文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

中級

一覧

第64回『石橋を叩いて渡る』

2012/04/18
執筆:滝沢 和典


【石橋を叩いて渡る】

二万二万三万二索三索四索七筒八筒西西 ポン発発発

上の手牌から六筒-九筒をチーすれば「チーテンに側テンあり」、西をポンすれば「ポンテンに側テンなし」それぞれ最も有名なパターンに当てはまる。
このパターンに出くわすことは良くあることと思うが、もちろんこれが仕掛けのパターンの全てではない。
実戦では手役やドラも踏まえた上で考えるべきであり、様々なパターンに対応できるよう、もう一歩前から手牌読みをする必要がある。

≪例≫
64_01

南家が7巡目の八索を仕掛けて打五筒

『捨て牌にはソーズが高く、一色手の可能性もあるが、三色も十分あり得る。
序盤の打ち出しから、チャンタは消去して良さそうだ。ドラ側の六万が打たれているのでドラが固まっている可能性もある』

と、まずはこの段階で考えられることを大雑把に並べておく。
なぜ大雑把にするかというと、全てのマイナス要素について真面目に考えてすぎてしまうと、自分の打牌を制限してしまうことになるから。
相手の動向に左右されやすい、弱々しい打ち手になってしまうことを防止するために“敢えて”大雑把に考えるということである。

5巡のツモ切りが続き、手から二索が打たれる。

64_02

このとき、2シャンテンの東家の手牌には一索発が余っている状態。

東中は場に1枚づつ打たれており、仕掛けることができるかもしれない。
しかし、それは相手3人がアガリに向かっているならば、という条件があって成り立つことだ。

しかもこの深い巡目では、1種類は仕掛けることができても、その次の牌は期待が薄い。
親番をキープすることに意味はあるが、余っているのが一索発ではリスクが高すぎる。
つまり、この手牌ではもうアガリを期待してはいけないのである。

さて、ここで南家の仕掛けについてもう一度考えてみる。
2枚以上見えていない字牌は、発南西の3種類。4人の河にソーズが高く、手牌の中にはソーズが組み込まれている可能性が高い。
ソーズの枚数的に、南家の仕掛けが一色手かどうかは微妙なところ。南家が一色手なら、字牌が絡んでいそうだ。
(とはいえ、元々字牌は打たないのだから、今局では考えても仕方がないことではある)

7巡目、八索をチーした瞬間の打五筒についてはどうか。五筒二索の前に新しい手出し牌である。
最後の二索と合わせて、五筒が手牌に関連する牌だったら?と仮定して、南家の手牌が打点が高いパターンを考えてみる。

四索二索の切り順から、一索がトイツ以上であることがわかる。もちろん、単に二索四索のターツ落としだった可能性もあるが、ソーズの部分はほぼ一索一索二索と考えて良さそうだ。

【ある程度打点が高く、カン八索をチーして打たれた五筒(7巡目)が関連牌となるパターン】

a・五万五万一索一索二索四筒五筒五筒発発発 チー八索 左向き七索 上向き九索 上向き

b・五万五万一索一索二索五筒五筒六筒発発発 チー八索 左向き七索 上向き九索 上向き

c・五万五万一索一索二索一筒三筒五筒発発発 チー八索 左向き七索 上向き九索 上向き

d・一索一索二索一筒三筒五筒南南発発発 チー八索 左向き七索 上向き九索 上向き

(3打目に九筒が打たれているため、リャンカンのパターンは一筒三筒五筒のみ)

四筒-七筒のスジで5枚目となる七筒が上家から打たれているため、bは消去して良さそうだ。
また、ソーズの一色手の可能性がある南家に対して三索を打ち出した北家にも注意が必要だ。
11巡目という深い巡目に、ドラ側の六万を打った西家も気になる。

先ほど、「あれこれ考えすぎると弱々しくなる、だから敢えて大雑把に読む」と書いたが、
それはまだ情報が少なく、自分の押し引きの判断も微妙だった頃の話しで、この状況になれば話しは別。
東家の打ち手は、潜んでいる敵をくまなく探し、細心の注意を払ってオリる必要があるのである。

ここで答え合わせをしてみる。

64_03

南家はツモ五万で打二索としてテンパイが入ったところ。
1シャンテンの形は、

五万五万一索一索二索一筒三筒南南南 チー八索 左向き七索 上向き九索 上向き

cの形であった。もちろん南発はどちらが暗刻でも同じである。
三索を打った北家は、トイトイの1シャンテン、西家は三色に手変わる可能性があるテンパイが入っていた。

答え合わせをしてわかるように、南家の仕掛けを一色手と判断するのはまだ早い。
東家の立場では、安易に二筒などに手をかけることはもっての他で、むしろ二筒は本線の1つと考えるべきなのである。

このように、手牌と捨て牌を見比べて答え合わせをするのが、捨て牌読みの練習方法の1つである。
実戦では、手が開く前に相手の進行具合を読む。
仕掛けについては、場合によっては手牌を正確に読むことができる場合もあるので、必ず手出しツモ切りを見落とさないようにするのが大切なことだ。