文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

何を切る?

何を切る?fromロン2 2015年12月

2015/12/02


このコーナーでは、オンライン麻雀「ロン2」の協力のもと、プロ雀士とロン2ユーザーの解答をグラフを使って比較していきたいと思います。
多くのプロより、丁寧な解説をいただきましたので、みなさんの雀力アップの参考にしていただければと思います。

問題提供:「ロン2」  作成:杉浦勘介

ロン2道場ルール (一発、裏ドラ、カンドラあり、赤なし)
東2局西家 (色の濃くなっている牌はツモ切りです)

プロ

五万切り・・・14人
三索切り・・・13人
四万切り・・・11人
七索切り・・・11人

 

ロン2ユーザー

七索切り・・・27.3%
五万切り・・・26.4%
三索切り・・・24.7%
四万切り・・・20.8%
六索切り・・・0.9%

 

プロ解答(50音順)

五万切り

蒼山秀佑
「打点を追うなら三索、手広くなら四万だが、自分の捨て牌にソーズが切られてなく、後のリーチを考えた時に、三万六万四筒七筒を強くしたいので、先に五万を切っておく。」

伊藤優孝
「タンピン三色とイーペーコーで良し。」

内田美乃里
「タンピン三色を見て。」

清原継光
七索が2枚切れなので、目一杯に受ける価値が低く、タンピン三色の余剰牌の五万を先に打ちます。三索は親の現物なので残します。四万七索も(現状)必ず通る牌だけど、勇気を出して踏み込みます。」

ケネス徳田
二索五索八索の3メンチャンがそこまで良いとは思えないので、456の三色本線で。」

天音まこと
「最終受けが三万六万か高目三色になったらリーチにいきたい。二索五索八索より三万六万の方が強く見えるため。ドラのない手なのだから、なるべく高く持っていきます。」

二階堂瑠美
「三色同順にしたいです。456!」

西岡慎泰
「狙うはタンピン三色のみ。他家に動きがない状況で五万を引っ張ると、三万六万が読まれやすくなってしまうため。」

平岡理恵
「ピンズは六筒八筒を捨てているのでこのままの形にしておき、456の三色が狙える形になったので三索を入れ替えたいが、ソーズが高い捨て牌になっているのに、三索を捨てた後に五万が手出しで出てくるとマンズ待ちが目立ってしまうので、四万五万のターツ落としをわざと見せておき、次巡三索を切る。」

藤原隆弘
「アガることを優先するなら、四万切りが最も広くメンタンピンやイーペーコーも狙えるが、ここは跳満の可能性を求めて五万切りとし、456三色を狙う!九万八万四万五万と並べた河は六万の出アガリも期待!」

古橋崇志
「456の三色とタンピンイーペーコーを見て。七索が2枚切れなので三索ではなく五万から切り、ピンズが雀頭になればメンタンピンで妥協する。」

望月雅継
「ソウズが一見すると良く見え、七索を切るなら今しかないが、この手をもらったらMAXに仕上げたい。目立ってしまうが、四万五万と並べたい。タンピンイーペーコーは保険程度に。」

山田浩之
「タンピン三色狙い。待ちは薄そうなので、リーチはしない。」

吉田直
「456の三色を見て五万切り。」

 

三索切り

石渡正志
「自分の捨て牌の打六筒八筒より、四筒七筒の二門は固定しなくてはいけないと思う。よって456三色狙い!」

客野直
「456の三色を見つつ、状況によってはポンテンも取る。」

紺野真太郎
「456の三色狙いで三索五万だが、前巡の四万切りから並べるよりは少しでもニオイを消すために五万の切り時を考える。」

猿川真寿
「ソーズは場に安く一番強い受けだが、他の色も特別悪くないので三色は残す。」

嶋村泰之
三万六万受けと二索五索八索受けの枚数に大差がないため、打点重視で打三索。」

ともたけ雅晴
「456の三色とリャンペーコーを見ながら、ドラを持ってきたら七対子も視野に入れる。」

浜上文吾
「どの選択をしても裏目があるので、最高打点の456三色狙いで打三索。鳴かずにメンゼンで手を進めます。」

羽山真生
「最終形が二索五索八索なら八索が良さそうに見えるが、三万六万の待ちも同様に悪くない上に打点もあるので、打三索とします。」

福島清子
「真っ直ぐ456の三色へ向かいたいです。」

古本和宏
「東場なので手役を追いたい。456三色を目指して。」

松岡千晶
「456の三色!一番手順的に速い。」

安村浩司
「456の三色を残す。七索が2枚切れなので、次巡安全牌を持ってきた場合五万を先打ちする。」

四柳弘樹
「456の三色が残っていて受け入れもリャンメン2つなので、少しせまくなるくらいは打点でカバーできるから。」

 

四万切り

魚谷侑未
「巡目も巡目なので素直に。456の三色はありますが、場面的に三万六万より二索五索八索が強そうなので。」

石原将樹
四万が通っているのと、マンズ、ピンズ、ソーズのどれも山に残っているのが大きな理由です。ドラは見えていませんが、点数もないわけではないので。」

和泉由希子
「3メンチャン・・・好きだし。」

勝又健志
四筒七筒のターツを振り替えるのが厳しいので、シンプルにアガリに向かう。」

近藤久春
五万を切りたいが、確実に通る四万切りでタンピンイーペーコー狙い。」

佐々木寿人
「手役派としては三色も狙いたいところだが、まずは受けの広さとメンタンピンを重視する。」

沢崎誠
「上家、下家には五万は切りやすく、456の三色を見ての五万切りは魅力がある。しかし、対面の三万切りに対しては、前巡に四万を通しているので、四万は安全牌であり、七索も現在安全牌だが、四万の先切りが良いと思う。」

手塚紗掬
「ソーズの待ちが良さそうだから。リーチをかけてツモりにいきたいです。」

中村慎吾
「一発、裏ドラ有りなので、456の三色は見切り、受け入れ枚数重視で打四万。」

東谷達矢
「対面の3枚目の南手出しや上家の一索オイツ落としを見ると、どちらかにドラ暗刻のテンパイが入っていてもおかしくない。前巡通した四万を切り、その後の方針(リーチ、鳴いての捌き、オリ)は引いてきた牌や他家の動向次第とする。」

一井慎也
「三色は見切りメンタンピンで良しとするが、六索引きで打三索のリャンペーコー形、発引きで七対子形を残すために七索は合わせません。」

 

七索切り

鮎川卓
「巡目も深いので456の三色は見切り、強い受けである二索五索八索を確定させます。」

荒正義
「周りはドラの発でもたついているように見える。テンパイで四万切り。」

井出一寛
「確定しない三色より3メンチャン。ドラの発が出ていないことから、手放しでリーチはない。下家が発を持っていそうだが、暗刻も考慮して軽い打牌はしない。」

井出康平
「3メンチャンを固定して、マンズが先に埋まったらピンズで再び雀頭を探す。二索五索八索もしくは三万六万以外はヤミテンの予定。」

内川幸太郎
「ソーズの場況が良いので2枚切れの七索を払う。マンズがメンツになってピンズ雀頭も可。」

櫻井秀樹
「ソーズが場に安いので、不確定三色よりソーズの3メンチャンを優先する。ツモ三万六万でも再度雀頭を作り直せる。」

白鳥翔
三万六万が良いと思える理由がないので、それよりは良く見える二索五索八索受けを固定する。ツモ八筒六筒などでマンズかピンズのターツ選択をできるようにしておきタンピンを目指す。不確定な三色は見ない。」

ダンプ大橋
「何を切っても裏目があるなら、一番広そうな3メンチャンを固定で。」

戸田誠輝
「マンズがあまり良く見えないので、三色よりタンピンイーペーコーを見ます。四万七索の選択は、もし六万が引けた時に打五万とするのと、七索が2枚切れているので。」

藤崎智
「確定しない三色より広く受けるが、三万六万引きで打五万とできるようにもしておきたい。」

藤島健二郎
「三色よりも場況重視。4枚目の七索を合わせておく。」