プロリーグ(鳳凰戦)レポート

第38期鳳凰戦B1リーグ開幕 セレクト卓レポート

この日のB1リーグSelect対局者は

猿川真寿
西島一彦
二階堂亜樹
三浦大輔

 

 

1回戦は起家西島が1人テンパイの後に3局連続アガリでロケットスタート。
東1局で48,600点持ちになり、そのままトップ。
2着は親番で3,900オール(+900)をツモった三浦。

 

 

2回戦は1回戦1人沈みの猿川がそれまでの劣勢をひっくり返す跳満ツモ。ラス牌の高め三色を引きアガってトップ。

 

 

3回戦の山場はこの局。現状ラス目の三浦が高め234三色のメンタンピンで先制。

 

 

この局の西島。
まずは6巡目に打三万。めいっぱいに受けた自然な一打。

 

 

しかしリーチ後にドラ四万を引く。くっつきで345が見えるが、三万フリテンなので微妙に行きづらい。

しかし唯一勝負しやすいドラ引きでリーチに踏み切り六万ツモで4,100オール(+1,000)のアガリ。

西島3、4回戦で2連勝し、この日4戦3勝を挙げた。

4回戦で浮きの2着となったのは亜樹。ドラ雀頭のイーペーコー。手変わりもあるためヤミテンとし、そのまま出アガリ。

 

 

亜樹にとっては厳しい1日だったが、2、3、3、2着で失点を最小限に留めた。

 

 

卓内トップは西島。全体で3位につける好スタート。

 

 

総合では現十段の柴田吉和が+124.6ポイントを叩いて暫定首位。早くも例年の昇級目標ラインの100ポイントを超え。柴田が残り4節をどのように組み立てるかも興味深い。

次回B1リーグは4/8(土)を予定しています。是非ご覧ください。

(文:編集部)