文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

何を切る?

何を切る? 2019年1月

2019/01/09


長い間にわたり、『何を切る?fromロン2』として、オンライン麻雀「ロン2」協力のもと構成してきましたこのコーナーですが、
今回から実際のプロ対局の一場面を題材に、『何を切る?プロの視点』としてリニューアルすることになりました。
引き続き、多くのプロより丁寧な解説をいただいておりますので、皆様の雀力アップに活用していただければと思います。

過去の記事はこちら

 

第34期十段戦 3回戦 南4局 西家 沢崎誠プロ

 

 

■Twitterで実施したアンケートの結果

 

■プロ解答

一筒切り

 

五筒切り

 

東切り

 

■プロの視点

沢崎誠プロ
「下家に、早い巡目のリーチが入っています。
この手牌なら、五筒切りとして、ホンイツ一気通貫まで狙いたいところですが、第一に大切なのは状況です。
オーラスでトップ目が親、自分は微差の番手に位置しているため、このリーチにツモアガリがあればトップとなります。
ですから、ここではアガリを目指すより放銃しないことがベストです。
ただ、現物は八筒一牌ですから、これを抜いても次から大変です。
ここで形を維持してのピンズ切りは、もう一牌のピンズとのセット打牌となります。
一筒切りは五筒もしくは九筒
五筒切りは一筒もしくは五筒
九筒切りは一筒もしくは四筒
二筒二筒三筒一筒一筒二筒二筒四筒六筒などの形からの二筒切りリーチも想定すれば、放銃リスク増は避けられません。
打点力のある下家ですから、この状況での放銃はここからの失速につながることも考えられます。
以上から、ここは役牌でない東のトイツ落としに妙味があると判断しました。」

 

■終局図

 

 

 

日本プロ麻雀連盟チャンネルはこちらから
FRESH!<PC版>
ニコニコ生放送<PC版>