文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

中級

一覧

第122回:中級講座『入りかた②~アガリを取りにいく~』 仲田 加南

2017/03/14
執筆:仲田 加南


たぶん確率で言えば、アガれるのは4回に1回が普通だと思います。(それ以上を目指していますが)
だから何局かアガれない局が続いてもあまり気にしません。
前回お話ししたように「良い入りかた」を意識して、貰った配牌の最大限を目指しつつ、最初から無駄な失点を控えるべく、丁寧に打つことを心掛けます。
だけどその確率を超えても(4局以上)アガれなかった時、このまま普通にやってもダメだなと、まずはとにかく「アガリを取りにいこう」と構えを変えてみます。

今年の初めに出場した、
夕刊フジ杯争奪・第11期麻雀女王決定戦[東日本リーグ予選第5節]

①東1局、親が4巡目リーチで2000オールのツモアガリ。
②続く1本場は西家が1副露して300-500(400-600)のツモアガリ。
③東2局は1副露ずつしている南家から西家へ8000横移動。
④東3局は親が8000オールツモアガリ。

その時の私は
①南家で受けて降り
②南家でリーチ(役ナシドラドラ)
③親番で降り
④北家でヤミテン(両面役アリ)

反省すべき点も見つからないまま、私だけアガれてないという理由だけで、13600点持ちのラス目になってしまいました。

そこで、東3局1本場。
私は動き出しました。

上家が6巡目に切った六筒をカンチャンでチー。
マンズを払って、ホンイツまっしぐら。
発も出たら鳴くつもりでしたが、出来れば上家から以外は鳴きたくない。(出来るだけ親のツモは増やしたくない)

 

100

 

そんな思いが通じたかどうかは分からないけど、次巡にラス牌の一筒を自力で引き入れ、カン八筒待ちのテンパイ。

そしてすぐに親がツモ切った八筒で「ロン!2000は2300」
と、初アガリを手にすることができました。

このアガリをきっかけに、4局連続でアガリ続け、なんと大逆転トップを獲ったのです!

 

100

 

ちなみに、六筒をチーした時、下家の親に六筒をツモ切られ、次巡アガリ牌の八筒もツモ切られてて「入ってるよ!!」と思われてるかもしれませんが、それじゃきっとダメなんです。
自力で六筒を引き入れてたら一筒が入らないし、上家が一筒をツモ切っても、六筒をスルーした以上、一筒からチーとは言えないと思うからです。

六万一筒二筒二筒三筒三筒五筒六筒七筒七筒九筒発発

7巡目でこうなってしまったら、面前で仕上げたくなっちゃいますよね。
そして一筒をスルーすると八筒が入って、一筒無しの一筒四筒待ち門前テンパイに。

それじゃあ、これまでの局と何ら変わらないんですよ。
そのうち誰かに追いつかれ、行くか降りるかの選択に迫られるだけだと思います。

「アガリを取りにいく」ためには(あくまでも私の見解です)
速度が凄く大事です。
そして高く見せないことも大事です。
(ドラ色のホンイツとかは難しいかなと思います)
なかなかそういう都合の良い配牌も貰えないよ!と思うかもしれませんが、まずは思い描いて、構えて、イメージすることがとても大事だと思います。

「何も(悪い事)してないのに負けた」
「負けたけど自分らしく打てた」
などと、あのまま負けてたら昔の自分は言ってたかもしれません。
だけど、、、
何も工夫とかしないから負けるんだよ!
我儘に傲慢に自分を通そうとするから負けるんだよ!
自分らしさなんて100年早いんだよ!
と、今は自分に厳しくやってるつもりです。
その甲斐あってか、最近は少しだけ柔軟な対応が身についてきた気がします。
不調時にいかに早く最善の対処・対応を選べるか、それが今後も課題です。