文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

その他イベント

一覧

ロン2カップ2015summerレポート 小笠原 奈央

2015/09/14
執筆:小笠原 奈央


この日は、あいにくのお天気。
ロンロンカップサマーだと言うのに……

なんだか少し肌寒く、もう秋の匂いまで漂いはじめた。
あ。前回私がМCとして出させていただいたロンロンカップも雨だったけ……楽しみにしていた旅行も3日間雨だったけ……
今回は雨女。小笠原奈央がロンロンカップのレポートを書かせていただきます。宜しくお願いいたします。

今回のロン2カップサマー2015は何とニコ生公式放送!!!!!
多くの方々に見守られながらの幕開けです!!

今回のМCコンビは定番となってまいりましたアシスタントダンプ大橋プロに…
新人ホヤホヤ!!30期生!!なんとフォロワー64,000人!!
プリティボイスにプリティフェイス!!本業は言わずと知れた声優さん!!大亀あすかプロがメインМCを務めました。
大亀プロの抑揚の効いた可愛い声に、軽快なトーク!!恒例のダンププロいじりもお手の物!!良いですねー(笑)
そんな笑いがププっと飛び出るような明るい雰囲気から始まったロンロンカップ

あ!ここで軽く今回の大会のルールを説明しておきましょう!!
ロンロンでも人気フロアであります

~東南リーチバトル~
一発裏ドラあり
赤は1枚づつ
アガリやめあり

※今回は、飛び終了は無し

1位は、そのまま決勝戦へ
2位は、準決勝へ
3位は、A~C卓の3着の3名でニコ生視聴者投票で選ばれた1名のみ準決勝へ
4位は、敗退

出場メンバーは今回も超豪華!!!

初戦のA卓を戦うは…

攻めダルマこと佐々木寿人プロ
麻雀バカボンドこと滝沢和典プロ

100

佐々木寿人プロ

100

滝沢和典プロ

そこに立ち向かうはユーザー代表、私と同じ千葉であります、この対局をとても楽しみにしていたという!!

さくらぱんださん!

仙台から来られました、楽天ファン!!

伝説のエースさん

東1局から佐々木プロが場を動かしていき、東2局には2,000・4,000ツモ。
次局もリーチと佐々木プロの独壇場かと思っていたが、伝説のエースさんも配牌9種の苦しいところからの仕掛けで見事2,000.4,000を実らせる。
が、佐々木プロがまたもや浮上!伝説のエースさんのリーチに対してノータイム無筋の赤五筒切りで500.1,000の力強いアガリ。
その後も3,900、3,000・6,000の大物手をアガリ周りとの差を広げていく。

こうなると2着争いが大接戦!
ここで滝沢プロが8,300をアガリ2着に浮上!!

オーラスがなんとも楽しい局でした。
ずっと苦しかったオーラス親番のさくらぱんださん。今まで耐えて耐えてきたので親番を何としてでも連荘してほしいところ。
苦しいところから仕掛けを入れて意地を見せる!ただ、6巡目にして滝沢プロにヤミテン可能のテンパイが入る!
ここに2着滝沢プロとの差6,700点の伝説のエースさんも動きを見せチンイツへ移行!!
なんと3者テンパイ!!これはかなり面白い!!どうなる?どうなる!?

選ばれたのは滝沢プロ。2着で準決勝の切符を手に入れました。
ユーザーさん達は惜しくも3着4着となってはしまいましたが、大物手作り、そして押し引き、我慢我慢、最後まで戦う姿勢!!最後まで楽しい対局をありがとうございました。

そして、2回戦

こちらは女性卓

アマゾネスこと和久津晶プロ
不屈のベビーフェイスこと小笠原奈央プロ

100

和久津晶プロ

100

小笠原奈央プロ

あ。私です(笑)

そして、こちらの方もロンロンカップでは初登場でしょうか?

ミスパーフェクトクイーン
天は二物を与えてしまった!
魅惑の八頭身!!東城りおプロ!!

100

東城りおプロ

そこに立ち向かうは…
ユーザー代表、なんと先祖はリアルに平家の落武者さんらしいです。
その名も、平家の落武者さん

東1局は私の500・1000のアガリから…
なんだか自分の事を自分で書くのは変な感じですね。(笑)

私に手が入る手が入る。
8,000点7,700点4,200点と加点していきます。
そこに立ち向かうは和久津プロ。4,500点、12,300点とアガリを重ねます。

ラス前。なんとも、トップ目の私が競っている2着の和久津プロに8,000放銃。
これは視点がずれすぎていて本当にダメな放銃です。

そして、オーラス。あんなに離れていた点差も気付けば14,200点の跳ツモ圏内。
ここで東城プロは親番!!どうにか粘りたいところ!!2,000オールを引きアガリ本場を積みます。
ここでもっと苦しくなったのは平家の落武者さん。最後は私に役ありテンパイが入り1,300のアガリで終局。

なんと!!麻雀に席は関係ないと言いますが、1回戦2回戦とさくらぱんださん平家の落武者さんが座った席がノーホーラ。
お二人共、終始本当に苦しかった状況。対局が終わった後にお2人が、苦しすぎるだろー!!!1回ぐらいアガリたいよー!!!悔しいなー!!と話しながらも、このリベンジは必ず!と笑顔で言ってくださったことが印象的でした。

さぁ、この後の席に座る荒プロはどうなるのか?!(笑)

C卓
手役アーティストこと森山茂和プロ
北海の荒法師こと荒正義プロ
地獄の門番こと前原雄大プロ
卓上の暴君この瀬戸熊直樹プロ

100

森山茂和プロ

100

荒正義プロ

100

前原雄大プロ

100

瀬戸熊直樹プロ

東1局!!荒プロの親番!!
2巡目にして森山プロからのリーチ!それに対して追いかける!前原プロの追いかけシャンポン!
勝敗はハイテイに…
前原プロが2,000・4,000をツモアガる。
その後も2件リーチに対して荒プロの手牌には当たり牌がなんと8枚!!安牌もない中、耐え流局。
南場に入り、荒プロがトップ目の前原プロから7,700をアガリ、この席初アガリ!!
連荘をする荒プロがホンイツ12,000のテンパイを入れ、くるかー!!!と思いきや、瀬戸熊プロのリーチに一発で当たり牌を持ってきて放銃となってしまう。やはり苦しい。。

南2局もとても見応えのある局。
まず前原プロが鳴きを入れて3面チャンのテンパイを入れる。そこに森山プロからのリーチ。それを追いかける瀬戸熊プロもリーチ!同じ巡目に荒プロもリーチ!!
そこに前原プロが持ってきたのは六筒
これは2人の無筋。オリるとなると出る牌は荒プロへの放銃となる!
ここで長考が入り前原プロが選んだのは真っ直ぐ突き進む打六筒
その後、見事前原プロがツモアガリ1,300オール!!

そして、オーラス!!!
皆さん出ました!アトミックリーチ!!ツモれば16,000オール!!!
役満……見たかったー。
流局となり、最終局も接戦の中ピリオドを決めたのは前原プロ!!
前原プロが1位で決勝通過となりました。

 

100

ここで準決勝の一枠をかけ、視聴者アンケートタイム!!
A卓からはユーザー代表伝説のエースさん
B卓からは東城りおプロ
C卓からは森山茂和プロ

見事視聴者に選ばれたは……

森山茂和プロ!!

先程の熱い闘牌が視聴者の心をグッと掴み、準決勝へと駒を進めます。

準決勝
A卓 滝沢和典プロ
B卓 和久津晶プロ
C卓 瀬戸熊直樹プロ
視聴者投票 森山茂和プロ

ここは、決勝戦残り一枠の出場権を賭けた戦い。

まず親の和久津プロが4,000オール
滝沢プロが2,000・4,000、森山プロが8,000、その後に和久津プロが3,000・6,000、瀬戸熊プロが12,000と高い手が飛び交います。
南場に入り、トップ目の親番和久津プロがまたもや!!
赤五索待ちの七対子をリーチで終盤にツモアガリグッとくる4,000オールで周りとの差を広げていく。

これを止めたのは滝沢プロ。親の和久津プロがホンイツで圧をかけ、テンパイを入れ色を余らす。そこに滝沢プロがその色をぶつけ、選択を誤ることなく見事2,000・4,000のツモアガリ!!
森山プロは親番で3本場を積んで粘るが中々アガリには結びつかず、トップ目の和久津プロに500・1,000で交わされてしまう。
オーラス、森山プロは役満。滝沢プロは跳満直撃。瀬戸熊プロも親番を連荘するのみ。ただ、その差は38,500点!と、皆苦しい状況。

2本場を積んだが、8,000オール18,000直撃で逆転とまだ先は長いか。
ここで瀬戸熊プロが仕上げたのは

五万赤五万八万一索二索三索四索赤五索六索七索八索九索七筒  ツモ九筒  ドラ六索

ヤミテンで満貫が見える手だか、ここはリーチを選択。次巡、心を乱すツモ六筒
トップ目の和久津プロも、ここが勝負と1シャンテンで無筋を連打。この勝負の行方は瀬戸熊プロにとって暗雲かと思った矢先……
最後の八筒をツモ!!ツモった!!裏を……

乗せたーーーーー!!!!
一時は持ち点10,000点以下とラス目にいた瀬戸熊プロが、なんとなんとの大逆転劇!!これにはコメントも大盛り上がり!!いやー湧きましたね!痺れましたね!

はい。これで決勝メンバーが出揃いました!

佐々木寿人プロ
前原雄大プロ
瀬戸熊直樹プロ

そこに私。。。

100

緊張感を周りに撒き散らし始まった決勝戦。
瀬戸熊プロの準決勝での見事な条件を満たす倍満ツモ。

前原プロのフリテンリーチ。
一発ツモ!!

佐々木プロのタンヤオ七対子ドラドラ。これをリーチでツモ!!

やはりプロ。これでこそプロ。
この人ならつもりそう!!ツモってくれる!!観戦者をそう思わせ、その思いを叶えてくれる。見事にアガリに結びつける。感動を与えてくれる。これがプロなんだと思います。

私なりにも、今ある能力をフル回転させ、試行錯誤したつもりだったのですが、私の点棒はどこへやら。
今思い返せば、志向の根本が『恐れ』から来ていたんだと思います。そんな恐れを抱いた気持ちで勝ちたいと思ったことが間違いですね。

私の点棒をかけ……龍と鳳凰と麒麟の大乱闘!!喰うか喰われるかの血戦!!

見事ロンロンカップSUMMER2015
王座に登りつめたのは……

地獄の門番!!
前原雄大プロ!!

100

いやー、本当にこの方は怪物なのかもしれない(失礼)と思ったほどの強さでした。

全ての対局が皆さんのカラーが出ていて見応えのある内容だったんではないかと思います。
見て欲しくない気持ちもあるけど(笑)皆様にレポートだけでは伝えられない名場面が多々ありますので是非是非ご覧下さい!!きっとそこには感動があるから!!

さ!次回のロンロンカップも予選がスタートしております。
連盟チャンネルなどをよくご覧いただいてくれている方々。
『いやー!これ切りだろ!これ押すだろ!!打たないだろ!!』
見てると思うことって沢山ありますよね♪
ただ卓に入り、トッププロの本気の空気を味わうと、見えるものが見えなくなり、見えないものを見ようとしすぎてしまう。
沢山の味わったことない感情が味わえると思います!そして、それはきっと良い経験、思い出に繋がると思います!!

タイムシフトで、あー。あの空気感はこういうことだったのか。正解はこれか!!と見返せちゃう良い時代でもあります。
会場で交わす会話、あの方の素顔。そこもまた楽しみの1つかと思います。

皆で是非是非一緒に歴史を刻んで、麻雀界を盛り上げていきましょう!!
沢山の闘志をロン2出演プロ一同心よりお待ちしております!!

次回のロンロンカップの優勝は貴方の手に!!!