文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

何を切る?

何を切る?fromロン2 2016年3月

2016/03/09


このコーナーでは、オンライン麻雀「ロン2」の協力のもと、プロ雀士とロン2ユーザーの解答をグラフを使って比較していきたいと思います。
多くのプロより、丁寧な解説をいただきましたので、みなさんの雀力アップの参考にしていただければと思います。

問題提供:「ロン2」  作成:杉浦勘介

ロン2道場ルール (一発、裏ドラ、カンドラあり、赤なし)
南1局1本場南家 (色の濃くなっている牌はツモ切りです)

プロ

七万切り・・・20人
一万切り・・・10人
北切り・・・6人
六万切り・・・3人
三万切り・・・2人

 

ロン2ユーザー

七万切り・・・52.8%
一万切り・・・31.1%
北切り・・・7.1%
六万切り・・・6.1%
三万切り・・・1.8%
西切り・・・1.1%

 

プロ解答(50音順)

七万切り

鮎川卓
「七対子とチャンタの天秤に受けます。字牌は全て仕掛けていきます。」

和泉由希子
「いろいろトイツか暗刻になるといいな。」

魚谷侑未
「難しすぎますが、ひとまず七万を切って様子見します。トイツの牌が1つでも枯れた時点で七対子に決めます。何かが暗刻になったら、仕掛け前提でトイツ落としをします。」

客野直
「一応七対子の1シャンテンに構えつつ、字牌が出たらポンして六万を落とし、ホンイツ・チャンタを狙う。」

櫻井秀樹
「1シャンテンに取る。字牌が1つ暗刻になれば、またメンツ手に戻る。下家が何枚か持っていそうなので、仕掛けると厳しそう。」

ダンプ大橋
「七対子の1シャンテンに。」

ともたけ雅晴
「七対子(四暗刻)とチャンタまで見て。1枚目の字牌はポンせず。他家の動向にもよるが、2枚目はポンしていく。」

二階堂亜樹
「メンホン七対子と、仕掛けていった場合、その後六万 六万と切っていくビジョン。」

仁平宣明
「一応メンホン七対子の1シャンテンに受けつつ、字牌がトイツになるようなら、六万をトイツ落としする。仕掛けはポンテン以外動かない。」

野方祐介
「七対子の1シャンテンに受けつつ、鳴ける牌は鳴いていく。」

浜上文吾
「七対子とメンツ手を見て打七万。積極的に仕掛けていきます。」

平野良栄
「メンホン七対子が本線。字牌が暗刻になれば六万のトイツ落とし。どちらもポンテンは取る。2シャンテンから仕掛けると、良くてテンパイ止まりと思われる。」

藤崎智
「とりあえず七対子の1シャンテンに取ってからのメンツ手のわたりを狙う。」

藤原隆弘
「この手は決めてトップに立ちたい。もちろんメンホン七対子の1シャンテンに取る。1枚目の西はスルーするが、他の字牌はポンしてホンイツ・チャンタで満貫に!」

古川孝次
「5トイツで、メンホン七対子の1シャンテン。その間に字牌が出れば、どれもポンして六万切り。狙いはホンイツ・チャンタ。」

本田朋広
「七対子を見ながら、三元牌から鳴けるようなら仕掛けていく。」

三田晋也
「七対子1シャンテンをキープしながらメンゼンで。発中も鳴かない。」

望月雅継
「手役は1つも取りこぼさない。一万を切りたいが、七対子になった時だけテンパイ打牌として。場合によっては一万二万三万のメンツ落としもあり。」

安村浩司
発中が出たらポンして打六万西北からは鳴かないので、2枚切れた時点で七対子に決める。」

山井弘
「調子が悪い時は動ける形も考えて、1枚切れの北切りだが、現状38,000点の2着目と好調と見る。なのでできるだけメンゼンで手を進めることができるよう、七対子も見ながら次のツモで方向性を決定したい。1枚目の字牌はスルー。」

 

一万切り

安達紘文
「素直に1シャンテンに受けます。マンズの下が良さそう。鳴いてもどこを外すか難しく、3,900になりそうなので。」

荒正義
発中西は期待薄。下家も染め手に見えるので、メンホン七対子本線で行く。」

太田優介
「保留の打七万もあるが、メンツ手に移行した時、字牌4組だと1つ鳴けてもアガリまであるか疑問。打一万でメンホン七対子に決める。自分にマンズが高いので、若干目立つかもしれないが、全体的に見てマンズの場況が良さそうなので、早い段階でテンパイが入ればアガリも拾えそう。」

斎藤桂史
「喰い仕掛けより、七対子の方がアガリやすいですね。」

沢崎誠
「鳴きは中止。メンホン七対子一本でとりあえず進める。場に2牌出の一万切り!!」

柴田弘幸
「七対子で。動く手は現状無いと思う。」

瀬戸熊直樹
「メンホン七対子本線で、四暗刻も若干見る。字牌はそうそう鳴けないと見て。」

高橋信夫
「メンホン七対子にする。2枚切れの一万から。」

福島佑一
「メンホン七対子を見て、場に2枚見えてる一万切り。」

藤岡良一
「この手はメンホン七対子を狙う手。なぜならば字牌の何かをポンした時、打牌に迷う(それでも六万七万か?)。さらに、西家にすでに西発中がトイツで入っている可能性もあり、なおさらメンホン七対子に行きたい。東家の一万ツモ切りや、西家の第一打三万などから、二万受けをフィニッシュに想定して進める。」

 

北切り

吾妻さおり
「七対子の1シャンテンでもあるので、決め打つなら一万になりますが、3種の字牌(暗刻)と五万八万と裏目が多くなってしまうので、1枚切れの北を切ります。」

勝又健志
「字牌はあまり期待できないように見えるが、仕掛けを考えながらメンツ手へ。」

白鳥翔
「一番点数を稼ぎたい下家は少し変則的で、上家のトップ目の親はストレートに切り出しているので、少しはやる気があるのかと見る。なので、字牌の出に期待して北を打ちます。こういう手牌は本当に対戦相手によると思います。相手をなめているとかではなくて、相手に合わせるのが重要で、例えば藤原プロのような型が3人相手なら、打一万としてメンホン七対子に固定します。」

滝沢和典
「メンホン七対子の良い待ちが残っていない。西家、北家からの字牌は期待できないかもしれないが・・・。」

羽山真生
「まだ巡目も早いため、七対子には固定しにくい。親が素直な手組の様子で字牌も打ちそうなので、打北とします。発中は1枚目から仕掛けます。西は1枚目が発中より先に出たらスルー。」

宮内こずえ
「七対子の1シャンテンではありますが、仕掛けも考えたいので打北。」

 

六万切り

黒木真生
「下家が字牌を切ってくれるか心配だが、七対子よりはマシと考える。厳しいメンツなら打七万か打一万とする。」

ケネス徳田
「トップ目が親番の南家なので、鳴いていく!」

藤島健二郎
「七対子は見ないが、いったん6ブロックに。目立たぬよう、どれが出ても1鳴きはしない。一手進んだ時の打牌は、また場況次第・・・。」

 

三万切り

近藤久春
「メンホン七対子一本。危険度を考え、三万から。」

山田浩之
「字牌4組は重いので、メンホン七対子本線で。」