文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

何を切る?

何を切る?fromロン2 2016年1月

2016/01/05


このコーナーでは、オンライン麻雀「ロン2」の協力のもと、プロ雀士とロン2ユーザーの解答をグラフを使って比較していきたいと思います。
多くのプロより、丁寧な解説をいただきましたので、みなさんの雀力アップの参考にしていただければと思います。

問題提供:「ロン2」  作成:杉浦勘介

ロン2道場ルール (一発、裏ドラ、カンドラあり、赤なし)
東3局東家 (色の濃くなっている牌はツモ切りです)

プロ

四万切り・・・23人
三索切り・・・22人
四筒切り・・・3人
三万切り・・・1人

 

ロン2ユーザー

三索切り・・・48.7%
四万切り・・・29.8%
四筒切り・・・13.4%
三万切り・・・5.5%
二筒切り・・・2.1%
六筒切り・・・0.4%

 

プロ解答(50音順)

四万切り

蒼山秀佑
「234かソーズを伸ばしたタンピンイーペーコードラドラを見てツモ切り。」

鮎川卓
三筒四筒七筒が強そうなので、四万を先に切り二万五万待ちを少しでも良い待ちにしたいです。」

井出一寛
「下家は速く、上家はチャンタか七対子か?三色を見つつ二索四索五索を引けば打四筒でタンピンへ。二万五万を引けば打三索でリーチ。」

ケネス徳田
四筒のくっつきよりも三筒四筒七筒受けを考える。ドラ受けは保険として。」

紺野真太郎
「234の三色本線で、一手遅くなるがドラ引きにも対応できる打四万。」

櫻井秀樹
「タンヤオ三色が最高形。二索四索ツモはテンパイ逃しだが、受け入れの広い1シャンテンなので気にしない。」

佐々木寿人
「ピンズがこれだけ良い状況なので、ピンズは外さない。その後のツモ二索は打三索。好形リーチが理想だ。」

白鳥翔
「ピンズの三面形が良さそうに見えるのでそこは活かしたい。ツモ二索などでも、四筒は切らず、その後の状況次第では再度マンズに手をかけて絶一門にすることも考える。」

ダンプ大橋
「三色があるし、ピンズが良さそうなので四筒は残す。三索は下家に鳴かれると面倒なので四万から。」

手塚紗掬
「234の三色へ。」

戸田誠輝
「裏目のソーズを引いても完全1シャンテンで強い形になるので気にしない。三色とドラとスピードのバランスで四万が一番バランス良く見えます。」

中村慎吾
「234の三色と二索四索引きに備える。二索四索引きは打四筒。」

二階堂瑠美
「234の三色同順しか見えない。でも次巡ドラを引いたら四筒を切って一歩後退。」

西岡慎泰
「ドラ引きにも対応でき、タンピン三色も狙える手格好に取る。」

羽山真生
「打三万とした場合はテンパイ最速だが、三色もなくなる上に二索五筒を引いても好形が維持できるため打四万とします。」

平岡理恵
「234の三色を狙いつつドラ二索の受け入れも残しておきたいので三万四万のターツを固定してツモ切る。ドラや四索などを引いたら、三色は狙わず四筒を打っていく。」

藤崎智
「まだ巡目も早いので、234の三色を狙いつつドラ引きにも対応できるようにツモ切っておきます。五筒引きの三筒六筒のテンパイには意味がないので・・・」

藤原隆弘
六筒が無いので、四万雀頭のピンズ3メンツは無理っぽい。本線は234の高目三色でリーチしたい。三筒四筒七筒待ちは好形。もし先に二索四索を引いたら四筒切りとしたいので、ここは四万を切る。」

古本和宏
「234三色を目指して。」

望月雅継
「どれを切ってもロスがあるのなら、理想のタンピン三色へ。ドラ引きは打四筒として、もう一度手牌の構成を考える。」

安村浩司
「ピンズが良いので受け入れを残したい。234の三色も見える打四万。」

吉田直
「234の三色を見ながらソーズ周りを引いたら打四筒。」

 

三索切り

石原将樹
一索引きはそれほどうれしくない上、ソーズの下の情報が分かりにくいので。ドラを引いてもまだ使えるし、ドラをもう1枚使わなくても満貫が見えるので。」

石渡正志
「リャンメン待ちになって三色も狙えてドラも使える。」

和泉由希子
「効率的にも手役的にも良いかなと。」

井出康平
「タンヤオドラ1ストレートに。ドラ引きは打四万でリャンメン固定して他で雀頭探し。」

伊藤優孝
「素直に三索切り。三色も狙えるしピンズ引きも良し。」

魚谷侑未
「ピンズがとても良さそうなので一刻も早くリーチをかけたいため。」

内川幸太郎
「234の三色を残すのとピンズ受けは捨てがたい。ドラの裏目引きは四万切りでバックする。」

勝又健志
「ドラ色を避け、マンズ・ピンズにアガリを求める。」

客野直
「裏目のドラを持ってきても使える形なので、最終形が強くなりそうな形を残す。」

近藤久春
「234三色本線で、できればソーズ待ちは避けたい。」

猿川真寿
「満貫級のアガリにしたいので、安目を拒否する。マンズ・ピンズも悪くないので、オリることはしないと思う。」

沢崎誠
「タンヤオに決める!!一索の受けを拒否。基本は234の三色!!」

嶋村泰之
「打点的に十分なため三索切り。二索引きは打四万でケアが効く。」

天音まこと
「下家の仕掛けはドラを2枚くらい持ってそう。ならばソーズの下にメンツを求めるよりも、先に三索切りとしたい(さらなるドラ引きもカバーできる形なので)。最終形はピンズ受けにしたいから。」

ともたけ雅晴
「234の三色を見ながら、ドラが来た時は二索五索受けのタンヤオドラ2以上を見て。最悪ポン・チーも。」

浜上文吾
「234の三色狙いで打三索。ドラ二索をツモっても対応できる。」

東谷達矢
七筒は下家に固めて持たれている可能性はあるが、それでもピンズの場況が良く、何よりソーズ待ちのテンパイがうれしくないため、テンパイ効率を悪くしても打三索としたい。なお五筒をツモってのテンパイは拒否する。」

一井慎也
「ピンズの受けを残したい。また二索引きは打四万に受けるため、苦しいドラ周りの一索四索を残すより、打点も受け入れも強い形になる。」

藤島健二郎
「234の三色一直線。手順で三索。」

古橋崇志
「打点は十分なので、シンプルに良形のテンパイを目指す。理想はメンタンピン三色ドラ1だが、親なので2翻確定のリーチとしたい。」

松岡千晶
「234の三色も狙えるし、タンヤオが確定するため。」

山田浩之
三筒四筒七筒待ちが残れば強そうなので、シンプルに三色を狙う。」

 

四筒切り

清原継光
「親でリャンメンのリーチを打つことを目標に手を進めます。四筒は下家に仕掛けられにくいことと、南家の手に三筒七筒がある可能性が高く、見た目ほど三筒四筒七筒の待ちに価値がないと考え234は見切ります。」

福島清子
六筒が4枚見えなのと、三筒引きは234へ向かいます。ドラのくっつきが一番うれしいので、とりあえず四筒で。」

四柳弘樹
二索四索引きでのテンパイ逃しが嫌なので、くっつきの1シャンテンとすると打四筒が良い。」

 

三万切り

荒正義
三索四万三万で迷うところ。直感で三万。」