文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

特集企画

一覧

天鳳位vs.連盟プロ対抗戦 3rd season プレーオフレポート:ケネス徳田

2017/12/15
執筆:ケネス徳田


予選成績

順位 名前 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 5回戦 6回戦 7回戦 8回戦 合計
1 独歩
(3代目天鳳位)
44.1 42.2 32.4 4.7 ▲ 13.7 2.8 ▲ 10.3 ▲ 10.8 91.4
2 勝又健志 ▲ 4.0 26.6 15.2 23.5 25.2 ▲ 36.0 ▲ 8.6 7.8 49.7
3 前田直哉 ▲ 26.9 19.6 ▲ 7.1 34.4 11.9 ▲ 23.1 14.2 22.4 45.4
4 佐々木寿人 ▲ 8.5 11.1 ▲ 16.4 33.9 ▲ 26.3 32.9 29.0 ▲ 19.7 36.0
5 かにマジン
(8代目天鳳位)
▲ 28.2 ▲ 14.0 18.6 32.0 29.2 ▲ 13.3 ▲ 5.8 12.4 30.9
6 ASAPIN
(初代・11代目天鳳位)
▲ 18.9 12.9 ▲ 7.2 41.9 ▲ 7.9 ▲ 38.9 27.6 0.2 9.7
7 前原雄大 ▲ 16.5 0.4 7.8 13.2 ▲ 30.5 17.3 ▲ 0.9 ▲ 2.6 ▲ 11.8
8 就活生@川村軍団
(9代目天鳳位)
41.0 ▲ 46.5 ▲ 25.9 7.5 ▲ 26.9 47.9 13.8 ▲ 25.0 ▲ 14.1
9 藤崎智 3.7 ▲ 20.4 6.7 ▲ 42.8 ▲ 26.8 27.7 ▲ 42.6 63.3 ▲ 31.2
10 瀬戸熊直樹 ▲ 30.5 42.4 ▲ 34.7 ▲ 18.4 6.7 ▲ 7.7 39.3 ▲ 56.0 ▲ 58.9
11 すずめクレイジー
(4代目天鳳位)
8.1 38.5 ▲ 35.2 3.3 11.5 ▲ 52.2 ▲ 28.1 ▲ 27.6 ▲ 81.7
12 おかもと
(12代目天鳳位)
▲ 12.2 ▲ 6.8 ▲ 13.9 ▲ 29.6 ▲ 35.4 ▲ 29.0 ▲ 26.1 35.6 ▲ 117.4

~予選1位の価値の是非~

 

最近のプロ野球では、リーグ戦の1~3位にCS(クライマックスシリーズ)の出場権が与えられ、CSを勝ち抜いた1チームが日本シリーズに進出できる。今年はセ・リーグのDeNAがリーグ戦3位からのCS優勝が記憶に新しい。こうなるとCS否定論の声も上がるが、システムがそうなっている以上、優勝が非常に厳しい状況ならば道中3位を目標とした戦い方をするのが自然であろう。

さて、競技麻雀のリーグ戦では「優勝」を決めるリーグ戦では得てして、決勝戦の4名を決めるまではポイント累計、そしてその4名が決まった段階でリセットというのがオーソドックスなシステムである。だけど「予選1位と4位が同条件で戦うのはおかしい」という声はほとんど聞かない。

つまり麻雀のリーグ戦の場合、1位通過も4位通過も一緒なら4位通過を狙ったほうが得…という考え方もあるが、最初から4位狙いをする人はほとんどいない。道中まではもちろん1位もしくは2位の安全圏、そして最終戦でラスを引いても4位に残れる、それが理想の位置である。

逆に最終戦を4位でむかえてしまうと、沈めないというプレッシャーに押しつぶされかねない(そういう意味だと5位や6位でむかえた方が背水の陣に構えられやりやすいのかもしれない)。

このプレーオフでは各自2半荘打ち。予選1位でむかえたのが三代目天鳳位・独歩さん。

 

100

 

+91.4Pということは、2連続ハコラスでマイナスになる。つまり2連続ラスでも小さいラスならOK。初戦を無難にまとめれば決勝当確となる。

このように全く無理をしなくていい状況で最終戦、あるいは残り2戦をむかえられるのが予選1位の特権である。

局を潰す人が素直にアガる…そうなると得てして無風で終わることになる。プレーオフ1戦目もなんとオーラスでトップとラスまで2,500点の超接戦となっている。

 

100

 

 

 

~誰にでもチャンスがある熾烈な決勝争い~

 

さて逆にボーダー争いは熾烈になる。特に上の状況では独歩さん以外の3人はしびれる展開であろう。

ラス親で逆転に賭けたい就活生@川村軍団さん、そして現在4位・5位で浮きで終わらせたい佐々木プロ、かにマジンさん。

 

100

さてかにマジンさんがダブ南をポンしてのテンパイ。待ちは四筒五筒のシャンポン待ちだが、理牌が…三筒六筒チーの待ちかえを想定している。

佐々木プロが1巡三筒を残してしまったタイミングで、就活生@川村軍団さんの打三筒をかにマジンさんがチー。そして佐々木プロの手が一歩進み…
かにマジン「ロン」

二索三索四索四筒五筒北北  チー三筒 左向き四筒 上向き五筒 上向き  ポン南南南  ロン三筒

 

100

 

激戦を制したのはかにマジンさん。放銃した佐々木プロがラスに転落となった、

 

 

~戦国時代には下剋上がつきもの~

 

上位陣は余裕綽々、ボーダー付近は熾烈な争い、さて下位陣は?

答えは簡単、背水の陣で攻めるのみ

 

100

 

南場の親番、わずか3巡目でリーチ。そして一発ツモ!
同1本場ではASAPINさんから5,800のアガリ。

五万六万七万二索三索六索七索八索二筒三筒四筒西西  ロン一索  ドラ三万  裏二索

 

100

 

安目引きリーチでも当然のように4,000オールのツモアガリ。
結果5本場まで積み7万点オーバー。同卓者3人の心を折るには十分すぎる力を見せた。

 

100

 

さらに前原プロにとってはこの日2戦目、プレーオフ最終戦でも4万点オーバーのトップ。2ndシーズン覇者として連覇を視野に入れた麻雀を見せた。

 

100

 
プレーオフ成績

順位 名前 予選合計 プレーオフ1回戦 プレーオフ2回戦 合計
1 独歩

(三代目天鳳位)

91.4 ▲ 5.7 35.5 121.2
2 前原雄大 ▲ 11.8 60.6 32.9 81.7
3 かにマジン

(八代目天鳳位)

30.9 16.5 ▲ 14.0 33.4
4 ASAPIN

(初代・11代目天鳳位)

9.7 2.0 13.4 25.1
5 佐々木寿人 36.0 ▲ 17.1 ▲ 8.4 10.5
6 勝又健志 49.7 ▲ 19.8 ▲ 30.3 ▲ 0.4
7 就活生@川村軍団

(九代目天鳳位)

▲ 14.1 6.3 3.2 ▲ 4.6
8 前田直哉 45.4 ▲ 42.8 ▲ 32.3 ▲ 29.7

結果、予選1位のアドバンテージを活かした独歩さん、大爆発を見せた前原プロ、プレーオフ初戦トップのかにマジンさん。そして前原プロとの同卓で2戦とも2着でぶらさがったASAPINさんが4位にすべりこんだ。