文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

何を切る?

何を切る?fromロン2 2017年8月

2017/08/09


このコーナーでは、オンライン麻雀「ロン2」の協力のもと、プロ雀士とロン2ユーザーの解答を、グラフを使って比較していきたいと思います。
多くのプロより、丁寧な解説をいただきましたので、みなさんの雀力アップの参考にしていただければと思います。

問題提供:「ロン2」  作成:杉浦勘介

ロン2道場ルール (一発、裏ドラ、カンドラあり、赤なし)
東4局2本場南家 (色の濃くなっている牌はツモ切りです)

 

プロ

二筒切り・・・13人
二万切り・・・6人
六索切り・・・6人
七索切り・・・6人
四万切り・・・3人
七筒切り・・・2人

 

ロン2ユーザー

七索切り・・・28.7%
六索切り・・・20.4%
二筒切り・・・19.1%
二万切り・・・13.4%
七筒切り・・・9.6%
七万切り・・・4.5%
四万切り・・・3.2%
五筒切り・・・1.3%

 

 

プロ解答(50音順)

二筒切り

稲岡ミカ
「仕掛けも込みでドラは使い切りたい。234は追わず、二万四万タテ引きの567の方を理想形とする。マンズが高く、できればソーズ2メンツにしたいです。」

菊原真人
「ドラのタテ引きや四筒六筒引きを考えて、ピンズは1メンツか雀頭と見て、ドラ含みのメンタンピンを目指す。六筒引きから雀頭振り替わりで、567の三色まで見たい。」

近藤久春
「ドラが出ない形にして、567の三色を念頭に入れる。」

菅原千瑛
「234の三色を追いたいところではあるが、一発・裏ドラ有りなので、ここは三色なら567としたい。マンズが高いので二万四万ターツを払いたいが、ダイレクトに引いた時が痛いので、ひとまず二筒を切って様子を見たい。」

瀬戸熊直樹
「234よりドラの五筒を軸に、567を見ながら。」

ともたけ雅晴
「234の三色は見えるが、その場合ドラを使えない可能性が高く、三色なら567の方が良さそう。次の親番もあるし、供託もあるので、最悪2,000でもアガって親を迎えたい。」

二階堂亜樹
「タンヤオを確定させるのと、ドラ周りでメンツを作る。234よりは567を見て。」

HIRO柴田
「234よりはタンヤオ。持ち点的にはうまくいかないと思うので、早くスリムに構えたい。」

福光聖雄
「ピンズのドラ周りが苦しいので、1メンツにする。一筒が入ってもうれしくなく、二筒切りはロスが少ない。」

藤島健二郎
「手順で三色を追う場合ドラが出ていくので、234は狙わない。一番痛くない裏目は一筒と考える。」

古橋崇志
「高打点になるなら567の三色かドラの重なりと見て、234は見切る。一筒を引いてしまうと何もかもが崩れてしまうので、二筒切りとする。」

森下剛任
「234よりドラを使う。」

和久津晶
一筒四筒が信用できないので、五筒周りは1枚引ければ良い形に。」

 

 

二万切り

和泉由希子
「難しそうな234の三色にこだわるより、アガリやすさとドラ使い。567になったら良いなくらい。」

清原継光
「234の三色に必要な四筒は、ドラがメンツで使えるうれしい牌なので、234を狙う必要はないと考える。悪形ターツを払って、メンタンピンドラを第一本線に考える。567になったらうれしいけど欲張りすぎかな。」

黒沢咲
「ドラを使ったタンピン系を目指す。マンズの悪形を払いつつ、ツモによっては567の三色に向かいたい。」

東谷達矢
「この牌姿の場合、6ブロックよりも5ブロックで進めた方がツモ牌に柔軟に対応できる。234の三色は消えるが、ドラを活かせる点と遠く567が見える点が打二万の利点。」

藤岡良一
「劣勢な点数状況だが、しっかりとした手順で、アガれなくとも567の三色を最高形とする形を追っていきたい。二筒三筒が重なると現実味を帯びてくる。」

前田直哉
「マンズ受けにしたくないから。」

 

 

六索切り

荒正義
「234の三色は難しい。雀頭を飛ばして好形を求める。三万五筒ツモなら強く前に出る。」

岡部光輝
「234と567を見るが、両方追うのは無理そうなので、三色にならなくてもタンヤオが付きそうな567を本線に。親が早そうなので注意しつつ。」

猿川真寿
「マンズが高く二万四万を外したいが、まだ234も残しておきたい保留の打六索。234、567狙いが崩れても、メンタンピンドラ1には仕上げたい。」

沢崎誠
「雀頭は後からゆっくり作っていく!!」

刀川昌浩
「234、567の三色を見ながら、次の1メンツがどこで完成するかで決める。」

藤原隆弘
「東ラスでこの点棒状況ではかなり状態が悪い。234のタンピン三色などには仕上がりそうもないし、ドラも使い切れるかどうか?とりあえず、素直にまとまることはないと見て、雀頭固定せずにほぐして様子を見る。」

 

 

七索切り

ダンプ大橋
「とりあえず雀頭固定して、ツモ次第で。」

林俊宏
「234も567も確定してないので、まずは打七索とし、後はツモ次第。北を切っていますが、この先安全牌を引いたら四万二万と切っていくかもしれません。」

古川孝次
「いったん雀頭を固定するが、道中五筒が雀頭に振り替わる展開がベスト。六筒が先に入ったら、打七万として、さらに234を追求する。」

松岡千晶
「234の三色の可能性を残して、六索の雀頭固定をします。東ラスとはいえ、満貫を目指して手組みをしたいです。」

三戸亮祐
「234の三色を意識して進行するが、六筒が入るようだと二万四万を払っていく場合も。」

宮内こずえ
「234の三色狙い。六筒引きは二万四万払います。五筒引きからの変化にも期待。」

 

 

四万切り

紺野真太郎
「三色を狙いたいところだが、ターツオーバー。ドラ絡みでない方の二万四万ターツを払う。まだ東場でもあり、567になればラッキーくらいの気持ちで。」

佐々木寿人
「234の三色は仕上がりにくいと見る。」

藤崎智
「マンズが高そうな感じもするので、三色はあきらめてドラを使い切る方を優先します。」

 

 

七筒切り

清水香織
「234の三色を見つつ進行するが、供託もあるので、そこまで三色にはこだわらない。」

山井弘
「ラス目で、できるだけ打点を見たいところではありますが、無理な手筋でアガリ逃すことのないようにします。234の三色は狙いつつ、ドラの重なりからタンピンへ狙いを変えることも考慮して打七筒
二万四万六万七万八万二索三索四索六索六索二筒三筒五筒 ツモ三万
この形の三色になれば、ドラの五筒切りもありです。」