文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

関西プロリーグ レポート

一覧

第14期関西プロリーグ A・B・Cリーグ 第6節レポート

2015/10/20
執筆:A:仁科健一郎
B:森下恭好
C1:関西編集部
C2:関西編集部


Aリーグ:仁科健一郎

リーグ戦も半分が終わり、ここから大事な後半戦の始まりです。
混戦から抜け出るのは誰か?

3卓は、山本の好調さが目立つ展開となりました。
1回戦目トップを取り、続く2回戦東1局

二万二万二万五万五万六索六索六索五筒五筒  ポン六筒 上向き六筒 上向き六筒 上向き

ここから積極的に六筒を加カン、嶺上で五筒をツモアガって3,000・6,000としてこれが決め手となり2連勝。
最終4回戦目も、開局親番で4,000オールをアガリ逃げ切り体制となりました。
しかしこれに、待ったをかけたのは上村。
南3局、親の上村が細かいアガリを重ねて山本を捲ると、オーラスもきっちりアガリきった。
混戦模様のAリーグ最後まで誰が決定戦に残るのか残り4節、目が離せない。

 

Bリーグ:森下恭好

リーグ戦もいよいよ後半戦に突入しました。
組み合わせは以下の通りです。※別日対局があるため2卓での開始となりました。
B-1 筒井、坂本、上村、稲岡
B-2吉田、中安、森下、松永

1卓
前局、親の稲岡がメンタンピンツモの2,600オールを引きアガって以下の点棒状況となりました。

東家 稲岡31,200
南家 上村35,700
西家 筒井19,500
北家 坂本3,3600

私見ではありますが各自の思惑としては、原点を割らずうまくあがりきりたい所です。
また、筒井としては大きい手を作り3着浮上or浮きの人数を減らす事でしょうか。
オーラス1本場 親、稲岡
筒井から7巡目の早いリーチがかかりました。
河は

九万 上向き九筒 上向き白九万 上向き八索 上向き七索 上向き南  ドラ二索

筒井の手牌は

二万三万四万六万七万八万二筒二筒三筒四筒四筒五筒六筒

このリーチを受けて、北家坂本の手牌は

三万三万五万一索二索三索六索六索西西  ポン北北北

道中変化して

一索二索三索三索四索五索六索六索八筒西西  ポン北北北

こうなり八筒をきればテンパイだが、筒井の河にはピンズが高く終盤のワンチャンスのため打ち辛いが、八筒を勝負した。
結果、筒井、坂本がテンパイで対局終了。
これによって坂本が逆転トップとなりました。値千金のテンパイだったと言えるでしょう。
千歳一遇のチャンスを活かし接戦を制した坂本ですが、勿論、リスクもありました。
オーラス筒井のリーチが安かろうとは思えない状況で、ワンチャンスの八筒を勝負したわけです。
トップを獲るためにはテンパイが必要なのだという、静かではありますが、熱い想いがこもった好勝負だったと思います。

 

C1リーグ:関西編集部

気持ちも新たに後半戦となりました。このクラス1年に2回昇級チャンスがあります。
今度こそは勝ちたいと誰もが思うところでしょう。
先行したのは後藤、1回戦で+40P。好調をおもわせた。
この後、この卓で凄い事が起こるとは、まだ、誰も思わなかった。

1卓 後藤・川上・中野・赤木

3回戦 親・後藤
北家の赤木は、普通に配牌を取るが、なんか同じ牌が多いような気がしました。
そして、理牌して見ると、えっ?と思う配牌になっていました。

一万一万一万六万六万六万八万八万七索七索七索八索九索

三暗刻、いや四暗刻。高鳴る鼓動、ツモ牌を取って、えっ?七索

一万一万一万六万六万六万八万八万七索七索七索八索九索  ツモ七索

8.000・16.000の獲得となりました。
なかなか見られない地和、あるんですね。
「私、ちゃんとしてますからアガれました。」
赤木のコメントは少なめだが表情はあふれていました。
その影響で後藤は急落して、痛いマイナススタートとなりました。
これからの巻き返しに期待したいです。

 

C2リーグ:関西編集部

後期に入って変わってきた感じがあります。
女性陣のパワーアップが凄く、面白くなってきました。
大久保明美は2回戦で、66.8ポイントの荒稼ぎしてトップに躍り出ました。
同卓の男性、三好は手痛い放銃とミスで走れず、吉田は下位に転落となりました。
また、長野恵美は3勝して2位につければ、
前期では冴えなかった土田小緒里が4位に。
今期は頑張ります、そんな言葉が聞こえてきそうです。
赤木里恵、只野真理子はまだ調子が出なかったが、次に期待します。