、が暗刻の8符、
待ちがペンチャンの2符で、合計40符親の3ハン40符は7,700となります。









 2. 東場 南家 ドラ 

  
 明カン ロン
     
A ・・ 2600    B ・・ 3200   C ・・ 3900

正解 A:2600

解説 役は、三色同順の1ハン、が役牌の1ハンで合計2ハン。
符は、副底の20符、が明カンの16符、待ちがカンチャンの2符で合計38符、
子の2ハン40符は2,600となります。





    

3. 南場 西家 ドラ      

   
 ポン  ポン 暗カ ツモ
                       
A ・・ 800、1600    B ・・  1000、2000    C ・・  1200、2300

正解  C:1200、2300 

解説 役は、トイトイの2ハン。
符は、副底の20符、が暗刻の4符、が明刻の4符、が明刻の2符、
が暗カンの32符、雀頭がの2符、待ちがタンキの2符、ツモの2符で合計68符、
子の2ハン70符は1,200・2,300となります。



4. 南場 北家 ドラ 

  
 ロン

A ・・ 1600   B ・・ 3200   C ・・ 6400

正解 C:6400

解説 役は、タンヤオの1ハン、三暗刻の2ハンで合計3ハン。
符は、副底の20符、メンゼンロンの10符、が暗刻の4符、が暗刻の4符、
が暗刻の4符、待ちがカンチャンの2符で合計44符子の3ハン50符は6,400となります。





問題B
 

1. 東1局 東家 5巡目 ドラ 持ち点:30.000

  
 ツモ

A:  B:  C:

正解 A: 

解説 一気通貫を狙っての落としもありますが、親番なので手広く構えましょう。
を切ってしまうとカンの受け入れが無くなってしまうので切りが正解です。



           
     



2. 東3局 西家 8巡目 ドラ 持ち点:16.200

  
 ツモ

A:  B:  C:

正解 
C:

解説 567、678の三色が見える好手牌です。    
最高形を見据えて一番手広い切りが正解となります。


 



3. 南1局 東家 3巡目 ドラ 持ち点:47.200

  
 ツモ   

A:  B:  C:

正解 A:

解説 点数を持っている親番で、ここはさらなる加点を目指したいところです。
を切ればテンパイですがまだ3巡目、ここは一気通貫と234の三色の両テンビンに取る
切りが秀逸な一打です。


      





4. 南4局 南家 9巡目 ドラ 持ち点:32.600(満貫ツモでトップ)

  
 ツモ

A:
  B:  C:

正解 B:

解説 満貫ツモでトップのこの局面、どれが入っても、満貫確定のリーチが打てる切りが正解です。







 5. 南4局 北家 4巡目 ドラ 持ち点:43.400(アガリトップ)

  
 ツモ

A:  B:   C:

正解 B:

解説 アガリトップでテンパイですが、待ちがドラ表示牌。
苦しい受けに固定してしまうよりも、一手先の良形を目指しましょう。
どこからでも仕掛けができる切りが正解です。

       





問題C 

 1. 東1局 東家 6巡目 ドラ 持ち点:30.000

  
 ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 C:

解説 ピンズのホンイツが色濃く見えますが、マンズの形がドラ含みのリャンメンターツです。
ここを嫌うのは時期尚早。を1枚外してピンズが良形に変化したらホンイツに移行しましょう。




     



2. 東2局 西家 1巡目 ドラ 持ち点:31.500

  
 ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 B:

解説 この手牌ではアガれる可能性はごく僅かですが、ソーズのホンイツにチャンタ、
789の三色、国士無双、全ての可能性を捨てない
切りが良手です。
アガれそうに無い時は守備を第一に考え、簡単に字牌などを切らないようにしましょう。




 

3. 東4局 南家 9巡目 ドラ 持ち点:35.500 

  
 ツモ 

A:  B:  C:  D:

正解 B:

解説 メンツオーバーのこの手牌。マンズ、ソーズ、ピンズどこかのリャンメンターツを落とすのですが、
裏目のを引いても678の形で使え、受け入れが増える分切りが勝ります。





4. 南2局 東家 11巡目 ドラ  持ち点:26,900

  
 ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 A:

解説 789の三色が見えますが、と引かなくてはなりません。    
親番と言うこともあり、アガリ易い形を目指して切りが正解です。
を引いてきたら、678のタンピン三色に移行していきましょう。








5. 南4局 南家 9巡目 ドラ 持ち点:41.800(アガリトップ)

   
 ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 D:

解説 ドラのを引けば跳満まで見える手ですが、
アガリトップなのでどこからでも仕掛けられる切りが良いでしょう。


 








問題D


正解 C:

南4局
、西家、
巡目 魚谷侑未プロ ドラ

配牌
ツモ ツモ
捨て リーチ

 

解説 567、678の三色を見ながら大きく構えてを切った魚谷プロ。
9巡目に和久津プロからリーチが入ると同巡に、三色確定のを引き入れテンパイが入る。
そしてここが勝負所と踏んだ魚谷プロは、追いかけリーチを放ち次巡、高目のを手元に手繰り寄せオーラスにラスからトップまで突き抜ける見事なアガリを決めた。
そして、第6期、第7期女流桜花連覇という偉業を成し遂げた!









問題E



正解 B:


南3局2本場、南家、4巡目
。 瀬戸熊直樹プロ ドラ

配牌   
ツモ ロン
捨て

 



解説 
345の三色やドラを生かしたいとを切った瀬戸熊プロだったが、
ツモが縦に伸びてきたのを感じ、軌道修正し8巡目に七対子のテンパイを果たしアガリきる。
この瞬時の判断力、冷静且つ大胆な一打。どれをとっても超一流のトッププロに相応しい。
そして第29期鳳凰位決定戦でみごと奪還に成功。現鳳凰位、十段位と併冠している。



ページトップ