文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

その他イベント

一覧

ロン2カップ2017springレポート 蒼井 ゆりか

2017/05/01
執筆:蒼井 ゆりか


桜が舞い散る2017年4月8日。
ロン2カップ2017springが夏目坂スタジオで開催されました。

今大会、選手として出場させていただきました、私 蒼井ゆりかがレポートをつとめさせていただきます。

司会・実況は 美声ボイスの片倉まちプロ。
そして、予選A卓解説は前原雄大プロ、白鳥翔プロのお二方です。

VTRでは、初登場のロンロンくん(ロボットさ○○ろー)が大会ルールの説明をしてくれました。

この、ロンロンくんの正体に気づいた会場はざわざわ…

動揺が走ります 笑!

前原プロは「私は面白かったよ…」 と優しいお言葉をいただき、A卓 闘牌の開始です

 

【予選A卓】

起家から

ユーザー代表 静岡葵倶楽部さん

100

 

前回大会予選3位で惜しくも出場できなかったと話す。
今大会で念願の出場権を獲得し、戦いに挑む。

 

南家

ユーザー代表 夢未来さん

100

 

前回大会のロン2カップ2016winter 優勝者で、更に今回も熾烈な予選を勝ち上がり再び出場!連覇を目指す!まさに夢未来

 

西家

私、蒼井ゆりか

100

 

左手からイリュージョンをくりだす女…!!!??
イリュージョン!?
久しぶりのロン2カップにださせていただき「プロの意地をみせたい。」と気合いは十分で挑みます。

 

北家

山脇千文美プロ

100

 

現代によみがえった女牛若丸。TV対局てんぱいクイーン2で優勝し、いま勢いにノリにのっている愛くるしい顔で人気の女流プロの一人。

以上の4名での対局です。

果たして夢未来さん 連覇達成なるか!?

東1局 ドラ二筒 (カンドラ九万 裏ドラ八索九筒) 親 静岡葵倶楽部

親番の静岡葵倶楽部さんはドラを手の中に3枚持っているが、思うようにツモがきかない。
山脇はホンイツに向かいます。中を暗カンして新ドラは九万

ここで私 蒼井が、
八万三索三索三索六索七索二筒四筒四筒四筒七筒七筒東
から一筒三筒と有効牌をひきいれて

イリュージョン (笑)一発ツモ!を魅せました。
裏ドラはのらなかったものの、2000・3900の上がりで好調なスタートをきることができました。

東4局 ドラ発 親 山脇

山脇プロと夢未来さんにドラの発がそれぞれトイツではいる。
手がぶつかりそうな予感…

5順目にして 夢未来さんの手牌が

一万二万五万二索四索四索二筒三筒七筒八筒九筒発発

三索をひきいれて打五万で一歩前進。

一方、親番の山脇も

三万三万三万四万五万七索八索四筒四筒赤五筒六筒発発

一万をひき四筒切りで早くもめいいっぱいのイーシャンテン。

ツモに勢いがあります!
次順六万をひきいれて六索九索を元気よくリーチ

このリーチを受けて静岡葵倶楽部さんも789の三色を目指してかかんに攻め返し、勝負手の入ってる夢未来さんも簡単には引き下がれません。

二万四万五万二索三索四索二筒三筒七筒八筒九筒発発

から四筒を仕掛けて打五万の234の三色のカン三万でテンパイをいれます。

しかしこの三万は山には残っておらず…

この攻防を制したのは山脇プロ。最後のツモで六索を力強くツモり4000オール!

この上がりが決めてとなって山脇プロが1位通過で、決勝卓へ。
そして蒼井が2位で敗者復活戦の準決勝卓へ。
3位は静岡葵倶楽部さん、
4位は夢未来さんとなり、前回優勝者の夢未来さんは苦しくもここで敗退、涙をのむけっかとなってしまいました。

女流プロ1-2フィニッシュです\(^^)/

 

 

【予選B卓】

起家

ユーザー ハクさん

100

 

人柄の良さがコメントからもにじみでているハクさん。「ヒサト棒を出さないように半荘を打ちきりたい」と。魚谷プロ一押し!の様子は映像でご覧ください。笑

 

南家

前田直哉プロ

100

 

大陸間ミサイル打法。前田プロの小指が光る!
鳳凰位・麻雀グランプリMAX・麻雀最強戦と獲得タイトル多数のA1リーガー。
趣味は料理の、雀風は守備型の超高打点手役派でとにかく上がると高いと定評のある打ち手。
「8発くらいミサイルを打ちたい」と迫力のあるコメントをいただきました。

 

西家

勝又健志プロ

100

 

巧みなゲームメイクまわしと鋭い読みの精度から、麻雀IQ220と異名を持つ男。タイトルも多数獲得し現在A1リーグで活躍中の連盟の若きエースでもあり第一線のトッププロの一人。

 

北家

前原雄大プロ

100

 

言わずと知れたガラクタ部総帥。
タイトル獲得数は数知れず…現鳳凰位の偉大すぎる麻雀閻魔様です。私もキットカット欲しいです。

そしてB卓解説には、魚谷侑未プロと仲良し名コンビの白鳥翔プロがつとめます。

東1局 ドラ二万 親 ハクさん

開始早々に前田プロにテンパイが入る。

二万四万五万六万六万七万八万一索二索三索二筒四筒七筒七筒

から順目が早いことから二筒切りとしテンパイ外しとする。

四筒を重ねるも、再度テンパイ外しの打七筒

その間に勝又プロが追いつき

五万五万六万七万八万二索三索一筒三筒三筒四筒五筒六筒

三筒をひきいれ一索四索の先制リーチ!

同順にテンパイをいれたのは2度のテンパイ外しをしていた前田プロが九筒をひき、少考の末…
二万のドラ切りのカン八筒待ちでリーチに踏み切ります。

まわりにまわった 親のハクさんが

七万八万四索赤五索五索六索六索六筒七筒八筒八筒八筒西
に絶好の四索をひきいれて六万九万の親満以上確定の超本手でおいかけます。

前田プロ大ピンチと思いきや、4枚目の前田プロの上がり牌八筒をハクさんが無情にもツカんでしまう。。

点数は2600だったが価値あるあがりで、ここから前田プロのミサイルが打ちまくられることになる。

東2局 前原プロから11600をロンあがり。
1本場8000は8100オールをツモ。
2本場2000は2200オールをツモ。
3本場 ハクさんがチンイツをテンパイするも、前原プロのリーチにまわることを選択し、またも前田プロが追いつき流局。
7万点オーバーの前田プロをとめたのは、この男。

勝又プロがチートイツを前田プロから撃ち取り大連荘はストップしました。

一時は1万点差以内まで前田プロを追い詰めるも逃げ切り、激戦卓を制したのは…

1位通過で前田直哉プロ
2位に勝又健志プロ
3位に前原雄大プロ
4位にハクさんという結果となりました。

 

 

【予選C卓】

なんとも華やかな卓。

起家

魚谷侑未プロ

100

 

先程解説もこなし、実績実力もトップクラスの女流の一人。最速マーメイド、愛称ゆーみんで親しまれている。

 

南家

黒沢咲プロ

100

 

プロクイーンタイトル保持者であり、強気のヴィーナスという異名を持つように、超攻撃的な爆発力のある咲プロ。
今日も華麗に咲誇れるか!

 

西家

和久津晶プロ

100

 

超攻撃型麻雀アマゾネス、女流で雄一のA1リーガーでもあります。「今日は正装で来ました。」と勝ちたい時、和久津プロのシンボルでもあるTシャツを着て気合い十分な様子。

 

北家

二階堂亜樹プロ

100

 

説明はご無用。というくらい人気・実力ともにNo.1の道を歩み続けている卓上の舞姫 亜樹プロ。
亜樹プロの半生を記した、実写版 映画「AKI」が6月に公開予定。是非観てみたい。

麻雀ファンにはたまらない華やかなドリームマッチの闘牌の開始です。

穏やかなたちあがりから始まり、局面が動いたのは東3局。

親の和久津プロのチートイツリーチに一発で黒沢プロが振り込みの9600。

1本場は魚谷プロがピンフ3色を仕上げここに8000は8600の2局連続の放銃となってしまった黒沢プロが持ち点5000点と苦しい状況になってしまいました。

魚谷プロ、和久津プロ の両者のどちらかが1位通過かと思っていたC卓だったが、

亜樹プロが親で怒涛の捲り劇を魅せます!

南4局オーラス 2600オールをツモあがり。
1本場は3人テンパイで流局。
2本場は魚谷プロから6800は7400の出上がり。

3本場に亜樹プロが自ら2000は2300オールの上がりをきめ、いっきにトップまで走り抜けました。

1位通過 二階堂亜樹プロ
2位は和久津晶プロ
3位は魚谷侑未プロ
4位は黒沢咲プロ

ヴィーナスはここで敗退となってしまいました。

 

 

ジャジャーン

敗者復活戦への切符をかけた投票ターーーイム

 

100

 

A・B・C 各卓の3位の3人

静岡葵倶楽部さん
前原雄大プロ
魚谷侑未プロ

ここから、森山会長も解説として登場し、

「皆さん魚谷に投票をよろしくお願いします。」

とこの言葉どおりか、アンケート結果は51.9%で大差の票を獲得した魚谷プロが復活戦へとコマを進めました。

起家から 和久津プロ
南家 魚谷プロ
西家 勝又プロ
北家は私 蒼井の並びでスタート!

女流3人に囲まれた、勝又プロの運命はいかに!?

東1局 まずは勝又プロがリーチツモピンフドラ1の1300・2600をツモあがり好調のスタートをきります。

南2局 ドラ八索
ここまであがりのなかった私ですが、親の魚谷プロとのリーチ合戦に勝ち、

五万六万七万八万八万六索七索八索二筒三筒五筒六筒七筒  ツモ一筒

1300・2600の上がりをものにします。

この上がりで四者が接戦となり、誰がトップをとってもおかしくない状況に。

運命のオーラス。

親番は蒼井。

とにかくあがりにいくしかあとはない状況の中、タンヤオで仕掛けていきテンパイが入るも、勝又プロへの上がり牌をつかみ…

勝又プロが決勝へとコマを進めました。

 

 

【決勝】

起家 山脇千文美プロ
南家 前田直哉プロ
西家 勝又健志プロ
北家 二階堂亜樹プロ

初登場の山脇プロ、ロン2カップでもこの強豪陣をなぎ倒しクイーンとなれるか!?

東1局は全員ノーテンで流局と静かな立ち上がり。

東3局 2本場 ドラ九筒

親番の勝又プロの手牌。

三万四万五万六万七万八万三索四索五索六索八索三筒四筒

から絶好の六索をひきいれて高め三色のリーチ!

三万四万五万六万七万八万三索四索五索六索六索三筒四筒  リーチ  ツモ五筒

この手をきっちり高めをツモり6000は6200オール。
優勝の影をちらつかせます。

山脇プロはマンガンをツモり上がり健闘するも、東場が終わり、勝又プロは5万点オーバーで以前優位にたっていたが、ここから亜樹プロの猛追撃が始まることになります。

まず南1局 亜樹プロがリーチツモピンフドラ3の跳満をあがり大きく点棒を増やします。

決勝では、前田プロの大陸間ミサイル発射をみることができないまま、局面はオーラスへ。

2着目の親番亜樹プロと現在トップ目の勝又プロの得点差は親のマンガン圏内に。

南4局1本場 二人テンパイで流局。
2本場は亜樹プロの一人テンパイ。
3本場は勝又プロから直撃の1500は2400の出上がり。

亜樹プロは連荘を積み重ね、次局 なんでも上がれば優勝が決まるというところまで追い詰めていきました。

4本場。これで勝負がつくことになるでしょう…。

亜樹プロの手がいい!

五万四索四索五索七索八索二筒三筒四筒七筒八筒発発

から1枚目の発をポン。

四索四索五索七索八索二筒三筒四筒七筒八筒

から九筒をチー。

5順目にして早くも六索九索のテンパイを入れます。

勝又プロも仕掛け返しテンパイをいれますが、九索を勝又プロがつかみ…

勝利の女神は 亜樹プロに微笑みました\(^^)/おめでとうございます!

対局が終わり笑みがこぼれる亜樹プロ。

なんとも癒される笑顔です。
亜樹プロ 予選、決勝戦ともに捲り劇を決めて強い
かっこよすぎるー

そして、選手の皆さんも全力を出しきり、素晴らしい対局を魅せてくれてありがとうございました。

ロン2カップはこれからも続いていきます。
「プロと打てる」、「プロと会える」をモットーにロン2は皆さんの側にある存在でいつづけたい。
次回ロン2カップの皆さんの参加を楽しみにお待ちしています。

尚、このロン2カップの模様は、AmebaFresh、ニコニコ生放送等の日本プロ麻雀連盟チャンネル 公式サイトで無料にて視聴可能ですので、是非ご覧になってみてくださいね。

真剣勝負を一緒に楽しみましょー♪

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました(*^-^*)

 

100