文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

何を切る?

何を切る?2012年5月

2012/05/09


Aリーグと各リーグのプロに出題して、解答を比較し、
各リーグのプロがその一打を深く解説し、掘り下げていくコーナーである。

問題作成者:山田 浩之(六段)
nanikirugraph_201205

日本プロ麻雀連盟Aルール(一発、裏ドラ、カンドラ無し。12P加減方式)
東1局、東家。西家からリーチが入ったところです。

Aリーグ
nanikirugraph_201205

Bリーグ
nanikirugraph_201205

Aリーググラフ
六索切り 12人、八万切り 8人、七索切り 2人、七筒切り 1人

Bリーググラフ
六索切り 7人、八万切り 5人、七索切り 2人、九筒切り 2人、七筒切り 1人

【Aリーグ回答】

六索切り
板川和俊 遠藤啓太 老月貴紀 金子貴行 近藤久春 白鳥翔 ダンプ大橋 中村毅 古川孝次 右田勇一郎 望月雅継 四柳弘樹

・古川孝次(AⅡ)
西家のリーチは四索-七索待ちがあり得るので現物の六索をおとなしく切る。
一通確定の九万引きのカン八筒待ちは現物で、他家からこぼれるかもしれないからヤミテン。
安目の三万-六万引きはリーチを打つ。

八万切り
伊藤優孝 勝又健志 黒沢咲 猿川真寿 柴田弘幸 朝武雅晴 仁平宣明 前原雄大 山井弘 吉田直

七索切り
荒正義 沢崎誠

・荒正義(AⅠ)
親なので強気に手広く構えます。
一通は崩れる公算大。五索-八索八筒はいい待ちに見える。
カン八筒テンパイなら追いかけリーチを打つ。

七筒切り
二階堂亜樹

・二階堂亜樹(AⅡ)
かなり悩ましい牌姿ですが、打牌候補は七筒九筒六索七索一万八万。この中でリーチがかかってなかったら切るのは自分なら八万
まあ、現実はリーチが入っているので、マンズ以外になるでしょうから、裏目がまだ痛くないピンズを払っていきます。
比較的切りやすく裏目の八筒は現物なのと、ドラそばを切るのが嫌なのと、ソーズの下をケアするためです。
また、ピンズの下ケアで打九筒もありますが、攻める意味では九筒の重なりが期待できるのと、守る意味ではカン七筒は無さそう。
三筒-六筒-九筒待ちはあるかもしれないので七筒から切ります。

【Bリーグ回答】

六索切り
内川幸太郎 太田昌樹 杉浦勘介 鈴木雄介 西島一彦 麓征生 吉沢康次

・内川幸太郎(B1)
これ僕の牌姿じゃないですか!王位戦決勝開局のものです。
西家の滝沢さんからリーチが入ったのですが、全て勝負するつもりでした。
打牌候補は六索八万あたりで、待ちがカン八筒になってもぶつけにいくつもりでした。
一番手広い現物の六索を切って、マンズの一通になれば最高だなと思いました。
結果は、テンパイ打牌の八万が南家に放銃になりました。

八万切り
岩井健太 佐々木寿人 仲田加南 藤島健二郎 柚木正仁

・佐々木寿人(B1)
狙いはマンズの一通だが、ここでは雀頭を固定せず、ストレートにカン八筒が埋まるか、
ピンズが雀頭に潰れてくれればよいという構えをとりたい。
捨て牌の状況からカン八筒受けは良く映るので、三万-六万が先埋まりでも即リーチする。
九万引きだけはヤミテンとして、六筒引きのピンフ変化を待ちたい。
八万後のドラ引きは再度八万を切ってのドラ固定とする。

七索切り
滝沢和典 松崎良文 吉田幸雄

・滝沢和典(B1)
王位戦決勝の内川プロの手牌ですね。ちなみにリーチをかけたのが私です。
牌譜を見て「打六索はリスクも無くて無難だけど、ちょっと弱いかな」なんて話しました。
確かにリーチはタンピン形の捨て牌模様で怖いけど、まずは自分の手牌を優先しなければならない。
親でもあるし、勝負手と言って良い手恰好です。
一通もありますが、自然に狙えるのはタンピン形ではないかと思います。
このような場面では、「とりあえず」という考えが頭をよぎると無難な牌に手をかけてしまいます。
強い気持ちで勝負打牌を選択するべきだと思います。

九筒切り
斉藤等 西岡慎泰

七筒切り
刀川昌浩