文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

上級

一覧

第96回『サバキの神髄②』 荒 正義

2014/12/16
執筆:荒 正義


②人のサバキ

「点」と「点」をつないで「線」のサバキができたら、次の課題は「人」である。
「人」とは相手であり対戦者だ。人をサバクには相手の打ち筋を見極め、色分けしておくことが肝心である。
麻雀の打ち筋は大きく分けると程度の差こそあれ、次の3種類。

1・攻撃型
2・バランス型
3・守備型

攻め麻雀の典型プロは、山井弘と1年前までの佐々木寿人である。
2人の攻めは強烈である。攻めで相手の手を曲げ(潰し)させ、アガリを拾いツキを奪って一気に主導権を握るのだ。

守備型の代表格にはA2に復帰を果たした藤原隆弘と現・鳳凰の藤崎智がいる。
藤崎本人は「違う」というが、こちらが受ける印象は「攻め」よりやはり「受け」である。
ただ彼の場合、受けから攻めの切り返しが速い。そして読みの精度が高くアガリの打点が高い。だから手強いのだ。

攻撃と守備その中道を行くのが対応のバランス型である。いわば攻めと守りの好いところ取りである。
滝沢和典がそうだし、多彩な「技」で相手をほんろうする沢崎誠もそうだ。
タイトルコレクターの瀬戸熊直樹前原雄大も攻撃型に近いバランス型である。私もそうだ。
打ち手の7割はこのバランス型に属する。これが色分けである。

*ヒサトに1年前と注釈をつけたのは、今は「守り」を取り入れてバランス型にシフトチェンジしているからである。

言葉の説明では分りづらいため、牌姿で示そう。
開局早々の東1局に親からリーチが入る。

西九筒 上向き九万 上向き二筒 上向き八万 上向き発五索 左向き??ドラ一索

この時、西家の手がこうだ。

一索一索三索四索五索六索七索八索九索二筒二筒四筒五筒??ツモ六筒

このときドラであろうが一索を叩き切る。危険度は一索三索九索も大差がない。競技ルールならヤミテンで、一発・裏有りのルールなら即リーチだ。
ツモって裏一なら跳満になる、と考える。もちろん、ドラの一索を取りに行くときは三索九索切りの追いかけリーチだ。即断即決、すぐに勝負と前に出る。これが攻撃型である。

守備型は二筒を切っての様子見である。開局なら運も勢いも手探りだから、ここで勝負の判断は急がない。
ここで親満を打てばこの半荘はもとより、今日1日の戦いが苦しくなる。これが守備型の考えだ。
さらに、この手にはまだ変化の余地があるのだ。例えばこうだ。

一索一索一索三索四索五索六索七索八索九索四筒五筒六筒

一索一索三索四索五索六索七索七索八索九索四筒五筒六筒

一索一索三索四索五索六索七索八索二筒三筒四筒五筒六筒

この手ならマチと打点は十分だし、反撃はそれからでも遅くはない。これが守備型の考えである。

では、バランス型の場合はどうだろう。
押し引きの判断は、相手と自分の勢いで決める。勢いとはツキ状態であり運量である。
しかしこの場合、開局したばかりで判断基準がない。だからそのときの直感と気分で決める。

一索を切ることもあれば二筒切りもある。
今日は固くいこうと決めたなら二筒で、勝ちに行くと思ったならば一索切りである。
もちろん三索九索切りのリーチもある。勝ちに行こうとすれば危険度が高くなり、固く打てば勝率が下がるのは百も承知である。
バランス型は態勢が決まるまで流動的で、他の型より打牌の選択肢が多くなるのだ。

しかし、どの型であろうと応手が変わらぬときがある。
西家の手がこの手の場合だ。

一索一索三索四索五索六索七索八索九索二筒二筒四筒五筒??ツモ三筒

ピンズが一路左によれば受けが広がる複合メンツだ。これなら打牌は安全で柔らかい二筒で、1シャンテン戻しとなる。攻撃型も恐らくそうだ。
ここまでが、型の分類と打ち方の違いである。これができたら「サバキ」は次の段階に進むことが可能だ。

同じく開局したばかりの東1局。攻撃型の親(山井かヒサト)から7巡目にリーチが入る。

西一筒 上向き中五筒 上向き一索 上向き八索 上向き七万 左向き??ドラ五万

この時、西家の自分の手がこうである。

三万四万六万六万七万二索三索六索七索二筒二筒七筒八筒

手牌はメンタンピン形でドラにも対応できる手だ。うまく決まれば678の三色がある。
当然、闘志満々である。満貫の1シャンテンになったら無筋でも1牌は勝負だ。

なぜなら親が攻撃型の場合、マチと打点が不十分でもリーチをかけてくるケースが多いからだ。
不十分でも攻めで相手を降ろし、流局でも親権確保でOKが攻撃型の考えだ。
そしてツモったら望外の利と、笑うことだろう。

そう易々と思惑通りには打たせるわけにはいかない。だから前に出る。もちろん、親が本手のときも稀にある。
「どっちなのか、見ようじゃないか!」の気分だ。
これが戦いであり勝負なのだ。

しかしこの時、南家の藤崎か滝沢からスッと三万が切られた場合は話が別である。
受けのしっかりした者が、親のリーチに一発で無筋を通すからにはそれなりの理由があるのだ。
打点も十分だしマチもいい。ヤミテンなら親の現物も危ない。
怖いのは親よりむしろ南家の方である。私ならそう考える。

したがって、次のツモがドラの五万でない限り、撤退して2人の勝負の行く末を見守る。
そして問題は、結果が出たこの後の構えである。
打ち合えば、アガった方をマークする。戦うなら負けた方とやるのが賢明である。

相手は傷を負っている分、態勢はこちらが有利だ。
相手の型を見、流れを見て戦う相手を決める。これが「人」のサバキである。

点と線。そして人と流れを見る。これでようやくサバキにふくらみが出て、立体形となるのだ。
しかし、まだ二合目の途中経過に過ぎない。

文中敬称略、以下次号。