問題A

1. 東場 東家 ドラ

  
 ロン

A ・・ 2900    B ・・  7700    C ・・  11600

正解 B:7700

解説 役は、三色同順の2ハン、イーペーコーの1ハンで合計3ハン。
符は、副底の20符、メンゼンロンの10符、待ちがカンチャンの2符で合計32符
親の3ハン40符は7,700となります。




 2. 東場 南家 ドラ 

  
  ロン
     
A ・・ 1300    B ・・ 3900   C ・・ 5200

正解 B:3900

解説 役は、タンヤオの1ハン、ピンフの1ハン、イーペーコーの1ハンで合計3ハン。
符は、副底の20符、メンゼンロンの10符で合計30符
子の3ハン30符は3,900となります。


    

3. 南場 西家 ドラ      

   
  ポン  ロン 
                       
A ・・ 5200    B ・・  6400    C ・・  7700

正解  B:6400 

解説 役は、トイトイの2ハン。
符は、役は、ホンイツの2ハン、役牌の1ハンで合計3ハン
符は、副底の20符、が暗刻の8符、が暗刻の8符、が明刻の4符、待ちがカンチャンの2符。
合計42符。子の3ハン50符は6,400となります。

4. 南場 北家 ドラ 

  
 ロン

A ・・ 1300   B ・・ 5200   C ・・ 8000

正解 B:5200

解説 役は、タンヤオの1ハン、三色同刻の2ハンで合計3ハン。
符は、副底の20符、メンゼンロンの10符、が暗刻の4符、が暗刻の4符、
が明刻の2符で合計40符。子の3ハン40符は5,200となります。


問題B


1. 東1局 東家 5巡目 ドラ 持ち点:30.000

  
 ツモ

A:  B:  C:

正解 A: 

解説 引きで絶好の3面張となるが、親のここは、好形でリーチに行きたいところです。
よって、リャンメン以上でテンパイする受け入れの広い切りが正解となります。



     

 2. 東3局 西家 3巡目 ドラ
 持ち点:24.200

  
 ツモ

A:  B:  C:

正解 
A

解説 効率で考えると切りになりますが、三色同順ならば234に絞り、
ソーズのチンイツを見据えるべき手牌です。


3. 南1局 東家 5巡目 ドラ 持ち点:35.200

  
 ツモ 

A:  B:  C:

正解 B:

解説 打点の狙えるチャンス手です。イーペーコーの可能性は低くなりますが、
タンヤオを確定させて、三色を狙っていきます。



      
4. 南4局 南家 7巡目 ドラ 持ち点:38.600(アガリトップ)

  
 ツモ

A:
  B:  C:

正解 C:

解説 七対子の1シャンテンですが、柔軟に面子手に構えた方がアガリが近い。
ここはをトイツ落とししてタンヤオでアガリにいきます。



5. 東4局 北家 4巡目 ドラ 持ち点:33.400

  
 ツモ

A:  B:   C:

正解 A:

解説 引きで苦しくなりますが、この手牌はやはり純チャン三色を狙うべきです。
から切っての引きは価値が低いので、カンが残った時の待ちの優秀さを考えてを切ります。




問題C 

 1. 東1局 東家 6巡目 ドラ 持ち点:30.000

  
 ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 D:

解説 をきればテンパイですが、待ちがドラ表示牌と苦しいところです。
ここは変化を考えて切りとすることで、高打点の良形が望めます。

     



2. 東2局 西家 3巡目 ドラ 持ち点:31.500

  
 ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 C:

解説 どのターツを外すかの選択ですが、この手牌ならばまっすぐタンピン三色を狙うのが本手です。
ドラですがを切って234、345の両天秤に構えます。

3. 南1局 東家 3巡目 ドラ 持ち点:37.200 

  
 ツモ 

A:  B:  C:  D:

正解 C:

解説 面子手と七対子の両天秤にかけつつ、タンピンイーペーコーや345の三色同順を狙うことができます。





4. 南2局 西家 8巡目 ドラ  持ち点:26,900

  
 ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 A:

解説 ストレートにドラを切る手もありますが、倍満まで見えるこの手牌ではもの足りないと考えます。
受け入れは狭くなるものの、を切って三色の両天秤に構えるのが手筋です。




5. 南4局 南家 9巡目 ドラ 持ち点:41.800(アガリトップ)

   
 ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 B:

解説 三色同順を狙いながら二度受けを外すのが手順ですが、オーラスのアガリトップならば、
タンヤオを確定させ、仕掛けられる形にするほうが柔軟です。



 


問題D


正解 B:

南4局
、北家、
11巡目 中村慎吾プロ 

配牌
ツモ ロン
捨て

 

解説 234の三色や、タンピンドラドラを見つつを切った中村慎吾プロは、次巡、を引きヤミテンに構える。その後、吉田幸雄プロのリーチ宣言牌ので5,200を討ち取り、全5回戦オールプラスという安定した戦いで第23期チャンピオンズリーグを制した。



問題E



正解 C:


南3局、南家、3巡目
。 小車祥プロ 

配牌   
ツモ ロン
捨て リーチ

 



解説 
一気通貫と三色を狙いをツモ切った小車プロ。今回はリーチ一発の2,600に終わったが、常に手役を追い求めながら隙のない戦いを繰り広げ、見事初タイトル第22期マスターズの栄冠を勝ち取った。



ページトップ