問題A

 1. 東場 東家 ドラ

  一索一索一索東東中中  ポン三筒三筒三筒  ポン九万九万九万  ロン中


A ・・ 5800    B ・・  7700    C ・・  9600

正解 C:9600

解説 役は、トイトイの2ハン、中が役牌の1ハンで合計3ハン。
符は、副底の20符、
一索が暗刻の8符、九万が明刻の4符、中が明刻の4符、三筒が明刻の2符、雀頭が東の4符で合計42符、親の3ハン50符は9.600となります。





2. 東場 南家 ドラ 

  三万四万五万五万六万一索二索三索中中  明カン南南南南  ツモ四万

     
A ・・ 300.500    B ・・ 400,700   C ・・ 400,800

正解 C:400,800

解説 役は、南が役牌の1ハン。
符は、副底の20符、
南が明カンの16符、待ちがカンチャンの2符、雀頭が中で2符、ツモの2符で合計42符、子の1ハン50符は400・800となります。



    

3. 南場 西家 ドラ      

   二索二索二索中  明カン二万二万二万二万  ポン四筒四筒四筒  暗カン牌の背北北牌の背  ツモ中

                       
A ・・ 1000,2000    B ・・  1200,2300    C ・・  1300,2600

正解  B:1200,2300 

解説 役は、トイトイの2ハン。
符は、副底の20符、
二索が暗刻の4符、二万が明カンの8符、四筒が明刻の2符、北が暗カンの32符、雀頭が中の2符、待ちがタンキの2符、ツモの2符で合計72符。子の2ハン80符は1,300・2,600となります。


4. 南場 北家 ドラ一索 

  五索五索五索七索九索九索九索西西西  ポン北北北  ロン六索


A ・・ 5200   B ・・ 6400   C ・・ 7700

正解 B:6400

解説 役は、ホンイツの2ハン、北が役牌の1ハンで合計3ハン。
符は、副底の20符、
九索が暗刻の8符、西が暗刻の8符、北が明刻の4符、待ちがカンチャンの2符で合計42符。子の3ハン50符は6,400となります。



問題B


1. 東3局 西家 5巡目 ドラ一索 持ち点:23.000

  
四万五万六万六万六万七万五索六索六索六索七索五筒六筒  ツモ七万

A:四万  B:六万  C:七万

正解 B:六万 

解説 効率でいえば七万切りとなりますが、それでは三色同順にもなりづらく、打点に不満の残る最終形になってしまうかもしれません。メンタンピンを明確に狙いつつ、三色同順やイーペーコーの含みを持たせるのが手筋です。



     

 
2. 東3局 西家 6巡目 ドラ 持ち点:26.200

  
四万五万六万七万四索五索五索六索七索七索八索五筒六筒  ツモ六索

A:四万  B:七万  C:八索

正解 C:八索

解説 四万七万を切ると手広いですが、このチャンス手を2,000点で終わらせてしまうかもしれません。
受け入れは減りますが、最低でもメンタンピンとなる八索切りが良いでしょう。



3. 南1局 東家 3巡目 ドラ 持ち点:47.200

  
二万三万四万五万六万七万八万六索七索一筒一筒七筒七筒  ツモ八索

A:二万  B:一筒  C:七筒

正解 B:一筒

解説 点数を持っている親番で、ここはさらなる加点を目指したいところです。
二万を切ればテンパイですがまだ3巡目。高打点を狙ってテンパイを外したいところです。 
六筒八筒を引いても十分にフォローがきくので、タンヤオの含みを持たせる一筒切りが優れた一打です。




      
4. 南1局 南家 7巡目 ドラ 持ち点:32.600

  
一索一索二索三索三索三索四索七筒八筒南南中中  ツモ九筒

A:
一索  B:三索  C:四索

正解 B:三索

解説 明確に手役を狙うならば四索切りですが、他にも十分に打点を求める材料があります。
ならば手広く三索切りから、チャンタやリーチ役牌ドラなどを狙うのがバランスの取れた手組みです。  




5. 南2局 北家 4巡目 ドラ 持ち点:43.400

  
二万二万四万四万五万六万七万八万八万北北中中  ツモ中

A:四万  B: 七万  C:八万

正解 C:八万

解説 トイツ手を狙うのはいかにもアガリ辛くなってしまいます。ここは柔軟に構えたいところです。
八万切りは、三万を引いたときに3メンチャンに受けることができるのが魅力的です。





問題C 

 1. 東1局 東家 6巡目 ドラ 持ち点:30.000

  
五万六万七万八万四索五索七索九索四筒四筒五筒七筒九筒  ツモ四万

A:四索  B:九索  C:五筒  D:九筒

正解 B:九索

解説 一目789の三色同順が狙えますが、それでは受け入れがかなり狭くなります。
親番なので、柔軟に構えましょう。ピンズとソーズの選択は、手厚いピンズを残すほうが後で好形変化し易くなります。

     



2. 東2局 西家 6巡目 ドラ西 持ち点:31.500

  
四万五万三索三索四索四索五索六索七索三筒四筒五筒六筒  ツモ六索

A:四索  B:七索  C:三筒  D:六筒

正解 D:六筒

解説 どのターツを外すかの選択ですが、この手牌ならばまっすぐタンピン三色を狙うのが本手です。
ドラですがを切って234、345の両天秤に構えます。

3. 東4局 南家 9巡目 ドラ五万 持ち点:35.500 

  
三万四万五万五万六万三索五索七索三筒三筒四筒六筒七筒  ツモ七筒

A:三筒  B:四筒  C:六筒  D:七筒

正解 A:三筒

解説 四筒六筒切りがシャンテン数のあがる枚数が多いのですが、それではソーズのリャンカン形がネックとなってしまうかもしれません。
受け入れは減りますが、ソーズのどれかが重なってのタンピン移行も視野に入れた三筒切りが柔軟な手筋です。七筒との比較は三色同順のなりやすさです。





4. 南2局 西家 4巡目 ドラ  持ち点:24,900

  
一万一万三万五万二索三索三索五索七索三筒四筒六筒七筒  ツモ五筒

A:一万  B:五万  C:三索  D:七索

正解 A:一万

解説 アガリやすさだけならば五切りが優れているかもしれませんが、それでは打点がもの足りません。
ここは、一万を切ってタンピン三色を狙いながら好形を作っていくのがバランスの取れた一打でしょう。





5. 南1局 南家 5巡目 ドラ 持ち点:31.800

   三万三万四万四万六万七万三索四索五索六索二筒二筒三筒  ツモ七万

A:  B:二筒  C:三筒  D:六索

正解 A:

解説 三色同順を狙いながら二度受けを外すのが手順ですが、オーラスのアガリトップならば、
タンヤオを確定させ、仕掛けられる形にするほうが柔軟です。



 


問題D


正解 A:二万

東2局
、西家
 瀬戸熊直樹プロ 

配牌 一万二万五万七万二索四索四索一筒四筒五筒八筒九筒北 
ツモ 四筒二万七万三万><IMG src=五筒五万ロン
捨て 一筒北九筒八筒二万七万七万四索二索二索一万

 

解説 順子手を見て二万を捨てた瀬戸熊プロは、親の荒プロのリーチが入ると同時に2枚目のを引き入れ、
イーペーコーのテンパイ。
ここで二索を切り、カンのテンパイを選択した瀬戸熊プロは、その後、一万とドラのが変わり5,200を荒プロからアガリきる。
瀬戸熊プロの押し引きや嗅覚は鋭く、全20半荘中14半荘が浮きという安定した戦いで、見事弟29期鳳凰位を奪還した。




問題E



正解 D:七筒


南4局、南家
 和久津晶プロ 

配牌  一万七万一索七索八索五筒七筒東西北白発中
ツモ 五筒三万西一索八筒八索一索一万六万八筒    七索ツモ
捨て 東北中発白白七万七筒七筒一索三万三索六万リーチ九筒

 



解説 
場況や手牌読みに長けている和久津プロが選んだのは七筒
オーラスの条件のこともあるが、横よりも縦を選択した和久津プロは、ドラを重ね七対子の七索待ちでリーチをかける。リーチした時点で七索は1枚切れで、山に2枚残り。数巡後に見事七索を手元に手繰り寄せ、初代ロン2女流プロ№1決定戦の栄光を掴んだ。




ページトップ