文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

特集企画

一覧

天空麻雀21 男性大会レポート 吉田 直

2020/02/21
執筆:吉田 直


100

 

鳳凰位になりやっと呼んでいただけた第21回天空麻雀。
第1回大会からパソコンで採譜を取っていて、いつかはあの舞台に立ちたいと思っていたので、このチャンスに懸ける思いは非常に強かった。

予選A卓 
起家から荒正義、伊藤優孝、灘麻太郎、森山茂和

東1局、親の荒は南家の灘の仕掛けに丁寧に回り1人テンパイの次局、伊藤のリーチに追いかけリーチを打ち4,100オールをアガると、そのまま加点していき、東場で点棒を60,000点近くまで稼ぎ頭一つ抜け出す。
森山は得意の高打点を作りリーチを打つも、アガリに結びつかず終始苦しい展開。

オーラスを迎え
荒50,500
灘40,700
伊藤31,900
森山▲3,100

森山が最後に意地を見せ、灘から親満をアガるも次局、伊藤がアガリ終局。
決勝には荒が、準決勝に灘、伊藤が進出。

予選B卓
起家から内川幸太郎、吉田直、滝沢和典、佐々木寿人

佐々木、滝沢、内川がそれぞれ高打点を決め加点して行き、吉田が1人取り残される。
オーラスを迎え三つ巴の中、最後は滝沢がアガリトップで決勝進出。佐々木、内川が準決勝に進出。
私はノーホーラーで終わってしまい何も爪痕を残せなかった。次回呼んでもらえる機会があったら必ず優勝しようと心に誓った。

準決勝
起家から佐々木寿人、伊藤優孝、内川幸太郎、灘麻太郎

親の佐々木が東1局に親満2発をアガリリードを広げる中、凄く印象深かった東2局。

東2局ドラ四万 親伊藤

内川
一索一索三索三索七索七索七索  ポン五索 上向き五索 上向き赤五索 上向き  ポン南南南

伊藤
四万赤五万六万七万八万九万三索四索五索九索九索六筒七筒

南家の内川がソウズの一色手の仕掛けを入れ目立っているので、親の伊藤は5,800をヤミテンに構える。
内川に切りづらい四索を引いて、打六筒七索を引いて七筒八索を引いて九索は勝負に行く。

四万赤五万六万七万八万九万三索四索四索五索七索八索九索

そしてハイテイで四索をツモり4,000オール。内川に対応しながら、最後はしっかり九索を勝負に行きツモアガる見事なアガリ。

南4局ドラ南 親灘

佐々木45,700
伊藤37,100
内川26,700
灘10,500

親の灘がポンテンを入れた直後、跳満条件の内川もテンパイを入れリーチ。


五万五万二索三索四索四筒五筒七筒七筒七筒  ポン八万 上向き八万 上向き八万 上向き

内川リーチ

一万二万三万一索二索三索一筒二筒九筒九筒九筒西西

伊藤
一万二万三万四万赤五万六万四索赤五索六索五筒六筒白白

しかしヤミテンに構えていた伊藤が、七筒をツモり決勝には佐々木、伊藤が進出することとなった。

 

100

 

決勝1回戦
起家から伊藤優孝、滝沢和典、荒正義、佐々木寿人

荒、伊藤のレジェンド2人に、もう若手ではなく中堅の佐々木、滝沢の対決。

東1局ドラ九万 親伊藤
まずは滝沢が先制リーチ。

六万七万五索六索七索二筒三筒四筒五筒五筒北北北  リーチ

そこに伊藤が親で追っかけリーチ。

二万二万三万三万三万五万六万七万三索四索五索赤五索五索

なんと二索がフリテンだが短期決戦ということもあり勝負に行ったのだろう。
しかし滝沢が赤五万をツモり裏が六万で満貫ツモ。

東2局ドラ三万 親滝沢

滝沢の親番で佐々木が第一打の発から仕掛ける。

五万五万赤五索七索   暗カン牌の背三索 上向き三索 上向き牌の背  ポン八索 上向き八索 上向き八索 上向き  ポン発発発 

荒が中暗カンとみんなバチバチモード。新ドラが一索七索
佐々木は、五万五万赤五索七索に、リンシャンから五索を引きトイトイ変化。伊藤から五万で満貫のアガリ。
開局から短期決戦を熟知している4名の激しい戦い。
とても見応えがあるので、この後は是非放送をご覧いただきたい。

再放送日程
#8(最終回):男性プロ決勝第2戦
22(土)9:30-
27(木)13:00-