文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

関西プロリーグ レポート

一覧

第14期関西プロリーグ A・B・Cリーグ 第9節レポート

2016/01/07
執筆:A:仁科健一郎
B:森下恭好
C1:辻井和也
C2:冨田淳一


Aリーグ:仁科健一郎

1卓 (花岡・原田・山本・仁科)
2卓 (西原・藤川・勝間・米川)
3卓 (貫上・辻本・佐々木・上)

決定戦進出、残留争いを賭けての戦いも残すところ2節となりましたが、まだまだ決まらない混戦模様、そこから抜け出したい第9節の開幕です

1卓は花岡の強さが光る結果となった。
1回戦こそマイナスでのスタートとなるも、2回戦であっさりとトップをとり、続く3回戦、先手をとったのは山本、先攻リーチからの上がりを重ね、持ち点を45,000まで伸ばしたが、
南1局、親仁科

一万二万六索六索八索八索三筒三筒七筒七筒九筒九筒白白  ドラ八索

この配牌が仁科に降臨、二万を切ってのダブルリーチ。それに対して、花岡が二万のトイツ落とし、4巡目に原田も二万を切り僅か4巡で二万が4枚見えて、一万が絶好の待ちになり、山本が18,000放銃。
これで決まったかに思えた。が、ここでも花岡が黙ってない。
オーラスの親番で怒涛の連荘で一気に捲り連勝。

最終4回戦もトップこそ原田に譲るものの素点をしっかりと稼ぎ大幅なプラスとした。
この結果1位から4位まで入れ替わる結果となったがそれでも次節の直接対決でどう転ぶかわからない展開となった。

 

Bリーグ第2節:森下恭好

Bリーグの昇級枠は2人と激戦区です。今節の結果で卓組みが決定するため、少しでも順位をあげて可能性を残したい所です。

4回戦 (起家から、堀・吉田・筒井・山中)

南2局 2本場 山中

六万六万七万二索七索八索八索二筒三筒九筒南南西  ドラ二万

配牌こそ厳しいがツモがきいて、この形になった。

8巡目
一万二万七万八万七索八索八索三筒六筒七筒八筒南南  ツモ六万

特に場況なし、山中の選択は打一万、しかし、次のツモが裏目の三万
三筒 次のツモも微妙な九索、打二筒としフリテンの一万四万待ちにうけるが、ツモ筋に牌はなく吉田、山中の2人テンパイで流局。

続く3本場は堀が役牌を仕掛けて500・1,000は800・1,300のアガリとなりました。

南3局 不調の山中にここでようやくアガリがうまれました。

四万六万八万八万二索二索三索三索五索三筒七筒七筒九筒  ドラ発

配牌は七対子もしくはタンヤオが本線でしたがうまくまとめて

六万七万八万一索二索二索三索三索四索六筒七筒発発  ツモ五筒  ドラ発

2,000・3,900のアガリとなりました。
満貫をアガリ、感触よくオーラスを迎えますが、堀、筒井のリーチに挟まれじり貧のラスを引かされました。
残り1節となりましたが昇級枠をかけての熱い戦いが繰り広げられそうです。

 

C1リーグ第2節:辻井和也

今回は後期の第4節で、残すところあと2節となり昇格争いもほぼ上位のプラス5人に絞られた感はあるが、最後の最後まで何が起こるかわからない所が麻雀のおもしろさであり、少し油断するとそこから一気に下降してしまう所も麻雀の怖でもあります。
そんな中、C1リーグ後期第4節の組み合わせは以下のとおりとなりました。

1卓 (秋山・伊原・川上・辻井・中野)
2卓 (吉田(圭)・赤木(由)・木下(誠)・長尾・大橋)
3卓 (木下(恭)・山神・城・後藤)

今節も前節同様、首位争いを繰り広げている吉田(圭)と赤木(由)の同卓対決となりました。

4回戦・東1局
赤木(由)が発のみをツモアガリ。大橋の親をすんなり流した。

東2局・赤木(由)

六万六万六万八万三索三索四索七索九索四筒四筒五筒六筒  ドラ白

この配牌から6巡目

六万六万六万八万三索三索四索四筒四筒五筒五筒六筒六筒

ここから三索をツモリ四暗刻1シャンテンだが、ここは冷静に3面待ちのリーチとした。
そして、見事に二索をツモアガリ。これで赤木(由)のペースに思われたが、吉田(圭)も東場4局の親番でコツコツアガリを積み重ね、赤木(由)に追いつく。
その差6.4Pと迫られた赤木(由)

南場3局の親番

三万三万五万六万七万一索二索三索六索七索八索六筒八筒  ドラ九万

配牌でテンパイ。ダブルリーチと出ました。
しかし、次のツモで三色同順確定の八万を引いてくる。かげりか?
このリーチを掻い潜って、ピンフドラ2で追っかけリーチとした吉田(圭)に分があった。

その後、5回戦も1着フィニッシュして、終わってみれば吉田(圭)がポイントを加算し下位との差を離す結果となりました。
第4節を終えて昇級争いは吉田(圭)、城、赤木(由)、伊原、
辻井、大橋の6人で昇級枠2つの席を争う形になりそうです。

 

C2リーグ前期第2節:冨田淳一

紅葉の見頃も終わりを迎え、冬の寒さを感じる季節となりました。
リーグ戦も終盤に向けてのポジション争いが熾烈を極めております。

3卓(坂上・冨田・南田・大久保・吉田)
前節までのトータルポイントがプラスの冨田と大久保は、今節はマイナスで終える結果となりました。
坂上、吉田の親番での攻めの鋭さが印象的でした。

2卓(高橋(悟)・長野・三好・赤木)
トータルポイントで首位に立っていた三好が、今節は展開に恵まれずマイナスポイントで対局を終えております。
一方、中位グループにいた長野、赤木は、効果的にポイントを重ね、トータルポイントでも上位に上がる結果となりました。

1卓 (只野・辰巳・高橋(正)・丸山・前川)
上位陣がマイナスで対局を終えている今節、中位グループにいる辰巳は、ポイントを重ね上位に食い込みたいところです。
1回戦の親番でツモって三暗刻の先制リーチを放ちますが、結果は流局。
続く1本場では、西家の前川に大物手をツモられました。

九筒九筒白白  ポン西西西  ポン一筒 上向き一筒 上向き一筒 上向き  ポン発発発  ツモ九筒  ドラ八筒

辰巳にとって苦しい展開が続く中、終盤にチャンス手が訪れますが。
南3局2本場

五万六万七万三索三索六索七索二筒三筒四筒五筒六筒七筒  ドラ七万

この手をリーチするも、仕掛けを入れていた下家の丸山がリーチ直後にツモアガリ、チャンスをものにする事はできませんでした。
1回戦の結果が響いたのか、辰巳は、今節卓内最下位の結果となってしまいました。
一方、丸山は、1回戦のトップを皮切りにポイントを重ね、卓内トップの成績で本節を終えております。

今節は、前節までトータルポイントがプラスだった者が全員マイナスとなり、上位から下位までのポイント差が縮まってきました。
次節はいよいよ最終節です。今季、最も熱い闘いとなりそうです。