文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

特集企画

一覧

天空麻雀18 男性大会決勝レポート 井出 康平

2017/02/16
執筆:井出 康平


天空麻雀も今回で18回目を迎えた。
プロ同士の対局で赤を導入しているのも珍しく、とにかく高打点が飛び交う。
そんな派手さも天空麻雀の魅力だろう。

今大会、初めてこの場に立たせて頂いたのだが、小島武夫プロ、森山会長、荒正義プロ。こんな凄いメンバーと打てる機会などそうはないだろう。
さらに、瀬戸熊直樹プロ、勝又健志プロ、佐々木寿人プロ、そして同じく初出場の白鳥翔プロ。燃えないわけがない。何とか自分らしく結果を出したい。そんな想いを抱いて臨んだ予選。

 

100

 

対戦メンバーはこちら。
 

100

 

小島武夫プロ
勝又健志プロ
佐々木寿人プロ

ジリジリした展開の中、何とか予選を通過し準決勝にコマを進めることができた。
続く準決勝のメンバーはこちら。

 

100

 

小島武夫プロ
荒正義プロ
白鳥翔プロ

東2局に白鳥プロとのリーチ合戦に破れ、そのまま白鳥プロのペースに。
悔しいが、僕の初出場はここで敗退となった。
そして、第18回天空麻雀の決勝メンバーはこちら。
 

100

 
小島武夫プロ
森山茂和プロ
佐々木寿人プロ
白鳥翔プロ

なんと、今回初出場の白鳥プロを除いた3名は過去の優勝経験者。それも3人合わせると開催の半分以上の優勝回数となっている。
実力、相性、共に優れたこの3者に白鳥プロはどう挑むのか。

開局、西家の白鳥プロが2枚目の西を鳴きこの形。

二万三万四万赤五万六万四索五索八索九索九索  ポン西西西  ドラ八索

ここに小島プロから暗カンが入り新ドラが四万に。その同巡、白鳥プロが四万を引き一気にチャンス手に。
しかし、白鳥プロに意地悪なツモがくる。

二万三万四万四万赤五万六万四索五索九索九索  ポン西西西  ツモ赤五索

三索が3枚と六索が2枚場に切れているためシャンポンに待ち変えする。
白鳥プロらしい冷静な選択だと思っていたら、親の小島プロから強烈なリーチがかかる。

四万五万六万七万八万九万東東北北  暗カン牌の背南南牌の背  リーチ

捨て牌も派手で、マンズのホンイツ濃厚だが、開局から勝負を決めにいった気合のリーチ。
ここで白鳥プロは4枚目の三索を引きアガリ逃しとなる。更にマンズの無筋を掴み撤退。
ここは小島プロの1人テンパイとなる。

東1局1本場も手がぶつかる。
まずは白鳥プロが戦略の入った先制リーチ。

二万三万四万三索四索四索五索五索六索二筒四筒八筒八筒  リーチ  ドラ中

そこに森山プロもドラを重ねて勝負。

二万二万四索四索五索五索五筒赤五筒六筒北北中中

森山プロはさすがにヤミテン。更に佐々木プロが被せてくる。

七索七索七索三筒三筒四筒五筒六筒六筒七筒八筒白白  リーチ

このリーチに、ヤミテンに構えていた森山プロが白を一発キャッチ!
現状満貫テンパイの森山プロ。いくのか引くのか!

序盤から全員が手をぶつけ合う激しい展開に!
果たしてこのあとどうなるのか!?熱き戦いを是非本編でお楽しみください!