• ホーム
  • 日本プロ麻雀連盟 新会長就任のご挨拶
文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

日本プロ麻雀連盟 新会長就任のご挨拶

灘麻太郎名誉会長

名誉会長

私こと灘麻太郎は3月末日をもって日本プロ麻雀連盟会長を退任致しました。
1984年に会長に就任して30年の月日が経ちました。永い間公私ともに格別のご厚情を賜りまことにありがとうございました。
1981年に発足した日本プロ麻雀連盟も600人を超える組織へと育ち、紙面での活躍から映像、ネットゲームでの躍進とますます活動の場は大きく広がって来ています。
若い力も着実に力を蓄えて伸びて来ています。そろそろ、バトンタッチの頃合いでしょう。
後任には、森山茂和が就任致しました。長年、副会長として連盟を支えてくれました。麻雀は手役志向の本格派で、読みも奥深く鋭いものがあります。彼ならば、これからの日本プロ麻雀連盟を更に発展させ、高みに導いてくれるものと思います。
私同様、よろしくご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申しあげます。

日本プロ麻雀連盟名誉会長
灘麻太郎

森山茂和会長

新会長

このたび、灘麻太郎前会長の要請を受け日本プロ麻雀連盟第三代会長に就任致しました。かかる大役には、まだまだ未熟者ではございますが力の限り日本プロ麻雀連盟と麻雀界の発展に努力いたす所存でございます。
これからも、日本プロ麻雀連盟では多方面でファンの皆様方に喜んで頂けるように新たな試みに取り組んで参りたいと考えております。
特に、麻雀対局映像の配信には力を注ぎたいと思います。一昨年からニコ生でタイトル戦等の配信を始め、多くの方々から支持を得られた事は大きな自信となりました。今後も様々な分野でクオリティの高い麻雀を提供する事を日本プロ麻雀連盟の使命としてその責任を果たし麻雀界に貢献したいと考えております。今後とも、前会長同様のご指導ご支援を賜わりますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

日本プロ麻雀連盟新会長
森山茂和

2013年4月1日
日本プロ麻雀連盟