文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

何を切る?

何を切る?fromロン2 2015年5月

2015/05/06


このコーナーでは、オンライン麻雀「ロン2」の協力のもと、プロ雀士とロン2ユーザーの解答をグラフを使って比較していきたいと思います。
多くのプロより、丁寧な解説をいただきましたので、みなさんの雀力アップの参考にしていただければと思います。

問題提供:「ロン2」  作成:杉浦勘介

ロン2道場ルール (一発、裏ドラ、カンドラあり、赤なし)
東1局東家 (色の濃くなっている牌はツモ切りです)

プロ

六筒切り・・・22人
五万切り・・・3人
一索切り・・・3人
二索切り・・・2人
四筒切り・・・1人

ロン2ユーザー

六筒切り・・・47.6%
五万切り・・・22%
一索切り・・・13.6%
四筒切り・・・8.9%
二索切り・・・5.8%
一筒切り・・・1%
二万切り・・・1%
六索切り・・・0.5%

 

 

プロ解答(50音順)

六筒切り

荒正義
「三色狙い。」

内川幸太郎
「123を追います。ドラ無しなので、五筒が埋まれば、五索六索と切っていきます。」

客野直
「ピンフと三色の天秤に取る。五筒が埋まれば、素直に一索二索を落としていく。」

近藤久春
六筒四筒とはずしていく。本線は三色だが、途中五筒が埋まるようなら、一索二索切りでピンフ狙い。」

紺野真太郎
「123の三色狙いで、五筒先引きの場合、一索二索のペンチャン落としもあり。」

佐々木寿人
「狙いは123だが、平たくピンフの構えに取る。」

猿川真寿
「ドラも使いにくい形なので、三色は付けたい。先に五筒を引いた時も、周りが特別速くなさそうなら、ソーズのリャンメンを払う。」

柴田弘幸
「ピンフの手組の基本だと思う。先に五筒が埋まった場合は状況でピンフか三色を選ぶ。特に情報が無ければ、一万引きにかけて、打五索六索と大きくいきたい。」

瀬戸熊直樹
「123の三色を本線にするが、五万を切ると一万四万が裏スジに入るので六筒切りとします。」

滝沢和典
「狙いは123。裏スジを目立たせない(一万四万)。」

ダンプ大橋
一万を引けば三色確定、五筒ならピンフとなる六筒切り。ソーズを払うのはもったいない。」

仁平宣明
「先に五筒四万を引くようならソーズの一索二索外し。それ以外のツモは三色を見て四筒六筒切り。」

浜上文吾
「123の三色を狙いながら、ピンズの上が伸びればタンピン狙いにします。仕掛けは考えずにメンゼンで手を進めます。」

藤原隆弘
「123の三色を狙って前巡一索切りとしたなら、三色目はまだ残しておくべき。先に五筒を引くようならば二索一索と落としてのピンフ狙いで良しとする。したがって六筒切りとなるのだが、ツモ切りするより手出しとしたい。」

古橋崇志
「123の三色を見て六筒六筒四筒と払っていくのが本線ですが、次に五筒七筒を引いたら、123は見切って一索二索を外し、タンピンや456の三色を狙います。」

前田直哉
「他に切る牌がない。」

前原雄大
「一応三色を視野に入れ。」

松崎良文
「123三色本線。ツモ五筒なら五索六索切り。」

三田晋也
「三色はもちろんですが、親番なので河にメンツを落とさぬように。」

安村浩司
「前巡に一索を切っているので、三色狙いを続行。」

吉田直
「123の三色狙いだが、五筒を引いた場合は一索二索落としでメンタンピンを狙う。」

吉野敦志
「三色を見ながら、一通も見て。」

 

五万切り

柴田吉和
「最高形の三色を見て。次巡に五筒をツモったら、三色を見切って柔らかく二索を切ります。」

古川孝次
「狙いは123の三色である。四筒切りとの比較は、四万ツモから456の三色に切り替えていける点で柔軟性に長けていると考えるため。」

望月雅継
「アガりたいだけなら、一索二索のペンチャンを払う一手。ここは開局なので大きく構える。123を本線に、タンピン移行からのまさかの456も取りこぼさないように。雀頭はまだ決めないつもりで。」

 

一索切り

伊藤優孝
「タンピン三色が見える。456で。」

勝又健志
「一発、裏ドラ有りなので、好形リーチを目指していく。」

山井弘
「東1局の親番なので、自然な形で手を進めます。三色(123)にはこだわらず、手なりでアガりやすい形を求めて進めます。親なので、多少苦しい形でもリーチで先行したいですね。」

 

二索切り

魚谷侑未
「親なので三色は見ず、リャンメンでリーチを打つことを目指します。」

沢崎誠
「三色は捨てて悪形のペンチャンを落とす。ピンフ形を求めながら、二万三万四万五万五万五索六索七索二筒三筒四筒六筒七筒八筒のような形などを目指す!!」

 

四筒切り

小島武夫
「一応四筒を切って123の三色を狙う。そして五万の対子切り。」