文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

特集企画

一覧

天空麻雀20 女性大会決勝レポート 山脇 千文美

2018/12/06
執筆:山脇 千文美


100

 

今回で記念すべき第20回目となる天空麻雀に、初出場、そしてレポートも担当させていただきました、山脇千文美です。
この天空麻雀の魅力の1つとして、対局が終わったあとに解説者と選手で行われる牌譜検討、プレイバックのコーナーがあります。
私は日本プロ麻雀連盟に入って1年目から、その牌譜検討のコーナーで使うための牌譜を採る仕事をしていました。
天空麻雀のスタジオ内での仕事でしたので、私もいつか、選手としてあの舞台で麻雀を打ちたいと、ずっと夢見ていました。

そしてとうとう、念願のその日が訪れたのです。

 
100
 

予選A卓。
集合時間の朝早いA卓のメンバーは、体調を整えるのも大変です。
並びは東家から和久津晶プロ、魚谷侑未プロ、岡田紗佳プロ、二階堂亜樹プロ。
岡田プロも、天空麻雀初出場です!

 
 
100
 
そして私の出場した予選B卓。
並びは東家から私山脇、高宮まりプロ、黒沢咲プロ、宮内こずえプロ。
私も最後まで通過の可能性を残し、オーラスも条件を満たしたリーチを打つことには成功したものの、結果は予選敗退となってしまいました。

予選A卓、予選B卓が終わり、決勝卓に駒を進めたのは、
和久津晶プロ、魚谷侑未プロ、宮内こずえプロ、高宮まりプロ。

4人とも天空麻雀の優勝経験のある強者揃いの決勝卓。
誰が勝っても、おかしくありません!!

 
100
 

決勝卓の並びは東家から、魚谷侑未プロ、和久津晶プロ、高宮まりプロ、宮内こずえプロ。
和久津プロの盛り盛りヘアーや、宮内プロの猫耳ヘアーも、見どころです♪

そして、4人の雀風を問われた解説の佐々木寿人プロからは、
「全員揃って攻撃型と言えるでしょう。」の一言。
確かに、かなりバチバチの試合になる予感・・・。 

東1局から、佐々木プロの一言を象徴するかのような、攻防が繰り広げられます!
高宮プロが以下の手牌で先制リーチをかけますが、和久津プロと魚谷プロが、簡単にはオリてはくれません。

六万六万二索三索四索四索赤五索四筒五筒六筒七筒八筒九筒  リーチ  ドラ六筒

結果は手が整った和久津プロからの放銃で8,000点のアガりとなりましたが、どうやらこの満貫1回では、あまりアドバンテージにはならなそうだ・・・。

東3局。
先程は放銃に回ってしまった和久津プロに赤を2枚使った大物手が入ります!

二万二万五万赤五万五万七万八万九万六索七索赤五筒六筒七筒  ドラ八索

リーチを打った時点では山に5枚残っていた五索八索赤五索も残っていましたが、ここは流局となってしまいました。

その後、あまり大きな動きはないまま、南入に。つまり、全員に優勝チャンスが残った手に汗握る展開!!
ここからは1つ1つのアガリが、直接優勝に繋がっていきそうです!!

さあ、優勝するのは一体誰だ?!
続きは本編で(^^)

結果を知っている皆さんも、これから視聴する皆さんも、
12月8日からの再放送をお楽しみいただけると嬉しいです!
なんと今回は、ファン必見の名場面を織り交ぜた特別編集も放送されるそうです。
20回目という記念すべき天空麻雀の優勝者誕生の瞬間を、見逃すな!!

天空麻雀20女性大会決勝
再放送予定
12月8日(土)9:30~
12月13日(木)13:00~
12月19日(水)21:00~