文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

特集企画

一覧

天鳳位vs.連盟プロ対抗戦 2nd season 第1節レポート:ケネス徳田

2017/01/22
執筆:ケネス徳田


~連盟プロ勢のリベンジなるか!?~

 

100

 

『天鳳位vs.連盟プロ1st.season』はASAPINさんの優勝で幕を閉じた。予選1位通過、そして決勝戦は4戦ゼロラスと、まさに天鳳ルールに沿った勝ち方であった。

そしていよいよ『2nd.season』が開幕される。『1st.season』では天鳳ルールであったが、今回はプロ連盟Aルール。簡単に説明すると
・一発裏ドラ無し。カンドラ、カン裏なし。
・赤牌無し
・3万点持ち3万点返し。
・順位点は3万点を基準に浮けばプラス、沈めばマイナス。1人浮き(+12/▲1/▲3/▲8)、2人浮き(+8/+4/▲4/▲8)、3人浮き(+8/+3/+1/▲12)

前回がルール的にはアウェイであったならば、今回は場所もルールも完全ホーム。負けるわけにはいかない。

 

~前回の不振を払拭~

 

100

 

『1st.season』では屈辱の予選敗退で終わった現鳳凰位・勝又健志。この『2nd.season』では本領を発揮する。

東1局7巡目、西家で次の手牌。

七万八万一筒二筒三筒六筒東東北北  ポン西西西 出る北  ドラ四万

この2枚目の北は当然ポンだが、打八万としてテンパイとらず。開局1,000点よりも満貫を狙いに行った。
しかしこれが六万を切ってテンパイした藤崎智プロの満貫のアガリを産む。

一万二万三万四万四万五索五索六索六索七索七索五筒六筒  ツモ七筒  ドラ四万

東2局も藤崎が2,600をアガって、東3局は勝又プロの親番。

 

100

 

このドラドラ七対子をリーチ。そして藤崎プロからアガる。
同1本場では2,600オール。

三万四万三索四索五索七索八索九索二筒三筒四筒八筒八筒  リーチ  ツモ二万  ドラ三索

同2本場で5,800をASAPINさんから。

三万四万六万七万八万二索二索三索四索五索  ポン東東東  ロン二万  ドラ六万

この連続アガリで一気に5万点オーバー。親番での爆発力がこのルールの肝といってよい。最後までこの点数を守り切ってトップ。『天鳳位vs.連盟プロ』でようやく初のトータルプラスに位置した。

 

~前原雄大、見参!~

 

100

 

『2nd.season』から参戦の前原雄大プロ。好形リーチよりも愚形リーチを得意とするその麻雀は、この番組を観ている天鳳ユーザーにとっては理解できない麻雀かもしれない。
前原「好形を残してテンパイを目指すのは作業。だけど愚形を残すのは山を読まなきゃいけないから頭を使うのよ」

アガれる待ちを探るのも能力なのである。そしてこの半荘、最初のアガリもペン三筒からであった。

五万六万七万五索六索七索九索九索一筒二筒五筒六筒七筒  リーチ  ツモ三筒  ドラ南

567出来合い三色でのペン三筒ツモアガリ。このアガリに手ごたえを掴んだ前原プロ、南1局の親番で爆発。0本場で1,300オール。

 

100

 

同1本場ではわずか4巡目に出来合い一気通貫リーチ。

一万二万三万四万五万六万七万八万九万七索八索六筒六筒  リーチ  ドラ二筒

これも軽々とツモアガって4,000オール。同2本場、ピンフ三色でのリーチ。

三万四万五万三索四索七索八索九索三筒四筒五筒七筒七筒  リーチ  ドラ九筒

これも高目五索をツモアガって4,000オール。
同3本場も先制リーチからのツモアガリ。

 

100

 

一気に7万点まで点数を伸ばす。先程挙げた勝又プロの勝ち方もそうだが、順位点の小さいプロ連盟Aルールでは、いかに親番で大きく連想するかが勝利のカギとなる。

 

~天鳳勢の事前準備?~
 
プロ連盟Aルールでの勝負に挑む天鳳勢たち。もちろん研究してこの戦いに挑んできたはずだが、特に研究しているように見えたのが就活生@川村軍団さん。

 

100

 

4回戦での前原プロとの同卓、結果的には前原プロのトップだったが、最高7万点まで稼いだ前原プロと最終的には8,000点差まで肉薄。

 

100

 

特に他の人に対してはそこまで危険牌を押していないのに対し、前原プロのリーチと仕掛けに対しては相当深く切り込んでいる。
就活生@川村軍団「前原プロの待ちは通常よりも愚形待ちが多いのでギリギリまで攻め込んでみました」
一昔前ならばともかく映像対局全盛の時代ならば、対戦相手の研究は必須のこと。こういった努力があってこその天鳳位なのかもしれない。

予選成績

順位 名前 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 5回戦 6回戦 7回戦 8回戦 合計
1 前原雄大 37.4 8.8 46.2
2 就活生@川村軍団(9代目天鳳位) 17.6 21.6 39.2
3 勝又健志 31.1 31.1
4 独歩(3代目天鳳位) 23.1 ▲ 16.5 6.6
5 すずめクレイジー(4代目天鳳位) ▲ 2.0 ▲ 2.0
6 瀬戸熊直樹 12.0 ▲ 5.7 ▲ 10.1 ▲ 3.8
7 藤崎智 ▲ 4.5 ▲ 15.0 ▲ 19.5
8 かにマジン(8代目天鳳位) ▲ 22.4 ▲ 2.4 ▲ 24.8
9 前田直哉 ▲ 7.2 ▲ 21.8 ▲ 29.0
10 ASAPIN(初代・11代目天鳳位) ▲ 24.6 ▲ 37.2 17.8 ▲ 44.0

 

『1st.season』優勝のASAPINさんがまさかの最下位スタート。次節以降の挽回に注目である。

【スケジュール】
第2節  :1月22日(日)
第3節  :2月26日(日)
第4節  :3月20日(月)
プレーオフ:4月15日(土)
決勝戦  :5月4日(木)