文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

特集企画

一覧

日本プロ麻雀連盟 感謝祭2019レポート 小笠原 奈央

2019/05/17
執筆:小笠原 奈央


毎年の恒例行事となってまいりました

“日本プロ麻雀連盟感謝祭”

今年で5回目を迎えることとなりました。

日本プロ麻雀連盟感謝祭とは……
日頃我々日本プロ麻雀連盟がお世話になっている方や、麻雀業界の発展に携わってくれている企業の方、著名人の方々にお集まりいただき、日頃の感謝の意も込めまして一緒に麻雀をしながら楽しい時間を過ごしましょう!という大会となっています。

今回レポートを担当させていただきます
小笠原奈央です。
自身で撮ってきた写真も交えながら楽しかった時間を皆様にお伝えできれば嬉しいです。宜しくお願い致します。

大会当日……

私は緊張していました。今まで3年程スタッフとして立ち会っていた感謝祭。今回は、なんと本人も驚きの選手としての参加。嬉しい反面、無礼があってはならぬ!と緊張が入り混じります。
心を落ち着かせる為にも早く会場入りしよう…落ち着け、私。

そこには私より前に会場入りをしている準備万端のA1リーグHIRO柴田プロが!
もしや柴田さんも私と同じく緊張しているのか?!そんな訳ないか(笑)
ただ、30分以上も前に卓にしっかりと座って待機をしている柴田プロは素敵です。

 

100

 

ここにも一名緊張しているプロが…

そう!日吉プロ!

 

100

 

日吉プロは毎年、選手ではなく名実況を活かしてのMCとして場を盛り上げてくれています。
面白い話や、やり取りを交えながら言葉巧みに話す日吉プロ。
その裏には、努力と念入りなる予習があるんです。そして一言一句が全力投球、力を抜かない喋りっぷりが麻雀プロとは思えません(笑)頭が下がります。

そんなんこんなしている間に今年も活躍を魅せた連盟オールスター達がどんどん到着し、皆で最終打ち合わせを済ませゲスト様を迎え入れることに。

 

100
100
100

 

中山プロ、菅原プロは今回運営スタッフとして。スタッフの面々も豪華メンバー揃いです。

今回の大会も半荘4回戦のトータル成績を競い合う個人戦はもちろん、プロ2名参加ゲスト2名の4人チームの成績を争うチーム戦。
プロ&ゲストのペアの成績を競うペア戦と3部門で競い合います!

ルールは一般的な一発ウラあり赤あり。
順位点は1回戦ごとに上がっていくシステムです。

それでは我が団体の参加選手とゲストの皆様をチームごとに紹介しましょう!

どこを見渡しても麻雀を愛し、麻雀の面白さを色々な角度から世に広めようと動いてくれている人々ばかりです。

 

◉アマゾネスチーム
齊藤陽介様(スクウェア·エニックス取締役)
松本拓様(テレビ東京「天」「銀と金」プロデューサー)
和久津晶(第9.12期プロクイーン)
山井弘(リーチ麻雀初代世界チャンピオン)

100

齊藤陽介様

100

松本拓様

100

和久津晶

100

山井弘

 

◉セガ·コナミチーム
髙畑大輔様(Mリーグセガサミーフェニックス監督)
石田進矢様(MリーグKONAMI麻雀格闘倶楽部担当)
魚谷侑未(Mリーグセガサミーフェニックス所属)
高宮まり(MリーグKONAMI麻雀格闘倶楽部所属)

100

髙畑大輔様

100

石田進矢様

100

魚谷侑未

100

高宮まり

 

◉日テレチーム
英正規様(株式会社CS日本メディア営業部副部長)
中谷敏夫様(日本テレビ「アカギ」プロデューサー)
山田浩之(第2回リーチ麻雀世界選手権第3位)
内川幸太郎(十段位)

100

英正規様

100

中谷敏夫様

100

山田浩之

100

内川幸太郎

 

◉亜樹·瑠美チーム
野村和生様(名古屋テレビ放送株式会社常務取締役)
藤沢晴信様(MリーグEX風林火山マネージャー)
二階堂瑠美(第11期プロクイーン)
二階堂亜樹(女流プロ麻雀日本シリーズ2017優勝)

100

野村和生様

100

藤沢晴信様

100

二階堂瑠美

100

二階堂亜樹

 

◉Abema TV
藤田晋様(株式会社サイバーエージェント代表取締役)
塚本泰隆様(AbemaTV編成部プロデューサー)
白鳥翔(第24.25期麻雀マスターズ優勝)
岡田紗佳(てんパイクイーン連覇)

100

藤田晋様

100

塚本泰隆様

100

白鳥翔

100

岡田紗佳

 

◉重量級チーム
大塚達也様(アース製薬株式会社取締役会長)
櫻田厚様(株式会社モスフードサービス代表取締役会長)
紺野真太郎(第34期A2リーグ優勝)
仲田加南(女流桜花)

100

大塚達也様

100

櫻田厚様

100

紺野真太郎

100

仲田加南

 

◉貴闘力チーム
貴闘力様(元関脇)
日野洋一様(株式会社シルバーバックス·プリンシパル代表取締役)
前原雄大(第12.25.33.34期鳳凰位)
HIRO柴田(鳳凰戦2期連続準優勝)

100

貴闘力様

100

日野洋一様

100

前原雄大

100

HIRO柴田

 

◉USENチーム
宇野康秀様(株式会社USEN-NEXT HOLDINGS代表取締役社長CEO)
中井川俊一様(iXIT代表取締役社長)
佐々木寿人(第7期麻雀‪グランプリ‬MAX優勝)‬‬‬
宮内こずえ(第10期女流桜花)

100

宇野康秀様

100

中井川俊一様

100

佐々木寿人

100

宮内こずえ

 

◉タッキーチーム
滝沢和典(第32.33期王位)
和泉由希子(第11.14回天空麻雀女性大会優勝)
※ゲストのかたは今回お名前を伏せさせていただきます

100

滝沢和典

100

和泉由希子

 

◉チームロイヤル
森田勉様(ロイヤルシステム株式会社代表取締役社長)
富家大我様(弁護士)
荒正義(日本プロ麻雀連盟副会長)
勝又健志(第32期鳳凰位)

100

森田勉様

100

富家大我様

100

荒正義

100

勝又健志

 

◉われポンチーム
加賀まりこ様(女優)
清弘誠様(演出家)
萩原聖人(俳優)
前田直哉(第31期鳳凰位)

100

加賀まりこ様

100

清弘誠様

100

萩原聖人

100

前田直哉

 

◉チーム森山
‪森山直太朗様(歌手)‬‬‬‬
御徒町凧様(作詞家)
森山茂和(日本プロ麻雀連盟会長)
小笠原奈央(第1回プロNo.1決定戦優勝)

100

御徒町凧様

100

森山茂和

100

小笠原奈央

 

◉テレ朝チーム
柿野陽様(株式会社テレビ朝日)
藤崎智(第16.33.34期十段位)
古谷知美(第1回Lady's麻雀‪グランプリ‬優勝)‬‬‬
※ゲストのかたは今回お名前を伏せさせていただきます

100

柿野陽様

100

藤崎智

100

古谷知美

 

◉競輪チーム
中野浩一様(世界自転車選手権男子スプリント10連覇)
伏見俊昭様(アテネオリンピック銀メダリスト)
灘麻太郎(日本プロ麻雀連盟名誉会長)
吉田直(鳳凰位)

100

中野浩一様

100

伏見俊昭様

100

灘麻太郎

100

吉田直

 

◉電通チーム
高柳寛哉様(株式会社電通)
平野貴宣様(株式会社電通)
瀬戸熊直樹(第29期鳳凰位)
黒沢咲(第6.7期プロクイーン)

100

高柳寛哉様

100

平野貴宣様

100

瀬戸熊直樹

100

黒沢咲

 

◉モンド近代麻雀チーム
上島大右様(MONDOTV麻雀プロリーグプロデューサー)
金本晃様(麻雀最強戦実行委員長)
伊藤優孝(第3期最強位)
沢崎誠(第24期最強位)

100

上島大右様

100

金本晃様

100

伊藤優孝

100

沢崎誠

 

今回も錚々たる顔ぶれ。
16チームの計64名で行われます。

ちなみに私はチーム森山。
何故チーム森山かと言うと…
森山×奈央 で 森山 直太朗さんっていうね(笑)
森山さんも御徒町さんも私はもちろん初めまして!とっても緊張していましたが、お二人がとても気さくで柔らかい。
『○○プロの切り方の真似!はははー!!』『○○プロの真似も出来るよー!』と場を盛り上げて下さり、麻雀愛も凄く伝わってきて、直ぐにお2人のお人柄に魅了されることに。
『僕らのチームはリーチリーチ!で行く作戦で頑張りましょう』との会長の言葉に皆で手を重ねて『おー!』と気合を入れ、早くもチーム森山はチームワーク完璧。
他のチームも作戦会議をしたり、どういったペア分けにするかなど楽しく盛り上がっていました。

 

100

 

チーム雷電はゲスト様も含めチームユニフォームを皆で着用。んー素敵!優孝さんはモンド近代チームですがネクタイカラーが少し雷電風なのでパシャリ!とってもお洒落。

大会中も皆で盛り上がれる跳満賞や倍満賞、飛び賞、そしてビンゴ賞など多くの賞が用意されました。
他にも商品ご提供いただきました皆様、有難うございます。

1戦目から白熱バトル!
あっちこっちから『跳満出ましたー!!』『倍満出ましたー!!』『ビンゴなりそうです!!』

私も負けてられんとタンヤオドラ3赤1のカンチャンをツモり跳満!(笑)
会長に僕らはリーチリーチで行こうって言われたのに全然実行していなかったっけ(笑)
ただその後親番テンパイで滝沢プロのリーチに一発で打ち込み跳満…2着ーぐは

ペア戦の御徒町さんの様子を見に行くと……堂々のトップ!会長も堂々トップ!強っ!
森山さんは惜しくもマイナスだったが初感謝祭を楽しんで下さっている様子。凄く嬉しかったです。

それぞれチームが後ろで見合って応援したり、『次の作戦はー…』なんて話をしたり、既に一体感が生まれていました。
初めましての方々も多いはずなのに、麻雀を通して会場は笑顔と笑いで溢れ、これが麻雀の力なんですね。

2戦目……

10分もしないうちに
『倍満賞は売り切れましたー!!』
『ビンゴ出ましたー』『こっちもビンゴー』
早くないですか?!

私は親番でホンイツリーチ!で親跳アガるもその後失速、結局3着で終わってしまうという残念な結果。
御徒町さんと会長はまたもやトップ!!
いやーすみませんーーー(汗)
この時、チーム森山はチーム成績首位に!歓喜。どんどん順位点が上がっていくから、私もチームに貢献しなくては!と自身に喝を入れます。

軽食で用意されている、まい泉のカツサンドをゲットし満遍の笑みの宮内プロ。非常にお腹が空いていたらしい。(笑)

3戦目には、我らチームは全員3着(涙)

 

100

 

でも、『1回首位で名前呼ばれただけ凄いよ!』『最後は順位点が大きいから皆1位なら全然あるよ!』とお互いを高め合い、共に最終戦頑張ろうと誓い合います。いいですね、このチーム愛。

われポンチームは、最初『前田プロなんでわれポンチームなの?われポン関係あったー?』とチームに弄られていたが(笑)試合が進むと、互いに走り寄っていき『何位?!』『そっちは何位?!』『いけるぞーー!!』とハイタッチをしてかなり団結力がとれていました。

チーム、ペア、そして個人。それぞれの成績が気になってくる最終戦。

そこに考え込むプロが……

‪一時的ではありましたがイメチェンがとても似合っていた和泉プロ。‬‬‬‬

『んーどういうのが良いかなー瀬戸熊さん、前回は何を選んだんですか?こずえは?ペン字かーどうしようかなー』

 

100

 

そう。今回も最下位のプロには、困ったときに手に職をということで、好きな講座を選べる特典があります。
3回戦を終えた時点でマイナス100以上をしてしまった和泉プロ。早くも何にしようか迷っています(笑)きっと今日の占いもよくなかったのでしょう(笑)

最終戦が始まり、さらに選手同士の気合が入ります。最後の順位点は20-40なので全員がトップをとれば大どんでん返しも起こりうるのです。

私は最終戦…貴闘力さん、野村さん、魚谷プロとの対戦。魚谷プロは勿論、ゲスト様も負けず劣らず強い!オーラスどうにか私はトップ目に。そこであまり点数が無かった貴闘力さんが

『んーどうしよう。でもなー、皆に悪いしなー。』
次巡
『かーーー!やっぱり一発ツモだったよなーうんうん。』

周りの点数状況がせっていることから自粛しようと一旦、テンパイを崩されたものの、今までの勝負勘でこれは一発でツモりそうという気持ちがあった為、悩まれたそうです。
貴闘力さんの麻雀を楽しむだけでなく、周りにまで配慮する優しさや心配りが垣間見られました。

そして、ふー!なんとか私がトップで最終戦は終了しました。

総合ポイントが発表されるまで、チーム同士で予想をつけて盛り上がります。
我々チームも奮闘はしましたが苦しい最終戦となり、それでも、『いやーめっちゃ楽しかった!』『1回チームが首位に立てただけ凄い』『またこのチームでリベンジしよう!』
そう言って頂き、改めて素敵な方々とチーム森山として戦えた時間が私にとってはこの上なく幸せでした。
実は【生きてることが辛いなら】を聞いていつも元気もらってます。

いよいよ表彰式。楽しい時間はあっという間です。

まずは大トップ賞……

なんと風林火山である滝沢プロ、二階堂亜樹プロにEX風林火山Tシャツが贈呈されます。
『どんだけチーム愛つよいんだよ!!』と周りから突っ込みが入り、会場は笑いで包まれました。
(お2人共ゲスト様にお譲りしておりました)

役満賞の福袋は役満が出なかった為、後にジャンケン大会となりチームの代表同士で壮絶なバトルが繰り広げられました。あーめっちゃ欲しかった!!

そして、成績発表!
順にチームと名前が呼ばれていきます。

まずはペア戦

見事優勝したのは

アマゾネスチームから齋藤さん山井プロペア

山井プロ『僕チーム戦得意なんですよね!皆さん僕チーム戦良いですよ!』

なにかアピールをしているよう。会場は笑いの渦に…山井さん最高です。

続きましてチーム戦。

見事優勝したのは……ジャジャジャン!!

われポンチーム!

最高のコンビネーションが取れた素敵なチームでした。
加賀さんは会場入りするなり、『あ!奈央ちゃん!元気?』と手を振って下さり、私の事を覚えていて下さっていたなんて。しかも名前まで…感極まりました。清弘さんも、いつも優しい素敵な笑顔と口調でマイナスイオンが全開の方。萩原プロも同卓時に、『小笠原には負けんぞ!』『きたー!イーペーコーアガってビンゴ完成!!』と同卓者皆を盛り上げながら終始楽しい時間を提供してくれました。
負けず劣らず前田プロもいつも通り、スロットル全開の最高トーク。

加賀さん・清弘さん『優勝出来て本当に本当に嬉しい!生きていて良かった!最高の気持ちです』満遍の笑みで本当に優勝した事が嬉しいという気持ちが伝わってきて、会場もわれポンチームの優勝を共に喜びました。

最後は個人戦

見事、栄えある優勝に輝いたのは……

山井弘プロ!

おめでとうございます!!

山井プロ『いやー、優勝出来たことは勿論ですけど、商品も沢山貰えて妻にお土産いっぱい出来たんで嬉しいです!』
と、この愛妻家ぶり!奥様の作られるお菓子はどれも美味しくて、売りものみたいに見た目も綺麗なんですよね。なにかあると皆に作ってきて下さるんです。
優し過ぎます。

ここで会長が一言……

『山井はやっぱりチーム戦じゃなくて個人戦だな!!』

ガハハハハ!!!また会場に笑いが起きます。

最後は『森山会長の締めの挨拶を』とMC日吉プロが告げると

会長『あ!森山君、喋ってください!』

会長ナイスです!面白すぎます。

最後は、しっかり会長の挨拶で締めとなった5回目の日本プロ麻雀連盟感謝祭。

私は今回初めて選手として参加させて頂きましたが、色々な企業の方、普段お会いすることも出来ないような方々と共に、麻雀を通して最高に楽しい時間を過ごさせていただきました。
右を見れば真剣に打ちながら、あの局はどうだったかなー?とプロとゲスト様が話し合っている。左を見れば皆で軽食をとりながら笑いあって楽しそうに麻雀話に華を咲かせている。
後ろで自分のことのようにチームを応援する人、手をとりあって喜ぶ人達、励まし合う人達、そんな光景が嬉しくて……
個々が麻雀を愛し、それが一つとなってこの時間を生んでいることに改めて麻雀の素晴らしさを再確認すると共に、麻雀を色々な形で愛し、支えて下さっている皆々様に心から感謝の思いです。

これからも多くの方々に応援やお力添えいただけるよう、我々麻雀プロも一層気を引き締めて取り組んで参りますので、今後とも何卒宜しくお願い致します。

最後になりましたが、今後も皆々様の益々のご活躍、ご発展を心よりお祈り申し上げます。
また皆様に笑顔でお会いできますように。また共に卓を囲みましょう。