文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

中級

一覧

第79回『心と対話』

2013/07/10
執筆:佐々木 寿人


201307中級講座:佐々木寿人

「心と対話」

今年も私の十段戦が終わった。しかも酷い負け方で。
レポートにもあったように、2回戦終了時、私のポイントはプラスの35P。
他の3者は全てマイナスである。
残り2戦ということと、勝ち上がりが2人であることを考えれば、ほぼ当確と言ってもいいくらいの条件だ。
 
マイナスしている3者は遮二無二前に出てこざるを得ないだろうし、ぶつかり合うなら静観という選択肢もある分、先攻した者はそれだけ有利なのである。

迎えた3回戦南2局、私の点棒は31,100。
中盤、親のリーチを受けた南家の私の手はこうなった。

九万九万一索二索三索四索五索一筒三筒三筒四筒五筒北  ツモ二筒  ドラ七索 

「捕まえてしまったか。」

麻雀とはほとほと難しいゲームである。
この局の序盤、私はカン五万のターツを払いわざわざカン二筒の受けを残した。
当時はまだピンズの形が一筒三筒三筒四筒であるから、普通は一筒三筒を払ってマンズには手を掛けないところである。

四万六万九万九万一索三索四索五索一筒三筒三筒四筒西  ツモ二索

にもかかわらず、敢えてマンズを払ったのは、親の2巡目に四筒が切られていたからである。
親から早いリーチが入れば四筒一筒で2巡は凌げるという算段があってのものだ。

ツモが効けばアガリには向かうが、どちらかと言えば対応の手組みである。
だが、のらりくらりやっている内にリーチを受け、カン二筒が埋まった。
北はリーチの安全牌であるから、当然これは切る。問題はどこまで突っ込むかである。

長いスパンで戦うリーグ戦なら悩む必要はない。自分の好調さを意識して、最後までぶつけに行く。
しかし、十段戦のようなトーナメントでこの姿勢を貫く必要性があるかと問われれば、答えは否である。
断トツで通過することに全く意味はなく、4回戦という括りでただ上位2名に入ればよい戦いだからである。

そして何より重要なのは、ここまでのポイント状況だ。
私はこの3回戦でも2着目をキープしており、リスクを負ってまで戦う局面ではないのである。

さて、実戦の経過は親が一発目をツモ切り、私のもとに八筒がやってくる。
全くの無スジである。止めるならここしかない。
というのは、これにブレーキが掛からなければ止める瞬間を逸するからである。
この八筒を勝負するのに、次の危険牌で止めるというのは支離滅裂というものだ。
様々な思いが交錯する中、結局私はこの八筒をツモ切った。

ここを制すれば最終戦がグッと楽になる、という気持ちが何より勝ってしまったのだ。
結果として、この八筒はロン牌にはならなかった。ならなかったが、私の胸の内は複雑だった。

「危ういな。」
 
先にも記した通りこの方法論を取ったなら、よほど状況が変わらない限りは真っ直ぐ行ったきりとなる。
全くもって危うい限りだ。

私は次巡も七万をツモ切り。これも当然当たっておかしくない牌である。 
だが幸いと言うべきかお声は掛からない。すると同巡、西家の切った四筒に北家が動き、二筒三筒四筒と晒す。
ここが突っ込んでくるなら、という思いも若干あったが、3者競りの状況でそこまでの精度があるかどうかは半信半疑である。

親を通過して私に流れてきたのは、安全牌。ならば今度は北家の動向を窺うことになる。
ここでよほど強い牌が出てきたり、ノータイムでのツモ切り(これも種類によるが)などなんらかのアクションがあった場合は、撤退という選択肢も出てくる。

しかし、実際は少考の後の四筒切りだった。
無論七筒と振り変わった可能性もあるが、私の目にはほぼ後退の一手のように見えた。
これを加味してどう戦うか。しかし、私の思考力は既に停止状態だった。

リーチを受けてからの打牌も流れ作業である。
もちろん全ての打牌に放銃の覚悟を持ってはいるが、大局を見据えていないことだけは明らかだった。

「ロン。11,600。」

3スジ目の八索がついに捕まった。

「何年同じことを繰り返すんだ!」

後悔しても後の祭りである。だが、それでもやはりこう思う。
麻雀は自分の心といかに対話ができるかだと。

私自身、攻守のバランスが上手く取れているときはこれができている。
心のブレーキペダルと言ってもいいかもしれない。

逆に、無様な負け方をするときは、気が先走って不用意な失点を重ねてしまっている。
言わば目先の損得に走っているということだ。

私はこれでまた1年間をムダにした。
反省は猿でもできるが、その代償はあまりに大きいものだった。