文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

特集企画

一覧

天空麻雀12 女性大会決勝レポート

2013/06/11
執筆:蒼井 ゆりか


tenku11_m_548

エンタメーテレ」・「日本プロ麻雀連盟」でおくる『天空麻雀』も、今回で12回目の大会となりました。
現在エンタメーテレでは、女性大会決勝が放送中となっています。

今回の決勝戦のレポートを務めさせていただく蒼井ゆりかです。
ハラハラドキドキの決勝戦序盤の模様をレポートさせていただきます。
続きは番組で、視聴していただけたら幸いです。

まず、女性大会決勝進出メンバーの紹介。
起家から“純白の牌奏者”宮内こずえプロ。
テレビ大会では持ち前の強さを発揮し、数々のタイトルを持ち、今回の決勝進出メンバーで唯一、天空麻雀の優勝経験者でもあります。

南家は私、“微笑みのサウスポー”蒼井ゆりか。
2回目の出場で初の決勝進出を果たしました。
気合い入りまくりモードで決勝に挑みます!!

西家、“強気のヴィーナス”黒沢咲プロ。
日本プロ麻雀連盟のAリーガー選手でもあり、タイトルを持つ実力派。天空麻雀でも女王となるか。

北家、初出場の“最速マーメイド”魚谷侑未プロ。
今最も勢いのある女流プロといえばこの方でしょう!現・女流桜花で2連覇の快挙を成し遂げています。

さぁ!この豪華メンバーで闘牌のスタートです!!

実況の勝又プロの予言通り~?!
(対局が開始する前に勝又プロの予言がありました。
気になる方はインタビューをチェックしてみて下さい(^-^) )

東1局、起家・宮内プロ。
決勝戦一番乗りでテンパイをはたしたのは魚谷プロ。

二万二万五万七万七万九万九万一索二索二索三索東東  ドラ八筒  裏九筒

この1シャンテンから五万を引き入れて、迷うことなく三索切りの一索待ちの七対子リーチ。
前巡に切った四索が河で光っています。
ここに追い付いたのは親の宮内プロ。
一通・メンタンピンと高い手に仕上がりそうなこの手牌。

四索五索五索六索六索一筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒

ここから七索を引き入れて、手役こそ崩れてしまいましたが、待ちも打点も十分の3面待ちリーチでおいかけます!

四索五索五索六索六索七索二筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒  リーチ

親の宮内プロにおいかけられた魚谷プロは、内心ヒヤヒヤじゃなかったでしょうか?!
この手を制したのは宮内プロ。
赤五筒をツモり、開始早々嬉しい4,000オールのスタート。

東1局1本場、魚谷プロがまたも、先制リーチで攻めます。

四索五索六索七索八索九索二筒四筒五筒六筒七筒南南  リーチ  ドラ二筒

宮内プロが、

赤五万五万一索六索六索九索九索二筒六筒六筒南西西  ドラ二筒

ここに二筒を入れて、親の満貫をテンパイ。
打点は十分で、しかもリーチ後に通った一索待ちなので、ここはヤミテンに構えます。
ここに私が一索で飛びこみ、宮内プロは2局連続の親満のアガリで大きく大きくリードします。

勢いに乗った宮内プロを、ここで止めないと勝負が決まってしまう!
残された対局者3人の意思は同じだったはず…

ストップをかけてくれたのは、黒沢プロ。
東1局3本場、宮内プロの勢いが配牌にも表れます。
がしかし、黒沢プロが役ありテンパイを一番乗りで果たします。

三万四万赤五万一索一索二索三索四索一筒二筒三筒四筒赤五筒  ドラ二索

すでに満貫確定。打点は十分ですが、フラットな状態の黒沢プロなら、おそらくリーチといって跳満を引きアガリにいくところだったでしょう。そういった彼女の姿を様々な場面で見てきましたが、宮内プロの親落としというテーマの為に、きっちりとヤミテンで構え、宮内プロから8,000は8,900点のアガリ。
これをとらえることに成功しました。

長い宮内プロの親が終わり、宮内プロが頭ひとつ飛び抜けた状態は以前続きますが、
この後に魚谷プロが…
黒沢プロが…
私、蒼井が…
巻き返しを図るべく 奮闘します!

この戦いの行方は…勝利の女神は誰にほほえんでくれるのでしょうか。
続きは是非とも、この華麗で熱い戦いを皆さんお見届け下さいね!

放送スケジュール&詳細はこちらよりご確認ください。


「エンタメ~テレ」 HPはこちら

「天空麻雀12」 番組HPは こちら