文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

何を切る?

何を切る?fromロン2 2018年6月

2018/06/06


このコーナーでは、オンライン麻雀「ロン2」の協力のもと、プロ雀士とロン2ユーザーの解答を、グラフを使って比較していきたいと思います。
多くのプロより、丁寧な解説をいただきましたので、みなさんの雀力アップの参考にしていただければと思います。

問題提供:「ロン2」  作成:杉浦勘介

ロン2道場ルール (一発、裏ドラ、カンドラあり、赤なし)
東4局東家

 

プロ

六筒切り・・・14人
四索切り・・・7人
五索切り・・・6人
一筒切り・・・3人
四万切り・・・2人
五万切り・・・2人
五筒切り・・・2人

 

ロン2ユーザー

一筒切り・・・25%
五万切り・・・24.3%
四索切り・・・20.8%
四万切り・・・10.4%
五索切り・・・9.7%
六筒切り・・・8.3%
五筒切り・・・0.7%
白切り・・・0.7%

 

 

プロ解答(50音順)

 

六筒切り

魚谷侑未
「手が自然とメンツ手になったので。下家はホンイツではなさそうなので無視します。」

内川幸太郎
「メンツ手に決めます。ピンズの二度受けをほぐしつつ、下家に手を進めさせないよう六筒から。」

紺野真太郎
「ツモ切りや、打五万の七対子も捨てがたいが、自由に打てるように打六筒とする。下家は789の三色か?」

佐々木寿人
「七対子を見るより、アガリの幅が広がるから。」

二階堂亜樹
「全てリャンメンになるターツなので、七対子は見ずにドラ雀頭のリーチを目指す。」

二階堂瑠美
「四暗刻の種はキビしそうなので。下家もケアしつつ、456の三色を見ながら。」

浜上文吾
「七対子の1シャンテンではあるが、横に伸ばしてポン材もキープします。とりあえず南家の現物六筒を捨てて様子見します。」

藤井すみれ
「リャンメンリーチへ一直線。西家に残したくない六筒を切っておきたい。五筒は全体的に安全度が高そう。」

藤崎智
「七対子は見切って、あとは手なりで。」

藤原隆弘
「親だしドラ2なのでアガリに向かう。下家の仕掛けはドラの白が2枚と考え、他の役牌は無いので、マンズの一通か789の三色と見る。七対子の1シャンテンではあるが、456三色を本線として、メンツ手のリーチを打ちたい。片アガリの仕掛けはギリギリまで我慢。トイトイや四暗刻は無理だ。」

前田直哉
「七対子よりもメンツ手の方がアガリに結びつきそう。」

松岡千晶
「厚い形の5ブロック。五筒六筒の差は、のちのちメンゼンの西家・北家に五筒の方が安全なため。456で鳴ける牌は鳴く。」

和久津晶
「メンツ手にします。」

 

 

四索切り

吾妻さおり
「タテの手は好きなので、トイツ・暗刻系の受けを残す。四索五索はどちらも1枚切れだが、少し捨て牌が強く見える西家の現物を残す。」

伊藤優孝
「七対子を見ながら、四索五索外しで良し。」

白鳥翔
「もう少し巡目が早ければ、五筒六筒を払ってリャンメン3つの形にしたいが、もう間に合わなそう。そのため、七対子の1シャンテンに取るが、四筒七筒を引いた時に、メンツ手の1シャンテンにも構えられるようにしておく。念のため、西家の現物五索を残して四索から。」

ともたけ雅晴
「三色もあるが、一筒が先に暗刻になったので、七対子やトイトイのタテを意識したい。四万五筒六筒が1枚ずつ切れてはいるが・・・」

古川孝次
「ここは四索五索切り。五万を切らない前提で、七対子を視野に手を進めていく。白が出た場合、ポンして四万切り。」

古橋崇志
「下家が仕掛けている以上、シャンテン数を下げたくない。ソーズを外して七対子の1シャンテンをキープしつつ、四筒七筒引きでメンツ手に戻る。」

 

 

五索切り

小笠原奈央
「七対子、トイトイ、四暗刻。」

近藤久春
「メンツ手も一応見つつ、七対子本線。」

清水香織
「トイツ手とメンツ手を天秤にかけて。トイトイも視野に入れます。」

中山奈々美
「四暗刻をアガリたい!七対子にも対応しつつ、白が鳴ければ何でも鳴いていきます。」

西川淳
「場況が良くわからないが、五万が良く見える。メンツ手も捨てがたいため、様子見の打五索。」

HIRO柴田
「下家はぼんやりとマークしつつ、西家・北家の動向に注意する。四筒七筒がまだ悪くないのでメンツ手も見る。なので、西家が捨てている五索に合わせて様子見。」

 

 

一筒切り

稲岡ミカ
「七対子の1シャンテンをキープ。マンズを切り出すことが嫌なわけではない。白が暗刻になったら、メンツ手を再考したい。」

沢崎誠
「七対子一本!」

藤島健二郎
「場況から、トイトイや四暗刻は厳しいと感じる。かといって三色も遅いので、七対子の1シャンテン取り。」

 

 

四万切り

斉藤理絵
「メンゼンで仕上げたい。」

刀川昌浩
「456の三色を狙って。先に四筒七筒を引けそうなので、場合によっては三色をあきらめて、マンズとソーズを選択できるように。」

 

 

五万切り

客野直
「トイツ手とメンツ手の両天秤。下家の仕掛けは六筒手出しがよくわからないので、見なかったことにする(残っている役牌は白だけなので、あまり気にしなくても良さそう)。」

吉田直
「七対子も見るので、一番重なりにくそうな打五万。」

 

 

五筒切り

石渡正志
「親の七対子は厳しいので、2シャンテンとなるが、安全牌である打五筒。」

武石絵里
「七対子よりも、ドラ引きにも対応できるようにメンツ手にしてリーチを打ちたいです。」