プロリーグ(鳳凰戦)レポート、未分類

第39期 A1リーグ 第8節C卓レポート

【鳳凰位A1リーグ第8節C卓 前田が+53.5Pの卓内トップ】

本日の対局者

前田直哉
一井慎也
古川孝次
西川淳

 

 

開始早々、一井に2局連続ドラ暗刻の手が入るが、2回とも前田ヤミテンで捌く。誰も大物手が決まらず、1,000オールが最高打点の小場で迎えたオーラス。
一井がダブルリーチ。
高め234の二索五索待ち。

 

 

しかしラス目の西川が3フーロで応戦。通る牌が増えた事により親番の前田もテンパイを入れ、片アガリの四索ツモ。1回戦は前田が1人浮きトップ。

 

 

前田は4回戦の親番でも4,000オールを決めてこの日4戦3勝。トータル3位に浮上した。

 

 

前田に悉くかわされ1回戦ラスを引いた一井だが、2回戦も手は落ちない。東3局に11,600をアガると次局は狙って待ちに選んだ六筒ロンで9,600は9,900を決め、2回戦トップを取る。

 

 

3回戦はイーペーコーになったタイミングでリーチを打ち、高めの四索をツモ。

 

 

一井は2回戦の大トップが効いて+24.4P。最下位を脱出した。

 

 

古川の選択に感銘を受けたのは4回戦東4局。古川は7巡目に四万七万待ち役ありテンパイを入れていた。

 

 

そこに前田がカン八万をチーして中の片アガリテンパイ。
古川はすぐに中を掴んでしまうのだが

 

 

ドラを1枚切って中単騎リーチに踏み切る。中がタンヤオでない仕掛けをした前田の手役に絡む可能性が高い事や七万が1枚減った事などが主な理由だと思うが、掴む前に判断を終えている打牌スピードだった。
結果は中を止められた前田が親番の西川に放銃。古川はアガれなかったが、この局の速報はTwitterを賑わせた。

 

 

古川は+0.3Pで9位キープ。トップはなかったものの次節以降に期待が高まる麻雀だった。

今回大きくマイナスしてしまったのは西川。2回戦東3局、親番一井のリーチにホンイツで追いつくが

 

 

テンパイ打牌の八筒で11,600の放銃。

 

 

これが一井上昇のきっかけとなり、1人で▲78.2Pを背負ってしまった。

 

 

次回A1リーグ第9節A卓は
2022/9/14(水) 16:00

藤崎智
勝又健志
西川淳
吉田直

解説 藤島健二郎
実況 古橋崇志

(文・吾妻さおり)