リレーエッセィ

一覧

まずはじめに、お断りしておかねばならぬ事がある。
このリレーエッセィは、ある者があるものを書き、それを名指しである者に送る。
送られたある者は、一ヶ月以内にやっぱりあるものを書き、それをある者に送る。
これ、いわば幸福の手紙の麻雀版である。
もちろん、送られた方は幸福どころか不幸の矢を射られたようでたまったものではない。
しかし、こんな読み物が麻雀ファンや仲間の見る楽しみとなれば幸いである。

(ホームページ編集部)

第78回:松岡千晶

2013/07/25


はじめまして!小車プロよりバトンいただきました。
日本プロ麻雀連盟28期生の松岡千晶です。

そうです!小笠原奈央ちゃんの同期なのです。
私が「28期生です!」というと「あ~奈央ちゃんの代ね!」とよく言われます。
28期生には、私もいるので覚えてください!みんなからは、ちーぼーって呼ばれています。
是非よろしくお願いします。

それでは自己紹介からいきたいとおもいます。
私、実は麻雀始めて8年たちます。中学2年生の頃に、麻雀を覚えました。
部活やバイトは半年も続かない私が、唯一、ずーっと熱心になっているのがこの麻雀です。
なんで麻雀だけは、こんなに続いているのだろう?今でも不思議です。
ただ分かっていることは、「麻雀が好きだから。」ということです。
キャッ!なんだか恥かしいっ!

ある日「麻雀プロ」というものがあることを知り、「え!!!麻雀をすることが仕事になるの?え?麻雀でご飯が食べられるの?」と、とても衝撃でした。
それと同時に、すぐに日本プロ麻雀連盟のプロテストを受けることを決めました。
その時プロになろうと思ったのは、「麻雀が好きだから。」。キャッ!また言っちゃった!
本当にただそれだけで麻雀プロの試験を受けた私。

でも、試験当日、面接のときに「なんで麻雀プロになりたいの?」と言われ、私はその時自信を持って
「麻雀が好きだからです!!」といいました。
しかし、「だったら別にプロにならなくてもいいのでは」と言い返されてしまいました。
たしかにその通りです・・

その時は何も言い返すことができませんでした。麻雀が好きなのは当たり前。
麻雀とどのようにこれから付き合っていくか、麻雀界で自分がどのようなことができるのか。
私は一体、麻雀プロとしてどんなことができるのだろう。

麻雀教室でいろいろな方に教えること?タイトルをとること?女流プロとして有名になること?
はたまた、自分のお店をもつこと?いろいろありますよね。

でも、私の目標は「麻雀界を変えること」です。
デカイ口を叩くな!!(`(エ)´)ノ_彡
って怒られちゃうかもしれませんが私はこう思っています。

麻雀界を変えるとは…?囲碁や将棋のようにNHKで放映され、みんなに学んでもらうこと。
そして野球のように、ビールをのみながらみんなに楽しんでもらうこと。
麻雀大好き!な人がいっぱいいる反面、必ずしも麻雀に対していい思いをもっていない方もいます。
みんなに麻雀が好きになってもらいたい!そうじゃなくても、麻雀嫌いって言ってもらいたくない。
こんなに、麻雀は楽しくて素敵なゲームであり、競技なんだもん。
そう思い、私は今麻雀界にどうやって貢献できるか自分なりに考え、できることをちょっとずつ行動して行っています。

自己紹介から、私の目標のに話はかわっちゃいましたね。
すぐに熱く語ってしまうところがあるのです、すいません。

そしてもう1つ紹介させていただきたいことがあるのです。
私が今最強戦ガールとして参加させていただいている最強戦についてです。
最強戦ガールとは…?

今年からこの最強戦ガールというものができたのですが、最強戦を盛り上げるマスコットキャラクターみたいな感じです。最強戦のニコニコ生放送にでたり、地方の麻雀店にいってアマチュアの方々と一緒に麻雀をして勝負するのです。

最強戦の企画の中で、「東西対抗旅うちバトル」というものを行っています。
私が東日本代表で、西日本代表は新人の石田亜沙巳さんです。
おもに、私は関東・東北・北海道の麻雀店に行き、アマチュアの方と勝負をします。
その麻雀の成績と、最強戦HPの日記のコメント数で、西の石田さんと勝負をしています。

勝った方が、秋にある全日本プロ代表決定戦ベスト32に参加することができるのです。
この話をいただいたとき「やったー!」という喜びの声よりも「私でいいんですか?」という不安な声が先に出てしまいました。

なぜなら、私は自分に自信がありません。ちっちゃいときから、誰にも期待をされたこともなかったし、プレッシャーと感じるものからはすべて逃げてきました。なので、この話が来たとき「どうしよう…断ろうかな…」と考えていました。

「私でいいのだろうか、もっと他にいい人はいるんじゃないだろうか、失敗したらどうしよう…」
そんなことばかり毎日考えていました。

最強戦のニコニコ生放送に出たときも、台本をいただき、“がくがく”しながら台本を棒読み。
コメント覧には「ちー棒」というコメントがいっぱい流れていました。

「ああ…失敗しちゃった…また迷惑かけちゃった…。みんなごめんなさい…。」
そんな気持ちでいました。

でも本番が終わって、最強戦スタッフのひと達に「よかったよーあの棒読み!初々しかった!またよろしくね!」って言ってもらえました。

「ああ、よかった。こんな私でも、みんな喜んでくれるんだ。失敗してもいいから頑張ろう!」
という自信になりました。

今地方の麻雀店にゲストとして、まわっています。
そこで、まったく知らない方たちと知らない土地で麻雀をします。
私は全然有名じゃないのに、そのお店のスタッフの方やお客さんに
「松岡プロのファンです!」って言ってもらえたりするのです!
もう、とっても嬉しいです。

最初は地方の麻雀店に行くのも、とっても緊張していましたが、今では「みんなに楽しんでもらおう!」と思いながら、私自身も楽しんでいます。

このような、麻雀のお仕事で私の精神力は日々鍛えられています。
今までは、いろいろなことから逃げていましたが、これからは嫌なことがあっても絶対に逃げません。
戦って戦ってこの麻雀界をかえたい!そう思っています。
そして、有名になり「愛されるプロ」に私はなりたいです。

次は、対戦相手である!!!石田亜沙巳さんにエッセィをバトンタッチであります!
この、私たちふたりの最強戦が盛り上がるよう応援をよろしくお願いします★
あさちびちゃんターーーッチ!!