文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

特集企画

一覧

天空麻雀20 男性大会レポート 紺野 真太郎

2019/02/21
執筆:紺野 真太郎


100

 

今回、記念すべき20回大会に初出場させて頂くこととなった。だが、ここまでに出場のチャンスが無かったわけでは無かった。「天空への道」という天空麻雀への出場権を賭けた番組に出場したが、そこで敗れてしまった。したがって、この天空麻雀に対する思いは大きく、心に期するものがあった。

 

 

100

 

予選A卓 起家から 佐々木寿人、ともたけ雅晴、灘麻太郎、荒正義

先行するともたけであったが、大きくは抜け出せない。東4局、親の荒がこのアガリ。

三万四万六万六万一筒二筒三筒三筒四筒赤五筒六筒七筒八筒  リーチ  ツモ五万  ドラ北  裏五索

2,600オールでともたけを捉えた。荒はこの勢いそのままにオーラスを迎え1位抜け濃厚に。しかし、2、3位の準決勝進出は大混戦。佐々木24,000、ともたけ21,600、灘23,500と誰もが準決勝勝ち上がりと敗退がある得点状況に。息詰まる展開となったが、ここは灘が700・1,300をツモり決着。荒の決勝、灘、佐々木の準決勝進出となった。

 

 

100

 

予選B卓 起家から 沢崎誠、森山茂和、紺野真太郎、前原雄大

東1局から手がぶつかるバチバチの展開(ドラ九索

森山 一索二索三索三索四索四索五索六索白白白発発

紺野 一万二万三万一索二索七索八索九索一筒二筒三筒中中

前原 四万四万七索九索一筒一筒一筒五筒五筒赤五筒南南南

これを制したのは前原。森山から満貫のアガリ。このあと紺野が一時は逆転をするが、ラス親の前原に再逆転を許し、前原が決勝進出。紺野、沢崎が準決勝へ廻ることとなった。

 

 

100

 

準決勝 起家から 灘麻太郎、紺野真太郎、沢崎誠、佐々木寿人

予選A卓では我慢の展開を強いられた佐々木がこの準決勝では爆発。6万点近くまで得点を伸ばして、決勝の椅子を確保。オーラスを迎えて、決勝権利の2番手、灘を追う紺野は1,600・3,200、沢崎は跳満ツモ条件。佐々木が親の為、1局勝負であったが、灘が攻めてアガリ切り、最後の椅子を奪い取った。

私、紺野はここで敗退。前原、灘の大きさ、強さを改めて実感させられた結果となった。もし、またここに戻ってくることが出来たら、その時には負けないくらいに大きく、強くなっていたいと思う。

 

 

100

 

決勝 起家から 荒正義、灘麻太郎、前原雄大、佐々木寿人

偉大なレジェンドを前に、準決勝の勢いそのままに、佐々木が最多優勝記録を伸ばすのか、そうはさせじと、レジェンド達が立ちはだかるのか、注目の決勝、東1局、親の佐々木が放った東を灘が仕掛ける。

一筒二筒四筒赤五筒六筒六筒八筒南南西  ポン東東東  ドラ五万

荒はヤミテン。

二万三万四万六万七万八万一索二索三索四索五筒六筒七筒  ドラ五万

役なしだが、手変わり、というより場の雰囲気での選択か。

前原もヤミテン。

五万五万四索五索赤五索六索六索七索八索九索一筒二筒三筒  ドラ五万

打点十分、場も比較的ソーズが安い。

負けじと佐々木がリーチ

二万二万七万八万九万三索四索五索三筒四筒六筒七筒八筒  ドラ五万

ここでヤミテンにする佐々木を私は知らない。期待通りのリーチだ。

・・・・東1局から燃え上がる展開であるが、このままでは、興奮で結末まで書いてしまいそうだ。危ない、危ない・・

結末は是非皆さんの目で見ていただきたいと思う。

では、この辺でレポートを終わらせていただくとしよう。それではまた。