文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

その他イベント

一覧

ロン2カップ2019summerレポート 石田 亜沙己

2019/08/30
執筆:石田 亜沙己


100

 

2019年08月10日
暑さ本番、夏空がまぶしく感じられるこの季節がやってきました!
ロン2カップ2019summer!!
今回のレポートを務めさせていただく石田亜沙己です。よろしくお願いします。

春夏秋冬、季節ごとに行われるロン2カップ。
ロン2カップとはインターネット麻雀サイト「ロン2」がプロデュースする麻雀対局番組で、ロン2内で行われる予選大会を勝ち抜くと一般ユーザーも大会に参加することができます。
「プロと打てる!プロと会える!」
つまりロン2カップとはロン2ユーザー参加型麻雀番組で、厳しい予選を勝ち抜いたユーザーと、プロ雀士が真剣勝負を繰り広げる大会なのです。

【大会のシステム】
ユーザー代表3名とプロ雀士9名の計12名での大会となります。
A卓、B卓、C卓の3卓に分かれ、戦います。それぞれの卓のトップ者は無条件で決勝戦に進出。2着の方は決勝進出をかけた敗者復活戦に進出になります。
敗者復活戦でトップを取ると決勝卓に進むことができます。
この敗者復活戦のもう1枠は、各卓の3着の方の中から、視聴者投票を行い決定します。最も得票数の多かった方が敗者復活戦に進むことができます。
予選で4着になってしまった場合は敗退となってしまいますが、2、3着であれば決勝戦進出の可能性があります。

【今大会のルール】
4人麻雀。ロン2リーチバトルのルールで赤牌が3枚入っています。
時間打ち切りや、飛び終了はありません。

それでは対局の模様をお伝えしてまいりましょう!

 

 

予選A卓
起家から、山脇千文美、石田亜沙己、手塚紗掬、MR.C.B.さん

 

100

 

予選A卓は女流プロ3名とユーザー1名の対局。
開始前のインタビューも笑いが絶えないぐらいの賑やかさ!
MR.C.B.さんもリラックスした様子で対局がスタートしました。

東1局1本場 ドラ八万
6巡目にMR.C.B.さんがリーチ。

二万三万四万五万六万七万九索九索二筒三筒四筒東東  リーチ

そして次巡石田もリーチ。

二万三万四万九万九万一索二索三索五索赤五索赤五筒六筒七筒  リーチ

そしてテンパイした親の山脇から九万が打たれ、石田の8,000は8,300のアガリでスタートとなった。
その後MR.C.B.さんの満貫ツモ、山脇の満貫ツモと対局は荒々しい展開に。
そして南3局手塚の押し返しに合うも石田の逃げ切りとなった。

予選A卓結果
1着石田、2着MR.C.B.さん、3着山脇、4着手塚

 

 

予選B卓
起家からSpitzさん、沢崎、ともたけ、黄龍王しげさん

 

100

 

この卓はプロ2名とユーザーさん2名の戦い。

東1局 ドラ南
10巡目に黄龍王しげさんがリーチ。

五万六万七万九万九万九万三索四索五索二筒三筒発発  リーチ

12巡目に親のSpitzさんが追っかけリーチ。

三万三万三万五万五万二索三索一筒二筒三筒七筒八筒九筒  リーチ

さらには沢崎が3件目のリーチ。

一万一万三索四索六索七索八索赤五筒六筒七筒南南南

結果は一発で黄龍王しげさんが二索を掴み、沢崎へ12,000の放銃となった。
この予選B卓も開始早々激しいぶつかり合いだ。

東3局 ドラ二万
ここでも大物手がぶつかる。
3巡目にSpitzさんが三色確定のリーチ。

二万三万四万二索三索四索二筒三筒四筒五筒赤五筒八筒九筒  リーチ

そこへ追い付いたのが黄龍王しげさんが9巡目に追っかけリーチ。

二万三万四万六万七万八万赤五索六索七索東東白白

一発で、白をツモリ 3,000・6,000で前局の失点を取り戻した。
そしてこの次局、親番で猛連荘。6本場まで積み決勝卓へ。

予選B卓結果
1着黄龍王しげさん、2着沢崎、3着ともたけ、4着Spitz

 

 

予選C卓 起家から灘、伊藤、森山、荒

 

100

 

いわゆるレジェンド卓。
伊藤の言葉をかりるのなら、クラシックカー4車の戦いだ。
解説の現鳳凰位吉田と現十段位内川もこの卓で打ちたいというくらいの、魅力的なメンバーだ。
東場は4者譲らず接戦に。

均衡を破ったのは伊藤。
南2局。親の伊藤が南をポンし、役牌ドラドラのテンパイ。
森山が三色確定のリーチを打つも、伊藤が荒から5,800のアガリ。

南4局 ドラ西
親番は荒、各者の持ち点は
伊藤40,600、森山28,500、荒、25,800、灘25,100

2局続けて、荒、灘の2人テンパイで差を詰める。
2本場、森山が4巡目にリーチ。

四万五万六万七万八万九万一索一索七索八索九索八筒九筒

ツモれば逆転トップ。
しかし、10巡目に荒が追っかけリーチで森山から打ち取り、伊藤に迫る。

3本場は、灘のリーチを受けるが伊藤が押し切りトップを死守。

予選C卓結果
1着伊藤、2着荒、3着灘、4着森山

そして視聴者投票の結果、準決勝にコマを進めたのは山脇。

 

 

準決勝、起家から山脇、MR.C.B.さん、荒、沢崎

 

100

 

東1局
親の山脇がリーチで先手をとるが、MR.C.B.さんも仕掛けで応戦。
さらに沢崎が追っかけリーチでテンパイが入った荒から2,600点だが大きいアガリとなった。

開局から激しい幕開けとなった。
その後も叩き合いが続きトップが入れ替わる展開に。
接戦を抜け出したのは荒。

南3局 ドラ九筒
リーチと踏み込む。

三万四万五万六万六万六万七索八索九索六筒六筒八筒九筒  リーチ

一発でツモリ4,000オールで決勝進出を決めた。

 

 

そしていよいよ決勝戦。

対局者は石田、伊藤、黄龍王しげさん、荒の4名。

 

100

 

接戦で迎えた東4局。
ここから伊藤がエンジン全開。

二万二万七万八万五索赤五索六索六索七索七索三筒四筒五筒  ロン六万  ドラ五索

この12,000をアガると次局も

六万七万八万二索三索六索七索八索四筒四筒六筒七筒八筒  ツモ四索  ドラ三索

連続跳満のアガリでリードを広げる。

ここで待ったをかけたのは黄龍王しげさん。
南3局にタンヤオ、ハイテイ、トイトイ、三暗刻の3,000・6,000をツモリ
伊藤との差は8,000点弱に。

しかし、オーラスは伊藤のツモアガリ。

ロン2カップ2019sumeer優勝は伊藤優孝。
最後のインタビューでは「バカづきでした」とお茶目なコメントも。

 

100

 

私もとても貴重な体験をさせていただいてとても勉強になりました。
また機会があれば今度は優勝するぞ!!

伊藤プロ、おめでとうございました!!

 

100

 

次回もプロ雀士とロン2ユーザーが、この夏目坂スタジオで熱きバトルを繰り広げると思うと、今からとても楽しみです。