文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

何を切る?

何を切る?fromロン2 2014年09月

2014/09/04


このコーナーでは、オンライン麻雀「ロン2」の協力のもと、プロ雀士とロン2ユーザーの解答をグラフを使って比較していきたいと思います。
多くのプロより、解説をいただきましたので、みなさんの雀力アップの参考にしていただければと思います。

問題提供:「ロン2」  作成:杉浦勘介

ロン2道場ルール (一発、裏ドラ、カンドラあり、赤なし)

東1局1本場北家 (色の濃くなっている牌はツモ切りです)
※南家は白を鳴いて打五索発を鳴いて打一筒

 

プロ

七索切り・・・31人
八筒切り・・・12人
四万切り・・・11人
三筒切り・・・2人
二筒切り・・・1人

 

ロン2ユーザー

八筒切り・・・53.2%
四万切り・・・18%
七索切り・・・16.3%
五筒切り・・・4.7%
二筒切り・・・3%
六筒切り・・・3%
三筒切り・・・1.7%

 

 

プロ解答(50音順)

七索切り

吾妻さおり
「仕掛けの現物の七索を切り、次とその次のツモを見る。四筒三万五万を引くようなら勝負する。二万引きの234はヤミテン。一筒九筒引きなら現状維持のツモ切り。」

鮎川卓
「勝負するには対面に対し無筋を2牌以上押さなくてはなりませんが、この手はそのリスクに見合っていません。七索を切って回り、マンズにくっついてから勝負します。」

伊藤優孝
「うまくマンズにくっついて三色になれば良しで、ここは七索を切って様子を見ましょう。四万は切らない(切りたくない)。」

魚谷侑未
「南家は七索5とカンチャンターツを払った後に発を鳴いて打一筒。その前の手出しNから本線はホンイツと読みます。そしてほぼソーズ受けのない形のテンパイでしょう。ここは四万八筒で当たると高いので、七索をトイツ落としします。ピンズが高く一筒四筒七筒の2度受けもあるので、戦える1シャンテンと思えません。」

勝又健志
中発と切った以上、攻めるのが筋ではあるが、対面の2フーロに押し返すのに見合っていないので、様子を見る七索切り。」

加藤博己
「この手を真っ直ぐ進めてもアガれるイメージがないので、いったん打七索とし様子を見る。」

木戸僚之
「点数がノーテン罰符しか動いていない東1局で、この手から四万やピンズを南家の手にぶつけるには見合っていない。後々苦しくなりそうな手格好ではあるが、現物の七索落としから、最高形のタンピン三色を目指す。もしピンズの形でテンパイしたとしても、通ってない限り四万は打たない。」

黒沢咲
「自分の手がそこまで勝負手でもないので、もう危険牌は切りません。」

越野智紀
「対面の仕掛けに対応。余る可能性がある四万六筒八筒がどれも危険。四筒三万四筒七筒八筒などを引いたら1枚勝負してリーチ。」

近藤久春
「南家はピンズのホンイツ。西家は中を切るくらいなのでテンパイ。七索は怖いのだが様子を見ながら。」

猿川真寿
一筒手出しでマンズのホンイツはなさそうだが、ドラまたぎの四万は打ちづらく、ピンズも切りづらいので、現物の七索をとりあえず切る。」

沢崎誠
「南家は序盤を見ればマンズ本線だが、手出し一筒を見てマンズ、ピンズは切りたくない!現物の七索切りの一手!!」

柴田弘幸
「ピンズ3メンツは厳しいと見て、様子見の打七索。」

白鳥翔
「対面は七索五索のカンチャンターツ落としが入っているが、テンパイが入っているかは断定できない。真っ直ぐに打つなら打四万だが、自身が一筒四筒七筒の二度受けであることを考えると押しにくく、ここは打七索として、234の三色を見ながら柔らかく構えたい。」

須浦正裕
「456を狙いつつ、ドラ雀頭やドラメンツを使ったピンフやリャンメンテンパイでも良しとする。下家の動向も視野に入れたい。」

鈴木秀幸
「南家が最終手出し一筒のためほぼテンパイ。それに対し中をぶつけた西家に、七索が当たる可能性はもちろんありますが、正直他に手をかける牌がないです。ピンズで放銃した場合12,000まであるし、自分の手が後手を踏み魅力的な手ではないので、いったん引きます。」

滝沢和典
「南家の手出し一筒でピンズは打ちづらい。とくに二筒、次に五筒の危険度が高い。」

ともたけ雅晴
「対面は役牌2つ鳴いてテンパイしたと思われるが、ホンイツはあるとしたらピンズで、自分の余るピンズが当たり牌になる可能性も高いし、マンズのドラ周り、とくにドラ表示牌の四万は切りづらいので、東1局だし様子見も兼ねて。」

仲田加南
「この形からの放銃はしたくないので、南家の現物の七索で回ります。あらためて勝負手になった時に1枚くらいの勝負ならするかもしれませんが。」

西岡慎泰
四万を切るには、危険度と自分の打点が見合っていない。マンズでドラ絡み満貫となる手になった場合のみ勝負する。」

仁平宣明
「打牌の一貫性はないが、ピンズには手を付けづらい。三元牌を全て押してからの七索は消極的ではあるが、仕掛けを入れられてしまったからには受け気味に。三筒六筒発の仕掛けの前に通っているので、テンパイからの待ち替えは考えにくい。となると二筒雀頭のドラまたぎあたりかな?」

福光聖雄
一筒四筒七筒の二度受けではアガリづらいのでピンズを外したいが、対面に対して切りづらい。七索をトイツ落としして、マンズで1メンツができれば六筒を勝負したい。」

藤島健二郎
「手牌は悪くないが局面的には凡手。オリの一手。」

古川孝次
「ここでピンズを払って行くよりも、七索を落として様子を見る。南家の仕掛けへの放銃を回避するのが先決。展望としては234の三色が見えるが、遅すぎるきらいがある。」

前田直哉
「対面をケアして、七索切って様子見。」

村上拓也
「好形の1シャンテンとはいえ、ドラもなく、押し返すには厳しい形である。現物の七索切りで234三色、ドラ受けを残すことができるので、その後のツモを見て勝負する。」

安村浩司
「南家は三筒に反応していないため、ピンズの形と待ちの形を特定できないが、1~4巡目にターツ外しをしているため、テンパイと読む。ドラがくっついてのテンパイのみ押し返す。」

山井弘
「すでに対面に先手を取られ、手役があるとすればピンズのホンイツが本線。もちろんドラ周りも十分にあるため、ピンズが切りにくくなった以上、ここはドラそばの四万も温存し、ぐるりと迂回するしかない。」

山田浩之
「タンピンイーペーコーの1シャンテンだが、ピンズは二度受けでタンヤオも確定していない。対面の仕掛けは待ちもスピードもわかりづらいが、四万八筒も危ないので1回受ける。」

和久津晶
「作り直し!ピンズで雀頭はいつでも作れそう。」

 

 

八筒切り

安達紘文
「勝負手なので対面の仕掛けは怖いけどアガリに行きます。四万残しは234とドラ引きの打点上昇のため。また、七索五筒ツモでリーチのみの手に終わらせたくないので。」

荒正義
「ドラの指示牌は危険。だが四筒ツモなら勝負か。」

和泉由希子
「ドラを使うか三色を見たいので四万は残したい。イーペーコーでもうれしい。一通は見ません。」

櫻井秀樹
「東1局だしひとまずベタオリはしない。そもそもベタオリする牌も十分にない。四万はできれば勝負したくないので、くっつけばピンズを払う。」

佐々木寿人
四万の横にくっついたら三筒二筒を落としてメンタンピンへ。棒テンには構えない。」

刀川昌浩
「南家に対してマンズ以外は押して行きたい。」

羽山真生
「ドラ受けを残しつつ1シャンテンを維持。ただし自信のない形ですね。」

一井慎也
「ここまで手を進めさせて、下手に回してアガリ逃しから大物手を決められることが罪だと思うので、すぐの一筒四筒七筒はテンパイに取りたい。数巡のあいだの四万、もしくはピンズ2牌での放銃は覚悟。」

古橋崇志
「対面の仕掛けに対してぶつけていくので、打四万では打点が物足りない。最高形のタンピン三色、またはタンピンイーペーコー狙い。」

増田隆一
四筒七筒引きで即リーチを打てるように。五万を引いたら二筒三筒と払って手を組み替えます。」

宮内こずえ
「234の三色を見つつドラ引きにも備えて。」

四柳弘樹
「ドラ引きに備えてまだ四万は切りたくない。一筒四筒七筒を引いたら素直にテンパイを取る。」

 

 

四万切り

石渡正志
「三色同順やドラは確定する形となっておらず、効率通りに打四万。」

内川幸太郎
「開局ですし、目一杯に構えます。八万九万ツモ切りの後の手出し南一筒からマンズのホンイツも薄れるので。南家の手は3,900くらいかな。」

黒木真生
「打四万五万をツモったらやめる。」

瀬戸熊直樹
「行きがかり上、ピンズは勝負牌にしたい。四筒が入れば打八筒勝負とする。」

中村毅
「まだ東1局なので、1シャンテンに受け、アガリに向かう。」

奈良圭純
「あまり勝負したい手牌ではないですが、とりあえず手広く。」

西川淳
「南家の最終手出し一筒には必ず意味がある。【パターン①関連牌残しの場合】トイトイかピンズが後で伸びてのホンイツが怖い。【パターン②親の現物残しの場合】ロスを承知で残す程度の手だったらそれ程怖くない。パターン一筒が怖いが、だとしたら待ちがまだ絞れない。オリるより自分がアガりに行った方が優位と見る。最速の四万切り。」

藤原隆弘
「対面は白発ポンで自風の南一筒が手出しであるため、ピンズのホンイツでテンパイしている。上家は中まで切ってきているので、好形か高いヤミテンが入っていると読める。そうするとこの手はアガリに向かうには難しく、危険である。オリたいのだが、上家の当たり牌が読めないのでとりあえず1シャンテンに取るが、決して無理はダメである!」

前原雄大
「上家の打中は許可せざるを得ないところだが、対面を基点に考えればピンズにも手が付けられない。結局はオリに向かうことになるのだろうが、ここは瞬間押してみる。」

三戸亮祐
「対面の最終手出しが一筒のため、二筒三筒も打ちにくい。ソーズ落としも手詰まりになる可能性があるなら、ここで四万を勝負して手広く構える。」

望月雅継
「もちろん手役や打点も追いたいが、さすがにここは型を組んでいく場面ではない。ぎりぎりまで戦うつもりで打四万。」

 

 

三筒切り

小車祥
「南家は一色手ではなさそうなので、ドラ周辺やトイトイになりそうな牌では放銃したくない。それでも西家の打中がなければ素直に四万切りにするが、自分が中を切った後に一度手出しを入れてからRを鳴いた南家に対して中を切ってきている西家も見て、ここは三筒切りとする。」

ケネス徳田
「小三元のリスクもあるのに中を打ち出してきていることから、西家は明らかに役有りテンパイ。しかもアガリやすく打点もある。この手はとりあえず受け。西家の切った三筒をポンしていないので、南家に三筒のトイツはない。」

 

 

二筒切り

二階堂亜樹
一筒が弱いのと、四万を切るとその後のマンズに対応できなくなるのが嫌です。危ないし。二筒も通ってないですが、ポンで出た一筒なので。ピンズのホンイツでもなさそうなので。」