特集企画

天空麻雀22 女性大会決勝レポート 古川彩乃

今大会、憧れの天空麻雀の舞台に初出場させて頂きました、古川彩乃です。
プロになる前から視聴者として楽しんでいたこの舞台に、まさか自分が立てる日が訪れるとは・・・。
嬉しさと緊張と興奮で胸いっぱい、勝ち進んでどうにか爪跡を残したい!勝ちたい!そんな気持ちで出場した天空麻22のレポートをお届けいたします。

 

100

 

今大会もまた、とても豪華な顔ぶれの揃った予選大会。
各卓から上位2名が決勝卓への進出となります。

予選A卓

 

100

 

A卓出場者は宮内こずえプロ、魚谷侑未プロ、岡田紗佳プロ、そして私古川彩乃。
どうにか勝ち抜けたいと挑みましたが放銃が続いてしまい、三倍満ツモ条件で迎えたオーラス。なんと三倍満のテンパイまでこぎつけました!が、結果は敗退。

九索・・・ツモりたかったなぁ・・・。

A卓から決勝進出を決めたのは、魚谷侑未プロと岡田紗佳プロ。

予選B卓

 

100

 

B卓出場者は二階堂亜樹プロ、黒沢咲プロ、高宮まりプロ、古谷知美プロ。
Mリーガー3名と女流桜花という煌びやかで熾烈な卓を制し、B卓から決勝進出を決めたのは、二階堂亜樹プロと黒沢咲プロ。

そしていよいよ決勝戦が始まります。

 

100

 

Mリーガー4名での対決となった決勝卓。
起家から、初優勝を目指す黒沢咲プロ、久しぶりの優勝をしたいと意気込む二階堂亜樹プロ、初の決勝進出で勢いに乗る岡田紗佳プロ、何か爪跡を残したいと語る魚谷侑未プロという並びでスタート。

「誰がどこで勝負をかけるかが見所。」と解説の佐々木寿人プロのコメントも、見ごたえのある激闘を予感させます。

東1局は配牌から赤牌が2枚あった岡田プロと、軽快に仕掛けを入れた魚谷プロがアガリに向かいますが、親の黒沢プロと亜樹プロが冷静に守備にまわって流局。静かな立ち上がりとなりました。

親が変わって東2局、亜樹プロの親番。先程の静けさから一転、激流のような1局となります。まず先制でリーチを入れたのは黒沢プロ。

一万二万三万四万五万六万七万八万九万一索一索二索二索  リーチ  ドラ四万

一索二索のシャンポン待ち。一気通貫が完成している満貫確定のリーチ!
しかし親の亜樹プロにもテンパイが入り、リーチで追いかけます。

二索三索三索三索五索五索五索六筒六筒六筒七筒八筒九筒  リーチ

一索二索四索待ちで二索なら三暗刻が付きますし、黒沢プロの待ちの一索二索は自身のアガリになる為、放銃にはなりません。
どちらに軍配があがるのかドキドキしていたところに、更に岡田プロがテンパイ。

四万赤五万六万六万七万一索一索九索九索九索一筒一筒一筒  リーチ

ドラと赤牌でこちらも満貫級、黒沢プロと亜樹プロのアガリ牌の一索を使い切っての追いかけリーチ!
最初にリーチを入れていた黒沢プロが四索を掴んで亜樹プロへの放銃。めくられた裏ドラは暗刻の五索。リーチドラ3、12,000。亜樹プロが一歩抜け出します。

続いて東2局2本場は、親の亜樹プロが2つ仕掛けてこの形。

一筒一筒九筒九筒西西西  ポン一万 上向き一万 上向き一万 上向き  ポン九万 上向き九万 上向き九万 上向き  ドラ九索

これに対して魚谷プロもヤミテンを入れていたが、1枚切れの東を切りきれず撤退。
岡田プロも赤牌2枚の良い手牌だったがオリを選択。亜樹プロに追い付きたいが、だからこそしっかりオリという2人の選択が「どこで勝負をかけるか」という寿人プロの言葉を思い出させます。この局は流局。

東3局は黒沢プロのリーチに、ヤミテンを入れていた魚谷プロが一度まわってテンパイを入れなおし追いかけリーチを入れるが、黒沢プロが1,300・2,600の3本場をツモアガリ、3者に食らい付いていきます。

そして東3局。ここで再び大きく場が動きます。

11巡目、魚谷プロ

四万赤五万六万六万七万九万九万四索五索六索四筒五筒六筒  ドラ白

三色が確定しているヤミテンでも満貫のこの手をリーチとします。
下家の黒沢プロも同巡にテンパイ。

四万五万七万七万三索四索五索七索八索九索五筒六筒七筒

黒沢プロはヤミテンを選択しましたが、その後に引いてきた八万が放銃となってしまいます。裏ドラが1枚乗っての12,000。このアガリで魚谷プロが一気に亜樹プロに迫ります。

東4局、亜樹プロに追い付いた魚谷プロが親番を迎えます。
現在の点数は、
東家 魚谷プロ 41,400
南家 黒沢プロ 9,800
西家 亜樹プロ 43,400
北家 岡田プロ 25,400

この局、親の魚谷プロに2,000点リードをしている亜樹プロが仕掛けを入れました。

ポン発、ポン中・・・

この仕掛けを受けて3者は対応しながらの打ちまわしになりますが、親の魚谷プロは

六万七万八万六索七索二筒二筒二筒四筒六筒東東白  ドラ五万

この形の1シャンテン。そこに赤五筒を引き入れてテンパイを入れますが、テンパイを取るためには発中をポンしている亜樹プロに白を切らなくてはいけない・・・。

果たして、魚谷プロの選択は・・・?そして待ち構える結末は・・・?
黒沢プロと岡田プロの逆襲はあるのか!?

続きは本編でお楽しみ下さい!!!

放送予定

2月4日(木)21:00~(初)
2月6日(土)9:35~
2月11日(木)13:00~
2月18日(木)19:30~

女流プロ大会決勝戦
魚谷侑未・岡田紗佳・黒沢咲・二階堂亜樹

https://www.entermeitele.com/pachinko/tenkou_majong22.html