文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

特集企画

一覧

天空麻雀13 男性大会決勝レポート

2013/12/26
執筆:藤原隆弘


皆さんこんにちわ緻密な仕事師藤原隆弘です。
私が初めて出場させていただいたのが天空麻雀6でした。
珍しい、森山会長との同点優勝を達成し、そのご褒美で天空麻雀7にも連続出場させて貰ったのですが、
東場で、荒プロに18,000点を放銃した猿川プロに、ラスを押しつけられ無念の敗退。

暫くお呼びがかからなかったのですが、久しぶりに出番が回ってきました。
次も出場チャンスを得るためには、結果を出さねばならない。
気合を入れて臨んだ1回戦は余裕の2着通過(ラスだけ敗退、トップは即決勝へ)

続く準決勝の対戦相手は、小島先生、森山会長、荒副会長と、超大御所ばかり。
天空麻雀の相手はいつでも濃い面子なのですが、小島(77歳)森山(62歳)荒(61歳)僕(57歳)・・・・
な~んだ皆私よりお年寄りばかりではないか!私もおっさんだが、まだ還暦前、パワー負けもスピード負けも無いから(たぶん)何とか2着以上には残りそうじゃないかシメシメ・・
(注)これはネタです本音ではありません。

北家スタートの私は東初に

八万 上向き二万 上向き八万 上向き三筒 上向き九索 上向き五索 上向き東この河でリーチ。

手牌は

二万三万四万五万六万七万八万九万一索二索三索八索八索

高目一万で、起親の荒さんから満貫をアガリ幸先良いスタート。
ところが東2局に森山会長が、

七索八索九索二筒三筒西西  ポン一索 上向き一索 上向き一索 上向き  ポン東東東  ドラ一索  ツモ一筒

あっさりとこの6,000オール。

「まあ2着でもいいから・・」と思ったら、東4局、南家の私に好配牌。
123の三色完成で4巡目九万切りリーチ(カン八万待ちのヤミテンも考えたが赤五万があるので)

一万二万三万六万七万一索二索三索一筒二筒三筒東東  ドラ八索

oui38_a_02

「これをアガって勝ち残り決まりだな」な~んて少しでも思った私が浅はかでした。
なかなかアガれないまま、11巡目に親の小島先生が追いかけリーチ。

二索三索四索五索五索赤五索六索四筒五筒六筒六筒七筒八筒  リーチ

小島先生は一索を切っていてフリテンでしたが、一発でツモって6,000オール!
私はあっという間に3着落ち、「なんじゃこのお爺ちゃん達(失礼)のパワーは!」

こうなったら、最後の切り札として用意していた秘策を使うしかない。
天空麻雀にはオーラスの親のアガリやめがあります。
ラス親の私は、この後頭を低くして余計な失点を避け、オーラスの一撃に賭ける作戦に切り替えました。

迎えたラス親の配牌は、期待以上の好配牌ですんなりと先制リーチ。

六万七万六索七索八索三筒四筒五筒六筒七筒八筒西西  リーチ  ドラ西

時間はかかったが五万をツモって私も6,000オール(ウラ七索
高目の八万ならトップでアガリやめできたのですが、森山会長は抜いたけど小島先生に僅かに届かず、もう1局やらねばなりません。6,000オールでトップになる点差にしておくべきだった・・2回はアガれないだろう・・{嫌な予感は当たります}
案の定、次の配牌は最悪のバラバラで森山会長にアガられて逆転負け。
これで次の出番はいつになるやら・・・(涙)

決勝卓では、1回戦でトップを取った灘名誉会長と滝沢七段が待ち受けます。
これまで11回出場して一度も優勝の無いタッキーは、今回のチャンスに賭ける意気込みが前面に表れていました。
タッキーから見れば相手3人の平均年齢は70歳以上、最初から若さで飛ばす心算だったのでしょうか。
(以下敬称略)

決勝は半荘2回戦。
1回戦東1局、西家の滝沢が

二筒三筒四筒五筒赤五筒六筒七筒八筒九筒九筒九筒西西  ロン西

この満貫をヤミテンで森山から出アガリ、この後も慎重に放銃を避け、順調に追加点を重ねます。
南3局の親番では

一索二索三索七索七索七索二筒二筒四筒赤五筒六筒白白  リーチ  ツモ二筒  ドラ九万  裏八筒

2,600オール

三索四索五索赤五索六索七索八索二筒三筒四筒七筒八筒九筒  リーチ  ツモ八索  ドラ東  裏白

2,000オール

とたたみ掛け、持ち点を60,900点と伸ばし、3本場でも9巡目にダメ押しのリーチを打つ。

四万四万四索四索六索六索八索六筒六筒八筒八筒西西  リーチ  ドラ二万  カンドラ東

場にソーズの上は全体的に安く、八索は1枚切れているだけで誰も持ってなくて使えなさそうだった。
(実際に山に2枚残り)
ところが、2着目の小島とラス目の森山が黙っていなかった。
親リーチにも怯まずに攻め返してきたのです。

ダブ南をポンしていた小島は、南を加カンし四筒ポンで満貫テンパイ。

三筒三筒三筒五筒六筒七筒九筒  ポン四筒 上向き四筒 上向き四筒 上向き  加カン南南南南

森山も追い付いて気合満々のアトミックリーチ!

一万一万二万三万三万一索二索三索七筒八筒九筒中中  リーチ

まったくうちのお年寄り達は逞しい。
滝沢は、余裕の先制リーチだったはずが、場は一蝕即発の勝負所と急変した。

さあ、滝沢がダメ押しのアガリを決めて悲願の初優勝へ大きく前進するのか?
小島が捲るのか?それとも森山が大逆転の狼煙を上げるのか?

滝沢が終盤にツモった運命の牌は八索か?九筒か?二万か?
この先は本編の放送でお愉しみ下さい・・・。

放送予定は番組特設ページよりご確認ください

「エンタメ~テレ」HPはこちら  番組紹介はこちら