文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

関西プロリーグ レポート

一覧

第13期関西プロリーグ A・B・Cリーグ 最終節レポート

2015/02/18
執筆:A:辻本翔哉   B:宮田豊夢   C1:川上直也  C2:大橋慶一郎


Aリーグレポート:辻本翔哉

泣いても笑っても最終戦。私、辻本がレポートをお届け致します。
A1卓:横山、花岡、中川、仁科
A2卓:米川、貫上、藤川、辻本
A3卓:勝間、上村、佐々木、堀

1回戦目の東4局、辻本が親。南家が米川、西家は貫上、北家は藤川。
藤川が親番で連チャンし、58,000点程度のトップで他家は3人とも沈んでいる状況。
そこで貫上が発を序盤に仕掛ける。

貫上の捨牌はソウズばかりでどちらに染めているかわからないが、手からピンズがこぼれ出た。
ドラが五万であることから、マンズの混一の気配。
そして、私は親番で連チャンしたい状況でテンパイが入った。

役無しで六万七万のシャンポン。
五万が入ってピンフドラ1の手変わりもあるので、しぼっていた白を切ってのテンパイ。
すると貫上がまた仕掛けた。

中は場に1枚も切られておらず、凄く嫌な状況になってきた。
貫上は七索を切った。まだマンズが切れておらず色々な手が想像出来た。
一番高いのは大三元。その次がホンイツがらみで満貫から倍満。
そして、次のツモで私は三索を引いてきた。
貫上の現物では無かったがツモ切りして突っ張った。
次に、米川が八索を切ると貫上のロン

一索二索三索八索中中中  ポン白白白  ポン発発発  ロン八索

私が捨てた白を仕掛けるまでは、

一索二索三索七索八索白白中中中  ポン発発

このテンパイの形だったのにも驚いたが、マンズを1枚も切る事がなかったのにも驚いた。
米川には聞いていないが、9巡目にそんな形でアガられるとは想像出来なかったであろう。

米川は守備には固い方でトータルポイントも9節終了時点で2位につけていて、無理をしなくてもいい場面でもあったが。
プロ同士で役満を直撃するには、それぐらいの事がない限りあり得ないが、本当にドラマチックな展開となった。

そして、これでトータルポイント4位の貫上が決定戦の3位以内に入ると思われたが、それでも今日の主役は藤川だった

1回戦、役満の貫上を振り払って藤川がトップ。その後も全てトップを取る。
最終節で+124.8Pを叩き2位通過をした。

藤川は親番で満貫跳満を有効的にアガリ他家を圧倒した。
1卓はそのまま順当に残り、結果1位通過は横山。2位が藤川で、3位が花岡となった。

1年間の長い戦いが終わり中田を含めたこの4人で太閤位決定戦が行われる。
私も決定戦に残りたかったがまだまだ実力不足を痛感した。
来期からも精進し、麻雀を楽しみつつ、色々な意味で上を目指したいと思います。
1年間ありがとうございました。

Aリーグ

順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節 合計
1 横山  毅 50.3 31.2 40.9 ▲ 18.4 48.1 ▲ 48.7 89.8 44.6 ▲ 56.0 ▲ 3.2 178.6
2 藤川 議次 62.9 4.0 18.9 44.2 ▲ 41.5 ▲ 29.7 ▲ 32.8 31.3 ▲ 4.0 124.8 178.1
3 花岡 章生 43.0 ▲ 26.4 ▲ 82.5 12.9 ▲ 0.8 88.9 75.7 ▲ 18.1 3.4 ▲ 6.3 89.8
4 貫上 洋志 ▲ 44.6 ▲ 15.6 ▲ 6.6 ▲ 31.3 29.6 133.4 ▲ 26.2 ▲ 43.4 84.4 ▲ 9.4 70.3
5 中川 由佳梨 ▲ 13.4 38.0 ▲ 7.9 ▲ 24.5 ▲ 44.4 ▲ 3.1 130.7 15.0 ▲ 34.9 3.9 59.4
6 米川 基紀 27.9 26.7 60.0 ▲ 2.3 3.1 ▲ 19.5 ▲ 36.5 33.1 10.1 ▲ 60.4 42.2
7 仁科健一郎 ▲ 79.2 ▲ 1.6 ▲ 4.4 34.8 ▲ 28.0 85.9 ▲ 20.5 ▲ 56.4 94.8 ▲ 14.4 11.0
8 辻本 翔哉 30.1 ▲ 6.8 13.2 ▲ 6.9 56.4 ▲ 37.1 ▲ 6.4 ▲ 0.6 ▲ 79.5 ▲ 55.0 ▲ 92.6
9 勝間 伸生 ▲ 37.5 ▲ 56.3 ▲ 13.9 10.5 35.2 ▲ 7.9 ▲ 88.5 41.4 41.0 ▲ 35.8 ▲ 111.8
10 上村 宜久 53.1 ▲ 34.5 42.2 ▲ 24.5 ▲ 65.0 ▲ 3.6 ▲ 63.1 ▲ 59.0 ▲ 2.1 8.6 ▲ 147.9
11 佐々木 亮 ▲ 16.9 1.4 ▲ 40.2 ▲ 18.9 ▲ 18.0 ▲ 53.6 17.3 57.7 ▲ 39.5 ▲ 54.7 ▲ 165.4
12 堀  昭義 ▲ 75.7 39.9 ▲ 19.7 3.4 24.3 ▲ 106.0 ▲ 59.5 ▲ 46.6 ▲ 18.7 61.9 ▲ 196.7

 

Bリーグレポート:宮田豊夢

いよいよ最終節である。
第9節まで終わっての成績は、1位・原田189.4P、2位・筒井117.3P、3位・山本109.2P、4位・西原101.9Pとなっている。
原田がやや後続を突き放しているが、昇級枠の2人目は熾烈である。

始まった最終節。
3戦を終わって原田は安定した強さを見せつけ、2着以下を大きく突き放し、3回戦終了時の成績は1位・原田259.9P、2位・山本145.8P、3位・西原133.5P、4位・筒井73.4Pとなる。

原田は当確か、2位が異常に熾烈である。

B1卓が終わり現在2位の山本は浮きの2着をとり、2位は155.9Pとなる。
気になるのは別卓の西原。約14,000点浮きのトップをとれば西原が逆転する。

B2卓はオーラスになっており、西原は48,000点。
ここで親に連荘されるととてもつらい状況で西原にこの手が入る。
B2卓

北家 西原

三万四万五万六万七万八万五索五索三筒四筒五筒八筒九筒  ドラ五索

役がないが、少しリーチを躊躇(ちゅうちょ)してしまいそうな手である。
西原は1巡回したのち、意を決したようにリーチをかけた。
1巡後、吉田から七筒がこぼれて、昇級者が決まった瞬間である。

最終成績は、
1位・原田259.9P
2位・西原165.8P
3位・山本155.9P

昇級した2人のAリーグでの活躍を期待して、また、来期にかけたいと思います。

Bリーグ

順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節 合計
1 原田 保正 66.3 ▲ 8.7 39.5 17.1 48.9 15.1 36.8 ▲ 21.3 ▲ 4.3 37.9 227.3
2 西原 佳隆 83.2 ▲ 15.1 ▲ 12.4 ▲ 8.7 ▲ 12.1 22.6 39.7 21.4 ▲ 16.7 63.9 165.8
3 山本 善嗣 12.0 ▲ 67.5 44.8 2.4 92.5 ▲ 39.9 44.9 ▲ 26.7 46.7 46.7 155.9
4 中川  保 ▲ 43.0 46.0 19.6 ▲ 16.1 ▲ 23.2 2.2 ▲ 14.8 32.1 81.8 4.7 89.3
5 森下 恭好 0.8 ▲ 24.9 ▲ 33.2 ▲ 20.4 87.5 76.1 ▲ 4.2 ▲ 73.5 60.8 3.2 72.2
6 筒井 宏晶 19.7 55.9 27.5 3.0 ▲ 6.8 40.5 7.6 ▲ 8.6 ▲ 21.5 ▲ 66.3 51.0
7 近野理智男 15.4 10.7 18.6 10.0 ▲ 40.5 ▲ 8.5 15.6 26.3 0.0 0.0 47.6
8 吉田 哲史 ▲ 98.2 27.7 ▲ 17.7 2.5 47.7 ▲ 4.0 62.2 20.1 ▲ 24.3 ▲ 0.8 15.2
9 中野 孝治 1.9 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 1.9
10 坂本 誠裕 22.5 18.1 2.4 23.5 ▲ 58.8 ▲ 42.5 ▲ 14.6 16.0 ▲ 19.8 19.5 ▲ 33.7
11 宮田 豊夢 ▲ 18.4 7.2 43.5 13.4 ▲ 44.0 ▲ 7.6 ▲ 0.0 10.6 25.9 ▲ 90.3 ▲ 59.7
12 山中  翼 ▲ 9.4 4.0 ▲ 0.2 2.4 ▲ 76.8 6.5 ▲ 35.8 27.9 ▲ 7.6 19.7 ▲ 69.3
13 掛樋 忠雄 ▲ 4.5 ▲ 32.0 6.3 10.6 ▲ 15.6 28.9 4.7 ▲ 5.3 ▲ 81.9 ▲ 7.2 ▲ 96.0
14 玉木 章司 14.5 ▲ 4.0 ▲ 63.5 1.3 17.2 ▲ 71.8 ▲ 48.3 33.9 0.0 0.0 ▲ 120.7
15 延原 明美 1.1 ▲ 17.5 ▲ 57.0 ▲ 40.7 ▲ 27.7 25.2 ▲ 45.2 15.6 ▲ 67.0 ▲ 22.3 ▲ 235.5
16 稲森 英子 ▲ 66.9 ▲ 20.9 ▲ 18.2 ▲ 21.3 ▲ 8.3 ▲ 42.8 ▲ 48.6 ▲ 71.5 26.9 ▲ 12.7 ▲ 284.3

 

C1リーグレポート:川上直也

早いもので今期リーグも最終節。
優勝、昇級の行方は?
第4節終了時の上位のポイントは以下の通り。

稲岡ミカ113.9P 赤木由美 93.8P 松永侑巳72.5P 川崎諒介45.9P。

C1リーグからの昇級は2人なので、ポイントからみて上位3人の争いとなりそうですが、今期は下位と上位のポイントの差がかなりあるので、降級の心配があまりないプラマイ0近辺のポイント者でも叩きに行けば昇級を狙えないこともありません。

開始前に思わぬハプニングがあり、上位者の動揺が走ります。
最終節の卓組の上位2卓は奇数順位と偶数順位に分かれ、予め第4節の終了時のポイントで対局する相手がわかるので、心の準備をして最終節に臨めるのですが、4番手に位置していた川崎が転勤のために不出場というアクシデントがあり、大きく対局者が変わりました。

そのことが響いたのか、赤木は調子を崩して大きく後退。
結局、トップポイントの稲岡と松永が第4節までのポイントを死守して、昇級を決めました。

川上 「稲岡さん、松永君昇級おめでとう。昇級を意識したのはいつぐらいでしたか?」
稲岡 「うーん。最終節の最終局かな?」
川上 「第4節が終わって断トツまではいかないけど、首位でポイントも持っていたのに、最後の最後まで意識しなかったの?」
稲岡 「最終節のために、対局者の打ち方別に人選して、セット調整したんやけど、大きく対局者が変わったやん?だから、とにかく松永君より上位である打ち方を心がけたんやけど、3回戦目にラス引いて凹んだから。」
川上 「なるほどね。松永君は?」
松永 「最初から最後まで意識はなかったです。いつも通りの麻雀を打とうとだけ思っていました。」
川上 「松永君は、ロスなしの最速昇級やね。」
松永 「はい。あまりその事についても意識はないですけど。」
川上 「半期リーグを卒業して、来期から年間通してのリーグ戦となりますが、意気込みは?」
稲岡 「年間通じてのリーグ戦は初めてやし、対局者もガラッと変わるから未知の世界やけど、早く対応できるように頑張ります。」
松永 「いつも通り変わらず自分の麻雀を打つだけです。」

両者共に連続昇級で勢いがあるだけに、上位リーグでもその更に上を目指せるように頑張って欲しいと思います。

この半年間短い間でしたが、川上がレポートを務めさせて戴きました。
なにぶん不慣れで、読みづらい点や内容に乏しい点がありました事をお許し下さい。
ありがとうございました。

C1リーグ

順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節 合計
1 稲岡 ミカ 38.2 43.4 ▲ 20.4 52.7 5.4 119.3
2 松永 侑己 3.8 ▲ 28.2 77.6 19.3 ▲ 2.1 70.4
3 吉本 卓矢 ▲ 7.2 ▲ 37.8 ▲ 30.3 57.7 84.2 66.6
4 赤木 由実 7.8 3.7 61.3 21.0 ▲ 36.9 56.9
5 川崎 諒介 5.4 33.9 33.7 ▲ 27.1 0.0 45.9
6 三好 直幸 43.8 ▲ 23.1 ▲ 26.5 ▲ 40.7 75.2 28.7
7 高谷 圭一 27.9 32.6 4.6 ▲ 39.4 ▲ 18.3 7.4
8 後藤 俊孝 3.7 ▲ 34.4 16.7 2.5 15.0 3.5
9 川上 直也 40.3 21.9 ▲ 21.8 ▲ 5.9 ▲ 35.1 ▲ 0.6
10 山室 太二 ▲ 21.0 24.9 0.2 2.0 ▲ 15.2 ▲ 9.1
11 丸山  直 ▲ 63.7 37.3 ▲ 34.6 36.9 ▲ 6.3 ▲ 30.4
12 西村 友和 33.4 ▲ 24.5 ▲ 45.5 7.2 ▲ 24.7 ▲ 54.1
13 富田 淳一 ▲ 16.1 ▲ 12.8 46.7 ▲ 66.5 ▲ 42.0 ▲ 90.7
14 田村  豊 ▲ 28.5 ▲ 90.8 ▲ 7.5 26.2 ▲ 18.2 ▲ 118.8
15 下村 学 ▲ 40.4 27.4 41.9 ▲ 150.0 0.0 ▲ 121.1
16 秋山 淑子 ▲ 47.4 25.5 ▲ 97.1 ▲ 45.9 14.0 ▲ 150.9

 

C2リーグレポート:大橋慶一郎

今節で後期プロリーグも最終節となりました。
私の所属するC2リーグでは吉田を筆頭に永田、小西と続いていて、当然ながら上位陣を引きずり降ろす戦いとなる。

1卓 吉田、木下、小西、伊原
今季、好調の続いている吉田を止めポイントを直取りするのが昇級への鍵であろう。
しかし、東1局に吉田が先制リーチで500・1,000をアガっての軽いスタートとなった。

東2局 ドラ四筒。またしても吉田が先制リーチをかけてきた。
しかし、木下、親の伊原も負けずと直撃チャンスを逃さず2件の追っかけリーチが入ったのだ。
これに吉田が7,700放銃となってしまった。

東2局1本場、親の連荘をした伊原はこの勢いを活かしたいところである。
だが、この時木下に綺麗な手が入ったのだ。

7巡目

一万一万五万六万七万五索六索七索四筒五筒五筒六筒六筒  リーチ  ドラ六索

高めをツモれば跳満もあり、前回のリーチが不発なだけに大きく決めたいところでしょう。
そして、七筒を即座にツモって3,000・6,000の素晴らしいアガリとなった。

ポイントを持っている吉田、小西としては厳しい展開である。
その後も吉田が5,200を放銃と不調の兆しが見えてきた。

南2局、 親・伊原
最後の親番ということもあり連荘したいところである。
11巡目に小西が三筒を切ってリーチをしてきた。

二万三万四万二索二索二筒三筒五筒六筒七筒中中中  リーチ  ドラ二索

出てもツモっても十分な手である。
これに対し伊原が

三万四万五万六万六万一索二索三索四索五索六索四筒五筒

ツモ三筒の1,300オールでかわし親を離さない。
続いて南2局1本場、伊原が、八索をツモり4,100オールという勢いあるアガリを見せてくれた。

七万七万九万九万六索六索八索二筒二筒五筒五筒六筒六筒  ツモ八索  ドラ五筒

南3局、親・吉田。
かなり点数を削られ5,000点ほどに凹んだ吉田としては挽回したい親である。
その吉田が初巡に一筒をポンした。
他家としては苦しい手格好からの仕掛けかと思われたのだが…
実はすでにテンパイが入り、アガってラス親を迎えたい小西が切った撥にロンの発声が入る。

八索八索八筒八筒八筒白白白発発  ポン二索 上向き二索 上向き二索 上向き  ロン発  ドラ八索

18,000という素晴らしいアガリが炸裂したのだ。
しかし、ここで話は終わらない。

南3局1本場、8巡目に吉田がリーチをかけてきた。
これに木下が放銃してしまった。

二万三万四万二索三索六索七索八索二筒三筒四筒五筒五筒  リーチ  ロン四索

またしても12,000は12,300という勢いあるアガリをしたのだ。
最終的に、吉田が逆転でトップを勝ち取った。

今節も様々なドラマが展開された。私も役満条件の局面で役満手をテンパイする熱いこともあった、が、その様な困難な状況にしてしまったのは自分自身であり、各プレーヤーが様々な意図があって迎えた結果なのである。

今節では吉田、伊原、永田が昇級となった。
彼等は次回からC1で戦って行くが、更なる目標に向かって精進をしてもらいたいと思います。

C2リーグ

順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節 合計
1 吉田 圭吾 49.6 109.1 ▲ 8.2 20.3 16.0 186.8
2 伊原 達矢 76.2 2.3 30.5 10.9 60.8 180.7
3 永田 知也 9.6 40.0 41.4 68.5 ▲ 10.7 148.8
4 大橋 慶一郎 ▲ 7.2 21.9 15.4 36.1 43.3 109.5
5 山神 剛 36.7 ▲ 24.0 64.1 48.5 ▲ 21.2 104.1
6 木下 恭子 ▲ 24.7 42.7 41.5 ▲ 7.0 22.9 75.4
7 小西 輝彦 21.5 83.8 47.6 ▲ 3.1 ▲ 99.7 50.1
8 辰巳 晴基 ▲ 13.2 ▲ 13.9 ▲ 11.7 0.5 73.8 35.5
9 大久保 朋美 21.1 ▲ 32.9 ▲ 24.3 ▲ 15.2 73.6 22.3
10 城 裕介 21.3 0.0 0.0 0.0 0.0 21.3
11 長尾 浩平 4.5 60.8 ▲ 45.1 7.0 ▲ 11.4 15.8
12 土田 小緒里 ▲ 3.1 6.8 ▲ 40.3 3.6 33.1 0.1
13 辻井 稜真 ▲ 53.0 ▲ 40.6 18.2 63.0 ▲ 4.1 ▲ 16.5
14 田中 悠紀夫 ▲ 26.1 0.0 0.0 0.0 0.0 ▲ 26.1
15 只野 真理子 5.1 ▲ 32.3 22.7 ▲ 2.5 ▲ 33.9 ▲ 40.9
16 赤木 里恵 22.7 ▲ 14.6 ▲ 14.0 6.4 ▲ 88.9 ▲ 88.4
17 鎌田 周平 7.7 ▲ 4.4 ▲ 27.4 ▲ 65.7 ▲ 1.2 ▲ 91.0
18 谷上 脩平 29.5 ▲ 41.7 ▲ 40.6 ▲ 41.0 0.0 ▲ 93.8
19 長野 恵美 ▲ 19.4 ▲ 37.1 ▲ 1.5 ▲ 75.4 21.4 ▲ 112.0
20 坂上 優 ▲ 79.6 17.2 ▲ 4.7 ▲ 11.1 ▲ 64.1 ▲ 142.3
21 高橋 正人 ▲ 49.9 ▲ 78.7 ▲ 71.1 ▲ 10.0 41.1 ▲ 168.6
22 前川 憲一 ▲ 34.3 ▲ 87.4 ▲ 15.5 ▲ 54.8 ▲ 70.8 ▲ 262.8