文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

何を切る?

何を切る?fromロン2 2018年8月

2018/08/08


このコーナーでは、オンライン麻雀「ロン2」の協力のもと、プロ雀士とロン2ユーザーの解答を、グラフを使って比較していきたいと思います。
多くのプロより、丁寧な解説をいただきましたので、みなさんの雀力アップの参考にしていただければと思います。

問題提供:「ロン2」  作成:杉浦勘介

ロン2道場ルール (一発、裏ドラ、カンドラあり、赤なし)
東2局1本場西家

 

プロ

五索切り・・・14人
三筒切り・・・8人
三万切り・・・4人
一万切り・・・3人
六万切り・・・3人
八索切り・・・2人
一索切り・・・1人

 

ロン2ユーザー

三筒切り・・・42.8%
五索切り・・・23.9%
一万切り・・・13%
六万切り・・・5.1%
八索切り・・・5.1%
二索切り・・・4.3%
三万切り・・・2.9%
一索切り・・・2.2%
二筒切り・・・0.7%

 

 

プロ解答(50音順)

 

五索切り

 

吾妻さおり
二索五索八索を持ちすぎなので、1枚外しておく。一応の123は見えるが、この時点ではアガれそうにないので受けの1局になりそうです。」

石渡正志
「三色もピンフもイマイチの形。厳しいがまだ見込みはあるので、全ての狙いを残す打五索としたい。」

伊藤優孝
「シュンツ手に決める。」

客野直
一筒四筒が薄いのと、自分で4枚使いの五索八索を先に処理しておきたい。三色にはあまりこだわらず、引いてきた牌によっては一万三万を払っていく。」

近藤久春
「三色を見つつ、ドラの重なりでタンヤオ移行も考えて。」

白鳥翔
「123の三色も一応見るが、一番枚数の多いリャンメンを固定しておく。これが一番アガリに近いと思います。」

武石絵里
「三色は見たいですが、ピンフやタンヤオのみのかわし手になっても良いと考えます。」

ともたけ雅晴
「123は見るが、無理には追わない。後で切りづらくなるソーズを先に処理したい。七対子は意識しない。」

二階堂亜樹
一筒が2枚切れているので三色にはこだわらないが、ドラは切らない前提の進行上、成り行きでなれば。メンツ手で行くのに1メンツも無いので、ひとまず6ブロックに受けつつ、厚く持っている五索八索を1枚外す。」

西川淳
「6ブロックに構えて進行してから、場況によりターツを選択します。あまり無理しないかな・・・」

藤島健二郎
「愚形ターツの良し悪しが不明なので、一度6ブロックに構える。」

藤原隆弘
「ペン三索がネックだし、1メンツも完成していない123の三色は追わない。とりあえずリャンメン受けを決めておいて、三索が埋まるかドラが重なればアガリに向かうかな。」

和久津晶
五索八索持ちすぎなので。三筒を早く切りすぎると、一筒四筒が浮く。」

 
 

三筒切り

 

稲岡ミカ
「現時点でメンツオーバー。123にこだわるわけではないですが、とりあえずピンズをほぐして以後のツモで決めていきたいです。二索三索が入らないとあまりやる気にはならなさそう。上家はともかく、対面と下家のテンパイは早い可能性もあると考えます。」

魚谷侑未
「ひとまず6ブロックにして様子を見ます。」

斉藤理絵
「123の三色を見つつ、安全牌を引いたら持っておく。」

佐々木寿人
「愚形をできる限り解消していく構え。」

中山奈々美
「123の三色は見つつ、良形が残りやすいように。四万が先に埋まったらドラにこだわらずにピンフでもいいかな。」

古川孝次
「123の三色を見て三筒切り。五万六万五索六索のターツのうち残った方をリャンメンターツではあるが切っていく。」

松岡千晶
「三色も見て三筒の先切り。6ブロックにする。」

吉田直
「三色を見てターツ固定。」

 
 

三万切り

 

内川幸太郎
「あまりアガれなさそう(笑)。親の現物は残したいが、マンズ下が全く良くないので三万切り。一万はかなり残します。」

紺野真太郎
「打三筒の三色も捨てがたいが、一筒は2枚切れ。三色は見切り、リーチを目指す。」

藤井すみれ
「三色を捨ててリーチ手順で。タテ引きが続けば七対子へ。親の現物一万を少し残して次のツモと相談。」

前田直哉
「三色はあきらめて、タンヤオか七対子。」

 
 

一万切り

 

小笠原奈央
六万ツモで三色はあきらめ、一通になればの手牌進行。」

浜上文吾
「カン二万とペン三索がネックなので、七対子も視野に入れながらスリムに構えたい。7・8巡目くらいまでには、対子手かシュンツ手の見極めをしたい。」

 
 

六万切り

 

刀川昌浩
「123の三色と七対子を狙って。」

二階堂瑠美
「123の三色が本線ですが、ドラ重なっての七対子も。」

HIRO柴田
「ペン三索を活かすには、トイツ手移行か三色でしょう。」

 
 

八索切り

 

藤崎智
五索八索の4枚持ちが嫌なので、早めにトイツを払います。」

古橋崇志
「速度的に一番手ではなさそう。八索トイツで落とし、ドラ重なりか三色になりそうな時だけ攻める。」

 
 

一索切り

 

沢崎誠
「手牌を見ればトイツが3組の1メンツもなし。4メンツ1雀頭に向かうのはどうかと思う。三色も遠くに見えるが遠すぎる!ここはタンヤオ七対子ドラ2を狙ってみたい!!不要牌一万一索のうち、危険度の高い一索から打牌する。」