文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

何を切る?

何を切る?fromロン2 2014年07月

2014/07/04


このコーナーでは、オンライン麻雀「ロン2」の協力のもと、プロ雀士とロン2ユーザーの解答をグラフを使って比較していきたいと思います。
多くのプロより、丁寧な解説をいただきましたので、みなさんの雀力アップの参考にしていただければと思います。

問題提供:「ロン2」  作成:杉浦勘介

ロン2道場ルール (一発、裏ドラ、カンドラあり、赤なし)
東3局東家 (色の濃くなっている牌はツモ切りです)

プロ

三索切り・・・21人
一万切り・・・19人
九筒切り・・・8人
八索切り・・・5人
九索切り・・・4人
三筒切り・・・2人
一筒切り・・・1人

 

 

ロン2ユーザー

三索切り・・・29.4%
八索切り・・・19.7%
九索切り・・・19.7%
九筒切り・・・13.2%
一万切り・・・10%
三筒切り・・・2.9%
七筒切り・・・2.6%
二索切り・・・2.3%
一筒切り・・・0.3%

 

 

プロ解答(50音順)

三索切り

魚谷侑未
「上家がソーズの仕掛けをしているので、鳴いてアガリに向かうことを考えて打三索。トップ目なので、何でもやりやすい状況。」

小車祥
「よりチャンタの確率を上げるためにリャンメンターツを外す。一索は場に2枚切れていて、上家からソーズは出てきそうにない。上家の河にソーズが余ってくるようなら無理に勝負はしない。」

岡本和也
「上家がソーズのホンイツのような河であるが、トップ目で親番ということから、フーロを考えて打三索(安目の四索も嫌いたい)。」

木戸僚之
「トップ目での親番ですが、一索を引くか鳴かない限りアガリは厳しいし、形も苦しいので、オリ気味に行きたい。南家、西家のリーチに対応したいので、三索二索落としで様子を見ます。二筒は鳴きます。」

黒沢咲
「上家の捨て牌に高いソーズを払って、仕掛けも考えつつ純チャン一直線で手を進める。」

白鳥翔
「前巡に三索を打っているので矛盾を感じるが、七対子を視野に入れながら純チャンを目指す。上家はソーズに寄っていると思うが、まだテンパイしていないと思います。」

瀬戸熊直樹
「上家がソーズ模様なので、一索がないと判断し、違う色で純チャンを狙う。手出しでソーズが出たら、それ以上進むかはツモと相談します。」

立花つくし
一索が2枚切れで四索が入っても安いので、純チャン一本狙いの三索二索落としです。」

ともたけ雅晴
「上家がソーズのホンイツ模様なので、他の色での方がアガリやすそう。」

中村毅
「純チャンに狙いを絞り、三索二索と落として行く。」

奈良圭純
「万が一の清老頭もあるので、老頭牌には手をかけづらい。役の確定するポンテン、チーテンは取ります。」

西川淳
「上家がソーズとは断定できないが、ソーズが高く2メンツを求めにくい。純チャンを見ていくが、トップ目であまり無理をしたくないので、アガリが拾えそうな場況にならない限り仕掛けない。ポンされにくそうな打三索から。」

羽山真生
「上家がソーズ模様のため、2枚切れの一索は自力も他力も難しい。よって三索二索と払って純チャンに決め、仕掛けも視野に入れる。」

日吉辰哉
「加点を目指し攻撃的に進める。上家はソーズのホンイツ狙いと思われ、場に一索が2枚切れていることもあるので、ここはソーズのリャンメンターツを払う。」

藤崎智
一索が2枚切れなので純チャン三色は見切る。点棒に余裕があるので、純チャンにこだわらずソーズ受けを嫌う。」

古川孝次
「最悪の四索ツモを断ち切るために三索二索払い。それによって、ポン材が一万九索九筒で3つになる。今現在点棒を一番持っているので、ポンと動いて前に出ても良いと思う。ただ、上家がソーズ気配で降ろしていく順番は三索二索の順となるが、二索ポンなどが入ったら少し様子を見て手牌を進める。」

松崎良文
一索の2枚切れも加味し、純チャンが崩れる四索引きを拒否。切り順は三索から。」

三戸亮祐
「純チャン狙い。上家に一索を持たれている可能性が高いので、ソーズのリャンメンターツを払っていく。前巡に通しているので三索から切る。」

宮内こずえ
一索が2枚切れていてチャンタが確定しないのと、上家がソーズ模様なので今のうちに外します。」

森下剛任
一索が2枚切れで上家がソーズ模様なので、思い切ってターツを外します。鳴きも視野に入れますが、ポンテン、チーテンの場合のみ仕掛けます。」

山井弘
「上家にソーズが高く、高目の一索が2枚切れということもあり、好形ではあるがソーズのリャンメンターツを外します。持ち点から状態良しと判断し、純チャン狙いで攻め抜きます。」

 

 

一万切り

鮎川卓
「リードしている東場の親。純チャンが崩れようと、メンゼンで仕上げリーチで決めたいです。」

石渡正志
「三色の狙いも含む打一万四索の受けが残っているので、執拗に純チャン狙いにはしない。」

井出一寛
「トップ目の親。六筒引きなどもあり、メンゼンリーチ狙いで手を進める。」

井出康平
「仕掛けがなければ打九筒としたいが、受けながらもそこまでロスのない打一万とする。」

加藤博己
一万が場に1枚切れであること、上家にソーズが高いこと、ピンズの上目も場況に対して高いことから、場に影響を与えない一万ツモ切りとする。空切りしないのは、手役を読まれないようにするため。」

近藤久春
「上家にソーズ、下家にピンズが切りにくい状況。しかし親なので手なりで。」

佐々木寿人
「狙いは一つだが、ツモ八筒などの手牌の安定を見て。」

猿川真寿
一索四索は厳しい受けになりそうだが、トップ目の親ということもあり、ドラも1枚あるので手広くしたい。」

沢崎誠
「雀頭は九索 or 九筒で十分!一万の雀頭は不要、しかも安全です。よく見れば1メンツ主張する程の手牌ではないようです。」

滝沢和典
「純チャンにはこだわらず、手広く構えておく。」

刀川昌浩
「上家の仕掛けを評価して、受けを意識しながら。」

童瞳
「上家対応でマンズを落とし、純チャンを目指す。二万三万を引けば、123の三色も視野へ。」

藤原隆弘
「ソーズに染めている北家にチーはされないので、三索二索もしくは八索を切って他の色にアガリを求める手もあるが、一索四索七索の裏目を引いたらアウト。ここは1枚切れの一万を外しておき、うまくいけば純チャンでダメ押しのアガリになるし、良い待ち(六筒九筒九索の変則3面形など)になればリーチで決めに行く。」

前田直哉
「純チャンは少し厳しそう。とりあえず打一万。」

前原雄大
「結果として五万を暗刻被りしている以上、上家の一色を意識して半身の構えとする打一万。持ち点からしても、打一万で悪い結果は招かないと思う。」

森山茂和
「純チャン三色を見る。二万三万引きを考えたい。」

安村浩司
「純チャンになればうれしいが、親で点数もあるので素直に好形変化に対応できる形を残す。三元牌は状況によって止める。」

山田浩之
一万が1枚切れているので素直に純チャン狙いで。一索だけは仕掛けます。」

和久津晶
「リーチをかけたいので。ソーズを並べると、リーチ後に西家がソーズを下ろす可能性がある。」

 

 

九筒切り

蒼井ゆりか
「純チャンに仕上げたいので、六筒がきてもあまりうれしくないのと、それ以外の受けは残したいので打九筒九筒一万の比較で一万の方が山に残ってそうなので。」

吾妻さおり
六筒の受け入れはあまりうれしくないので、九筒を1枚外しておき、七筒八筒を引いたらイーペーコーや七対子も見る。思い通りにならなそうなので無理はしません。」

内川幸太郎
「ドラ八筒だが、純チャン一本に絞って九筒を1枚浮かす。ドラをもう1枚引いたら、ソーズの下を払います。」

柴田弘幸
「他家に六筒九筒受けはあるかもだが、直線的に打つ。メンツオーバーの一万引きに違和感があれば、一万切りも考える。」

二階堂瑠美
「最終形は123の三色、九索雀頭の純チャンが理想ですが、北家の仕掛けも考慮しつつ、七対子になったら対応します。トップ目なので、無理はしないです。」

浜上文吾
「純チャン狙い。六筒ツモを拒否するために打九筒一索は仕掛けますが、メンゼンで手を進めたい。」

安田麻里菜
「純チャンにしたいので六筒はいりません。」

王政芳
「ドラ八筒にも対応できる形になるから。」

 

 

八索切り

荒正義
「上家がソーズに見えるので、ソーズの形を決める。純チャン崩れでもリャンメンテンパイならばリーチも可。」

大庭三四郎
「牌の来方がトイツっぽいので、純チャンを見ながら、暗刻手も視野に入れつつ手を進める。」

ダンプ大橋
「ソーズを今のうちに切る。アガれるかは微妙ですが、どうせなら純チャン三色やトイツを見据えて。」

仲田加南
「上家にソーズが高いので、ペン七索は拒否。でもトップ目の親番なので、目一杯アガリに行きます!」

福光聖雄
「上家のホンイツの速度は読めないが、今のうちにソーズを払っておきたい。次の有効牌を引いたら九索のトイツ落としの予定。」

 

 

九索切り

紺野真太郎
「純チャンの2シャンテン。6ブロックに受けて逃がさないように。」

仁平宣明
「上家がソーズ、下家がピンズの一色模様なので、この後手詰まらないように九索を処理しておく。ネックが多い形なので、アガリまでは厳しそう。」

望月雅継
「どの切り順で純チャンを決めるか、ということだろうが、上家が四万をツモ切っているだけに、六索に合わせる形で九索を渋々切る。一万一万九索と切るか、九索一万一万と切るかの違いなのだが、局面が進んでからソーズが押し出されるのが嫌なことも理由の1つ。」

山口大和
「ターツは足りているが、どこも弱いので、一度6ブロックに構えて取りこぼさないようにする。狙いは純チャンだが、崩れても真っ直ぐアガリへ向かう。」

 

 

三筒切り

二階堂亜樹
二筒が1枚切れでピンズが高くなりそう(なってる)ので。トイツ手への変化もある。」

藤島健二郎
「どれを切っても純チャン狙いが成り立つので、他の保険のかかった三筒一筒外し。」

 

 

一筒切り

勝又健志
五万を切った以上、純チャンを狙うのが筋ではあるが、親番のここは好形リーチを目指したい。」