若獅子戦/桜蕾戦 レポート

第1期桜蕾戦ベスト8A卓レポート

【第1期桜蕾戦、ベスト8A卓勝ち上がりは内田みこ・中田花奈!】

3月22日(月)、連盟チャンネルにて第1期桜蕾戦ベスト8A卓が放送された。

対局者は内田みこ、中田花奈、香野蘭、夏目翠。

 

 

若手ながらいくつかのメディアで活躍している内田・夏目が新人の香野・中田を迎え撃つ格好だ。

対局が開始すると、なんといきなり内田が7連続のアガリで7万点のトップ目に!

 

 

この嵐の中4,900点持ちまで追い込まれた中田だったが、南3局には待ち取りに成功しリーチ一発ツモドラ3の3,000・6,000で戦線に復帰。

 

 

このアガリで1回戦は2着目まで浮上。この後も内田が展開をリードし、残り3人で1つの椅子を争う格好に。

勝負は最後までもつれ、最終戦オーラス時点では内田は実質的に通過確定。夏目は3倍満ツモor倍満直撃条件。香野は1,300・2,600ツモor満貫出アガリor3,200直撃条件。中田はアガるか流局で通過という条件に。

こういったオーラスはいざ蓋を開けるとテンパイを入れるのがやっとというケースが多いのだが、ここまでの桜蕾戦同様、ドラマチックなラストが待っていた。

まずは条件にもってこいの配牌を手にした香野が3巡目にピンフドラ1のリーチ!

 

 

これが山に5枚!この巡目でリーチを受けた中田としては気が気ではなかっただろう。しかし黙っていなかったのは夏目。15巡目に国士無双をテンパイ!

 

 

これが山にまだ1枚!しかし次巡掴んだのは香野のアガリ牌の八索
もちろん自らの勝利のために打ち出すしかない。香野としては出アガリの場合裏ドラ条件となるが、16巡目に打ち出されてしまっては見逃すことはできない。結果的には裏ドラを乗せることはできず、勝ち上がりは内田・中田という結果に。

 

 

内田「ここまで来たら優勝しかないです。細かいミスもいっぱいしちゃったので決勝までに調整したいです。」

 

 

中田「自分でも分かるくらいミスが多く、モヤモヤが残る対局でした。決勝では満足のいく、自分のできる限りが出せたらと思います。」

これで決勝メンバー4名のうち2名が確定。ここまで毎回劇的な展開が待ち受けている桜蕾戦。ベスト8B卓も、決勝戦も見応えのあるものになることは間違いないだろう。

決勝戦は3月29日(月)16時〜。是非ご視聴ください。

(文・浜野太陽)