文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

中級

一覧

第128回:中級講座『映像対局のタイムシフトの活用』 浜上 文吾

2017/09/15
執筆:浜上 文吾


麻雀ファンの皆様こんにちは!
九州本部の浜上です。

前回は対局の順位や牌姿を思い出して記録し、自分専用の麻雀ノートを作成するというトレーニング法を紹介しましたが「順位は思い出すけど牌姿はなかなか…」というご意見がありました。
なるほど~、確かに牌姿を覚えるのは慣れないと大変ですね。
牌姿を覚えるためには数多くの対局を観戦してみることが簡単なことだと思います。そこで、今回は映像対局のタイムシフトを利用してみましょう。

約1年前、私がまだB1リーグ所属時の第33期鳳凰戦「B1リーグselect第2節」での対局です。
対戦相手は佐々木寿人プロ、寺尾威一郎プロ、鮎川卓プロ。(以下敬称略)
第1節終了時の成績は

 

 

と昇級が狙えるポジションですが、一筋縄ではいかない対戦相手です。

【1回戦】序盤に失点をして24,700持ちで南場の親をむかえます。

 

 

南1局0本場東家 24,700点
配牌

一万二万五万五万九万三索七索八索九索四筒五筒五筒七筒北  ドラ四万

あまり打点はなさそうですが比較的まとまっています。
方針としては、遠いですが345か789の三色狙いでしょうか?
6巡目までの牌譜

ツモ       ツモ切り二筒一万五索四索
捨て 北一筒九万二筒二万七筒

6巡目にカン四索ツモで1シャンテンとなり345の三色をみて打七筒

 

 

同巡に南家の鮎川から

西発三万八万南九索

この捨て牌で先制リーチがかかります。
すべて手出しのリーチで3巡目の捨て牌三万でドラが固まっていそうです。

一方の私はドラは無いがタンピン系の勝負手。10巡目にフリテンの七筒をツモり、リーチをしてすぐに六筒でアガリます。

 

 
 

 

結果、私のアガリとなりましたが、鮎川のリーチが気になりましたので見直したところ

鮎川
四万四万四万七万八万九万三索三索三索七索七索七筒九筒  ドラ四万

待ちは少し苦しいがドラが暗刻の大物手。

まずは結果から

五万五万三索四索五索六索七索八索四筒五筒五筒六筒七筒  ロン六筒  ドラ四万  +5,800(+1,000)

この2つの牌姿の覚え方を言葉で表現すると、次のようになります。

■鮎川の牌姿⇒ドラ暗刻の789の三色崩れ
■私の牌姿⇒タンピンドラなし

かなりざっくりと表現してみましたが、これを繰り返すことによって自然と牌姿が浮かんでくるようになるでしょう!
参考までに課題点も挙げてみます。
9巡目の手牌は以下

五万五万三索四索五索六索七索八索九索四筒五筒五筒六筒
   
相手のリーチを受けて現物は八索九索の2種類でオリるにしても安全パイが少ないので中抜きはしない。
フリテンターツ(例えば三筒四筒五筒五筒六筒)が残った場合の対処⇒ヤミテンを選択。
ツモ一索二索の時のリーチ判断は?⇒ツモ二索のみリーチ。

という風に広げるようにトレーニングしています。

ちなみに1回戦の成績
鮎川+15.6P
寺尾+5.2P
浜上+1.3P
佐々木▲22.1P

【2回戦】

 

   

場面は移って2回戦東1局東家 30,000点 
西家の佐々木がカン八万をチーしてホンイツ模様で、私の11巡目の手牌です。

一万二万三万六索七索二筒二筒三筒四筒四筒五筒発発  ツモ八索  ドラ二万

深い巡目でのテンパイ。
場況は三筒六筒は残り3枚、発は1枚。
かなり迷い打二筒でリーチ。結果、うまく対応され3,900放銃。

この牌姿も言葉で表すと
■私の牌姿⇒ メンツ系のドラ1、イーペーコーを崩してのリーチ
というような感じです。

課題点は
・悪かった点⇒発が1枚切れであったのに佐々木のマンズの仕掛けにひよってピンズのリャンメンテンパイにしたところ、二筒発のシャンポン待ちの方が発でアガれた時の打点が違いすぎる
二筒待ちも狙い目)
・課題点⇒相手によってひよる傾向にある(佐々木への苦手意識だろうか・・・)

2回戦終了時 
鮎川+35.0P 
寺尾+29.3P 
浜上▲16.8P 
佐々木▲47.5P

【3回戦】
  
 

 

西家 浜上 28,300点

二万三万六万七万七万九万八索九索六筒八筒南西北  ツモ二筒  ドラ六筒

急所が多くあまり良い配牌ではないので678の三色を狙いたいですよね。
6巡目までの牌譜

ツモ 二筒四索六索五索二筒七筒
捨て 北西九索南九万七万

当初の構想通りに6巡目にカン七筒ツモで1シャンテンになります。
効率だと八索ですが678三色をみて打七万

 

 
 

 

絶好の四万ツモでリーチをして7,700のテンパイです。
私のリーチを受け、親の鮎川

二万二万六万七万八万三筒五筒二索三索四索六索七索七索  ツモ八万  ドラ六筒

この牌姿だと多くの方は打八万として目一杯に受けるでしょう。ちなみに私もその選択をします。

しかーし!!
1シャンテンですが、鮎川は我慢強く(冷静に)現物の三筒を選択します。
おそらくですが、ヤミテンだと八万はツモ切りされ3,900のアガリになっていたでしょう。

 

 

この局は結果的にはリーチをしたことでアガリに結びつきませんでした。鮎川の冷静さが光ります。
私の牌姿の覚え方を言葉で表現すると
■私の牌姿⇒タンピンドラ1、678三色諦めリーチ。

二万三万四万六万七万四索五索六索二筒二筒六筒七筒八筒  ドラ六筒  流局

今まではこの牌姿でヤミテンを選択したことはなかったが、得点状況とアガリ率も考慮する選択も必要では?
というように課題点が見つかりました。

今回は映像対局を引用して、3つの牌姿を紹介しました。
それぞれの牌姿を言葉で表現してみましたが、表現できなかった枚数をまとめてみます。
【1回戦】
鮎川 ドラ暗刻の789の三色崩れ⇒四万四万四万七万八万九万七筒九筒????? ⇒5枚が不明です。

浜上 タンピンドラなし⇒五万五万???????????⇒11枚が不明ですがヒントは多いと思います。

【2回戦】

浜上 メンツ系のドラ1、イーペーコーを崩してのリーチ⇒一万二万三万二筒二筒三筒四筒四筒五筒発発???⇒3枚が不明です。

【3回戦】

浜上 タンピンドラ1、678三色諦めリーチ⇒二万三万四万六万七万四索五索六索二筒二筒六筒七筒八筒⇒ほぼ覚えることができました。

上記のように思いのほか牌姿を思い起こすことができます。
要点としてはドラ、待ち部分、手役の3つに注目することです。
これらは普段から皆様が対局中にも考えることと思います。そう考えると簡単に思えてきますね♪
私も普段から実戦対局はもちろんのこと、映像対局を振り返って日々トレーニングしています。
皆様も映像対局を観戦することでトレーニングしてみましょう!!