文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

その他イベント

一覧

ロン2カップ2019winterレポート 襟川 麻衣子

2019/02/14
執筆:襟川 麻衣子


麻雀ファンの皆さんこんにちは、襟川麻衣子です!
先日、『ロン2カップ2019winter』の様子が放送され、そちらで久々の実況を担当させていただきました。
今回のレポートでは、その時の様子をお伝えできたらと思います。
拙い文章ではありますが、最後まで読んでいただければ幸いです。

《ロン2カップとは?》
日本プロ麻雀連盟公認のインターネット麻雀サイト『ロン2』がプロデュースする麻雀番組です。
ロン2内でこの番組への出場をかけた予選が行われ、見事予選を突破した方は一般ユーザー代表として、日本プロ麻雀連盟の有名プロ雀士に挑戦できる、そんな夢の舞台がこのロン2カップなのです!

《システム》
予選を突破したユーザー代表3名とプロ雀士9名の計12名が、A卓、B卓、C卓の3卓に分かれて戦います。

〇トップ→無条件で決勝戦に進出。
〇2着→決勝進出をかけた敗者復活戦に進出。敗者復活戦でトップを取ると決勝卓に進むことができます。
〇3着→A卓、B卓、C卓、それぞれの卓で3着だった3人でFRESH LIVE、ニコニコ生放送での視聴者投票を行い、最も得票数の多かった方が敗者復活戦に進むことができます。
〇4着→予選敗退。
そしてトップ通過した3人と、敗者復活戦から這い上がった1名で決勝戦を行います。

《ルール》
今回のロン2カップ2019winterは、4人で打つ3人麻雀で行われました。
〇一発、裏ドラ、槓ドラあり、赤各1枚
〇70分+1局の時間制
〇基本的にはその局の北家の人が抜け番になります。

さてさて、番組がスタートし、久々の実況で私もドキドキ…
メイン解説はゴジラこと前原雄大プロ。
更に1回戦目のプレイヤーズ解説は、森山茂和会長ということで、いきなりの解説陣に動揺する襟川。
そんな私を見て、小粋なトーク&ジョークで緊張をほぐして下さるお二人なのでした。
恒例の大庭三四郎プロ作の映像によるシステム説明は、今回もグレードアップ!

さぁ、ここから対局スタートです!!!

 

【予選A卓】

 

100

 

猿川真寿
リアルでの三人麻雀は久々という猿川プロ。
モンキーマジックを巻き起こすのか!?

森下剛任
今回は眼鏡をかけてシャキッと登場。
三人麻雀の盛んな三重県出身ということで、期待が高まります!

ガース
「僕に三麻がピッタリだと思います!」と力強いコメント。
リアルでの三人麻雀の経験は無いものの、我が道をゆく麻雀で勝利を掴み取るのか!?

山田浩之
学生時代は、三人麻雀とテニスばかりやっていたという山田プロ。
得意の三人麻雀、どんな鋭い一打が飛び出すのか!

東2局
親番の森下からの先制リーチ。

九万九万四索赤五索六索二筒二筒三筒四筒五筒七筒八筒九筒  ドラ三索

猿川も負けじと仕掛けるが、ここでガースからの追っかけリーチ。

二索三索三索四索四索五索六索七索二筒三筒四筒西西  リーチ  一発ツモ二索  ドラ三索  裏八索

ここはガースに軍配があがり、6,000オールのアガリ。

東4局 1本場
この局、最初にテンパイをいれたのは山田。

一索二索三索三索三索五索五索五索六索六索九索九索九索  ドラ中

メンチンテンパイである。
しかしそのあとすぐに親の猿川が東をポン。

二索二索七索八索七筒八筒九筒白白白  ポン東東東

この形でテンパイ。
ここから数巡で山田の手配は変化し、

二索二索三索三索三索五索五索五索六索六索  暗カン牌の背九索 上向き九索 上向き牌の背

メンチンツモリ四暗刻の恐ろしい形に成長していた。そこへ追いついたガースからもリーチの声。バチバチと火花が散る。
ここで山田が更に三索を暗カン、新ドラは…五索
これにより、山田の手が出アガリでも数え役満という超大物手に変化。

しかし、ガースの掴んだ六索は山田、猿川両者のあたり牌となり、頭ハネで猿川のアガリ。
数え役満の頭ハネ、これは悔しい。。

南3局
親番のガース、8巡目に先制リーチ。

一筒一筒赤五筒六筒七筒東東東南南  暗カン牌の背五索 上向き赤五索 上向き牌の背  リーチ  ツモ一筒  ドラ中西  裏五筒七筒

これをツモアガリ、強烈な12,000オール。
これが決め手となり、予選A卓はガースの勝ち上がりとなった。

勝ち上がり ガース

 

 

【予選B卓】

 

100

 

宮内こずえ
ロン2カップの三人麻雀でも過去に優勝経験ある宮内。
三麻クイーンの実力を見せつけるのか!

高宮まり
淑女なベルセルクは今日も美しい。
いつものバーサーカー(狂戦士)モードに突入するのか!?

和泉由希子
手塚プロが病欠のためピンチヒッターで来て下さった和泉プロ。
代打は強い、の法則を信じて苦手な三麻挑みます。

アービィさん(一般ユーザー代表)
ロン2カップ初参加のアービィさん。
美女に囲まれて緊張のご様子ですが、どんな麻雀をみせてくれるのでしょうか!

東場はあまり動きがないまま迎えた南1局、高宮の親番。
7巡目アービィさんにテンパイが入る。

二索三索四索六索七索八索二筒二筒二筒四筒四筒七筒七筒  ドラ一万

これをヤミテン。
そのすぐあとにアービィさんからツモ切られた白を仕掛けた親の高宮。

六筒六筒七筒八筒  ポン白白白  ポン東東東  ポン南南南

満貫のテンパイで追いついたものの、四筒を掴みアービィさんへ放銃。
ここで弾みをつけたアービィさんんは、自身の親番を連荘し一気にトップまで躍り出る。

しかし、女戦士たちの戦いはここからであった。
局は進み、返り東となった東3局。先制リーチをいれたのは和泉。

一筒一筒一筒二筒三筒四筒六筒六筒六筒七筒八筒南南  ドラ白

このメンホンリーチ。
しかし、親の宮内もドラの白暗刻のホンイツで追いつき、ほどなくツモアガリ。

三筒三筒四筒五筒七筒八筒九筒白白白  ポン西西西

9,000オールをアガリ、三麻クイーンの底力を見せつける。

乱打戦の続くB卓であったが、最終局。

一万一万一索二索三索四索赤五索三筒四筒五筒赤五筒六筒七筒  ツモ六索  ドラ二筒

和泉がこれを静かにツモアガリ2,600オール。
やはりピンチヒッターは強かった…いや、和泉は強かった!

勝ち上がり 和泉由希子

 

 

【予選C卓】

 

100

 

森山茂和
連盟内で三麻得意な人ランキングトップ3に入るだろうと豪語する森山。
大好きな三人麻雀で予選突破を目指す!

灘麻太郎
三人麻雀先駆けの時代を生き抜いてきた灘。
「弱みを見せても勝ち上がれる、そのくらい得意な分野」ということで、どんな戦いが見られるのか。

ふもにぎさん(一般ユーザー代表)
ロン2カップ2015Autumnでは決勝まで進出!
普段は打たない三人麻雀、三麻が得意な2人のプロにどこまで食いつけるか。

風の谷のユパさん(一般ユーザー代表)
ロン2カップ2018summerでは、準決勝で森山の猛攻に敗れたユパさん。
今回はリベンジなるか!?

東1局
緊張の面持ちの一般ユーザー代表お2人だが、

四索五索六索四筒四筒四筒六筒七筒七筒八筒九筒白白  ドラ九索

この手をツモアガった風の谷のユパさんの500オールでこの半荘がスタート。

南1局2本場
子の時は冷静にヤミテンやオリを選択していたふもにぎさんが、親番で怒涛の攻めを見せ連荘。
この切り替えには解説の前原も唸り声をあげる。
この局最初にテンパイを入れたのは森山。

四索四索四索五索赤五索五索四筒六筒東東東南南  ドラ五筒

このヤミテン。
ツモも少なくなってきた所で、親のふもにぎさんも仕掛ける。

一索一索六索七索八索赤五筒五筒  ポン白白白  ポン八索 上向き八索 上向き八索 上向き  ドラ五筒

ドラ3の満貫テンパイである。
残り1巡、ここで間七筒に受け変えていた森山の手に更に八筒が重なり、最終形は南八筒のシャンポンに。
そしてハイテイでふもにぎさんが掴んだのは…南
親番では怒涛の攻めの姿勢を貫いてきたふもにぎさん、しかし悩んだ末ここでオリを選択。この我慢強さ、冷静さに、解説席は拍手喝采であった。

時間の都合で残り3局。
5万点を越えているのはふもにぎさんと森山の2人。このまま2人の闘いとなるのかと思った矢先、カミソリ灘の鋭い刃が光る。
2局連続でアガリを決めると、最終局の親番は灘。
返り東で東3局。灘は2巡目に早くもダブ東メンホンのペン間三筒テンパイ。更に同順に九筒をポンして形を良くすると、

一筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒東東東  ポン九筒 上向き九筒 上向き九筒 上向き  ドラ二索

ここでトップ目の森山から四筒を出アガリ、逆転でトップに上り詰めた。

勝ち上がり 灘麻太郎

そしてここで気になる視聴者投票。
予選A、B、C卓の3着の中から、不死鳥のごとく敗者復活戦に駒を進めたのは…森山茂和!

 

 

【敗者復活戦】

 

100

 

起家から森山茂和、宮内こずえ、ふもにぎさん、猿川真寿の並びで対局がスタート。

東1局、2局とアガリを重ね波に乗ったふもにぎさんは、親番で更に加点を続けていく。
東3局2本場 7巡目

三索四索五索赤五索六索一筒一筒二筒三筒四筒六筒七筒八筒  ドラ五索

この手を冷静にヤミテンに構え、見事森山から四索を討ち取ると、東3局3本場が終わる頃には、6局連続のアガリで持ち点が8万点になっていた。
凄まじいスタートダッシュである。

しかしここで黙っていないのが、三麻クイーン宮内。
南1局 素早い仕掛けでいち早くテンパイを入れると、

二索二索五索六索三筒四筒赤五筒  ポン南南南  加カン発発発発  ツモ四索  ドラ五索北

この手をツモアガリ4,000オールを決め、そのまま迎えた親番。
6,000オール、3,200オール、7,000と宮内の力強いアガリが連発!こうなったクイーンは誰にも止められない!!

後半もこの勢いは止まらず、持ち点10万点を越えた宮内が圧倒的勝利で決勝へ駒を進めることとなった。

 

 

【決勝戦】

 

100

 

とうとう迎えた決勝戦!
起家から灘麻太郎、ガース、宮内こずえ、和泉由希子の並びで対局がスタート。
東1局 開幕からいきなりの大物手が炸裂することになる。
15巡目宮内からの先制リーチ。

四索四索五索五索六索六索一筒一筒五筒六筒六筒七筒八筒  ドラ五筒

息つく間も無いまま、一発で四筒をツモアガリ、裏ドラはなんと四索!8,000オールからスタートとなった決勝戦。波乱の幕開けである。
東2局にはガースも9,000オールをアガリ、三人麻雀らしい乱打戦が繰り広げられる。

南1局 親番の灘から先制リーチ。

三索四索五索赤五索五索二筒二筒赤五筒六筒七筒七筒八筒九筒  リーチ  ドラ八筒

このリーチに食らいついたのは宮内。

三索四索四索五索一筒二筒三筒四筒東東  ポン発発発  ドラ八筒

発を仕掛け、数巡後にテンパイを入れる。親のリーチに屈せず、連荘を阻止するため向かっていく凛々しい宮内の姿を固唾を呑んで見守る。
しかし、ここは灘が二索をツモアガリ、裏ドラが1枚のって9,000オール。
いつの間にか平たくなりつつある点差、数分後にはどうなっているのか。

そしてここで黙っていないのが本日のピンチヒッター、アイスドール和泉由希子である。
南4局、時間的に和泉最後の親番。ラス目だった和泉はこの親番を連荘し、最終局へ望みを繋ぐ。

最終局 南4局5本場
6巡目 灘から打ち出された西を仕掛けるガース。

二索二索二索赤五索五索六索七索七索九索北  ポン西西西  ドラ一万

ここで1シャンテン。西ホンイツ赤の満貫をアガればガースの優勝である。
この時の灘の手牌は、

六索七索八索三筒四筒赤五筒五筒六筒南南北北発  ドラ一万

こちらも1シャンテン。どちらが先にテンパイしてもおかしくない。だが、先にテンパイを入れたのはガース。
和泉も1シャンテンまでにじり寄るが、ここでガースの当たり牌である三索を掴むと、それを力強く打ち出していった。
勝利の女神はガースに微笑んだ。

ロン2カップ2019winter、優勝はガースプロ!いつも、チャーミングで優しいガースプロ。
優勝カップを受け取った時のとても素敵で眩しいビッグスマイルに胸が熱くなりました。
おめでとうございます!

 

100

 

そして、こんなに白熱した戦いを実況という立場で間近で観るチャンスをいただき、とても貴重な経験をさせていただきました。
次回はロン2カップ2019spring
次はどんな熱い戦いが待っているのか、どんなユーザーさんに出会えるのか、とても楽しみです!
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。