文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

特集企画

一覧

天空麻雀18 女性大会決勝レポート 菅原 千瑛

2016/12/09
執筆:菅原 千瑛


”天空麻雀”
皆様も少なからず1度は耳にした事があるであろう。私自身、プロになる以前から視聴者として幾度となく観てきた大会である。

プロになりたての頃、出場のチャンスを懸けた”天空への道”なる番組が日本プロ麻雀連盟チャンネルの生放送にて行われた。
ここで予選、準決勝と勝ち上がるも、決勝で敗れてしまい、念願の天空麻雀出場が叶う事はなかった。

あれから数年。今大会で18回目の天空麻雀。光栄にも天空麻雀出場のオファーを受けた。憧れの天空麻雀である。嬉しくてそのメールを未だに保存してあるのはここだけの話。

 

 

100

 

予選A卓。そこにはこれまでにない程の緊張を身にまとった私がいた。
始まる前のほんの少し解けた空気とは一変し、薄氷の上を歩くようなピンと張り詰めた空気の中、自分を奮い立たせながら歩く事を止めずに戦うも、予選敗退。憧れの天空麻雀での対局もここまでとなる。

予選A卓に続いて予選B卓が終わり、二階堂亜樹、高宮まり、二階堂瑠美、宮内こずえが決勝卓に駒を進めた。
なんと4人共、天空麻雀優勝経験者である。誰が勝ってもおかしくない決勝戦。

 

100

 

並びは東家から亜樹、高宮、瑠美、宮内。

東1局、ドラは九万。宮内がこの手牌で先制リーチ。

六索七索八索二筒三筒三筒四筒四筒東東西西西  リーチ

これを受けて、無筋も押している瑠美がドラの九万を暗刻にしての追っかけリーチ。

三万三万九万九万九万四索五索六索一筒二筒三筒六筒七筒  リーチ

親番の亜樹も受けつつ七対子のテンパイを入れる。しかし六万かドラの九万を打てば、である。亜樹の選択はオリ。
結果は宮内が高めの二筒をツモ、裏も乗って2,000・4,000のツモアガリ。

東2局、東1局にアガった宮内の配牌が良い。そして10巡目にこの1シャンテン。

三索四索五索五索赤五索七索八索九索二筒二筒三筒九筒九筒  ドラ五万

しかし先制リーチを打ったのは親番の高宮。

一万二万三万三万四万二筒三筒四筒五筒六筒七筒九筒九筒  リーチ

すぐに追いついたドラドラの瑠美が高宮の現物の五筒を切って追っかけリーチ。

一万二万三万五万五万三索三索三索六索七索八索一筒三筒  リーチ

一発目に瑠美の入り目の一万を持ってきた宮内は二筒で放銃となる。
これで瑠美がトップ目に立つ。

東3局、またしても先制リーチを打ったのは高宮。ドラの四索を引き入れてこの手牌。

五万六万七万四索五索七索七索七索三筒四筒五筒六筒六筒  リーチ  ドラ四索

中を仕掛けてドラドラの1シャンテンの宮内が六索を掴み、裏も乗って8,000の放銃となる。
これによりトップ目の瑠美と高宮が1,000点差まで迫る。

…と、私が書けるのはどうやらここまでのようだ。
誰が優勝するのか、オーラスまで目が離せない、拮抗した戦い。

是非皆様ご自身の目で、最後まで見届けて頂きたい。
放送予定はこちら!

天空麻雀18女性大会決勝

再放送予定

12/
10(土)17:00
12(月)19:00
17(土)9:30
21(水)21:00
22(木)10:40
24(土)15:30