鸞和戦レポート

第2期鸞和戦予選①レポート

2022年3月6日、日曜日、第2期鸞和戦(らんわせん)1次予選、2次予選が開催された。

 

 

 

今回は全2会場で行われ、各会場卓数分+αが2次予選に勝ち上がることが出来る。
2次予選は巣鴨会場に集まり、Aリーガーシードを加え32名で3回戦行い、上位半数が4回戦に進むことが出来る。4回戦終了時1位はベスト16へジャンプアップ出来る。

Aリーグのシード選手

 

 

E1リーグ所属の大鹿糠文也が、4半荘で+113.3Pを出しベスト16へのジャンプアップを決めた。

 

 

トーナメント戦(2半荘)
A卓

 

 

 

北條恵美、桶本篤史、林潤一郎、手塚紗掬
北條 +27.1P
桶本 +17.3P
林 ▲2.1P
手塚 ▲42.5P

勝ち上がり 北條恵美、桶本篤史

 

B卓
 

 

 

土井悟、内川幸太郎、會田亮介、三浦智博
會田 +37.8
内川 ▲14.8
土井 ▲19.0
三浦 ▲24.0
勝ち上がり 會田亮介、内川幸太郎

以上の5名がベスト16への切符を手に入れました。

予選は残す2日間。
第2回目の鸞和戦のベスト16への進出を決めるのは誰になるのか!?
続報をお楽しみに。

(文、鈴木誠)