文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

特集企画

一覧

天鳳位vs.連盟プロ対抗戦 3rd season 決勝レポート:ケネス徳田

2018/01/17
執筆:ケネス徳田


~天鳳位vs.連盟プロ ついに終止符~

 

1stシーズン(天鳳ルール)はASAPINさんが優勝。

 

100

 

2ndシーズン(プロ連盟公式ルール)は前原雄大プロが優勝。

 

100

 

イーブンでむかえた3ndシーズン(WRCルール)。奇しくも1st・2ndで優勝した2人が決勝に進出している。

決勝3人目は独歩さん。1stシーズン以来の決勝。この3ndシーズンでは予選序盤から1人抜けており、悠々と決勝進出を決めている。

 

100

 

そして4人目はかにマジンさん。これで天鳳位のオリジナルメンバー5名は全員決勝進出経験を持ったことになる。

 

100

 

 

 

~1st覇者が早々と脱落!~

 

初戦から本手のぶつかり合いとなったこの決勝戦。最初にテンパイが入ったのはASAPINさんだが…

 

100

 

二索六索のシャンポン待ちだが打六索としてテンパイ外し。狙いはソーズの一通と五筒のくっつき。なのでツモ五索でもテンパイ取らず。あくまで手役を狙う。
しかしこの選択が最悪の結果に。まさかのツモ六索で一度目のアガリ逃し。そして9巡目に独歩さんのリーチ。

[独歩さん捨て牌]
東西七万 上向き五索 上向き発三万 上向き
九筒 上向き東九筒 左向き

このリーチに対し

 

100

 

五索ツモの時にテンパイを取っていたなら…これで2度目のアガリ逃し。それでもスジの二索を切ってカウンターに構えたら…

独歩「ロン」

一万二万三万五万五万一索三索一筒二筒三筒四筒五筒六筒  ロン二索  ドラ八索  裏二筒

123三色の放銃となってしまう。

続く東2局もASAPINさんが親番の7巡目で

 

100

 

一筒を切ればテンパイだが、打六万とテンパイを外す。もちろん678三色狙いなのだが…これも結果は

独歩「ロン」

一万一万一万二万三万四万五万六万七万九万南南南  ロン九万

またもや満貫の放銃となってしまったASAPINさん。若干本来の打ち方とは違う(?)手役を重視してしまったがための連続放銃。本人も後まで悔やんでいたほどで、挽回も難しく早々と優勝戦線から脱落する。

 

100

 

 

 

~自分の型で戦い続けることが大事~

 

独歩さんを追うのは、決勝唯一の連盟代表前原プロ。最初のアガリはなんとメンチン!しかも独歩さんから。

 

100

 

ASAPINさんの仕掛けに通っているドラの五万待ち。余ってないマンズ、直前切った2枚も安全牌だっただけに完全に気配を消していた前原プロの技ありのメンチンと言える。
このアガリを足掛かりに南場の親番で5万点後半まで稼ぎ出し初戦を制す。

 

100

さて2回戦東4局。わずかながらトップ目の独歩さんが

 

100

 

前原プロ、ASAPINさんが2人仕掛けているところからツモ八万でこのメンホンテンパイを…取らず! 打五万から次巡ツモ六万でツモリ四暗刻テンパイ。そして…

 

100

 

8,000・16,000! 6万点オーバーの大トップで2戦目を制す。

前原プロ、独歩さんのマッチレースの呈をじっと耐えてチャンスをうかがっていたのがかにマジンさん。南場の親番、独歩さんの先制リーチを受けて

 

100

 

南をポンしてカン二筒待ちで突っ張る。同巡前原プロも追っかける。

独歩
一万二万三万六万六万二索三索四索五索六索九筒九筒九筒

前原
四万五万六万一索一索四索四索二筒三筒四筒六筒七筒八筒

結果は独歩さんが二筒を掴んでかにマジンさんの12,000のアガリ。この半荘を制して最終戦は実質3人での争いとなる。

現状トータルトップの前原が東4局で先制リーチ。

 

100

 

この状況でこのリーチを打つのも非常に勇気がいる。現にかにマジンさんが

 

100

 

ドラトイツのカン八索イーペーコーから3枚目のドラをツモってくる。自分のアガリだけ見て、そしてトップ目がリーチときたのなら、七索切りの追っかけリーチの一手である。とはいえ親リーチ、一発で打ったらほぼ終了、というリスクもよぎったのか打九索。結果ツモ八索で再び打九索

六万七万八万二索三索四索七索七索八索八索六筒六筒六筒  ドラ六筒

形だけ見たらテンパイなのだが完全に八索のアガリ逃し。その後前原がしっかり二万ツモ。この2,000オールが決定打となってしまっただけに、かにマジンさんの胸中は…。

 

100

 

 

100

 

終わってみれば前原プロが2ndシーズンに続いての連続優勝。現・鳳凰位にふさわしい絶対王者ぶりを天鳳側に見せつけた格好となった。